神職単語

シンショク

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

神職(しんしょく)とは、神主(かんぬし、古くはかむぬし)のことである。

概要

神社において祭儀や社務をする人のこと。一般的には神社で働く人すべてをさすが、1887年(明治20年)以降、法的には神主のことをし、巫女など他の職員は含まれない。官とは神職を務める公務員(官吏)の事で、戦後止された。

本来、神主は祭などの意味があり、文字通り祭を行う際の神職で一番偉い人のこと(つまりは神社で一番偉い人)をしていたが、現在では同義である。現在はその神社で一番偉い神主は宮という。

巫女になるには資格も何も必要ないが、神主になるためには資格が必要である。神職の資格大学や養成所、緊急時は通信教育でも取得できる。かつては男性のみであったが、戦後女性でも神主になれるようになった。かがみんもそう言ってたよ。

神道布教的性格はほとんどないため、他の宗教宗教者と異なり、布教は行わない。

著名な神主の一覧(あくまで冗談です。)

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

神職に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/20(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/20(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP