今注目のニュース
「なろう系」の草分け「無職転生」TVアニメ化決定 新設のスタジオが制作担当
職場を壊す「昭和おじさん」4タイプの扱い方
台風、地震と相次いで発生する災害……でも4人に1人は避難場所を把握していないという現状

秋津洲単語

アキツシマ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

秋津洲秋津島・蜻蜒(あきつしま、あきづしま)とは、

  1. 本州の古称。
  2. 日本の古い異称の1つ。
  3. 室秋津島宮 - 第6代孝安天皇皇居。 

概要

1について

産み神話において耶那岐(イザナギ)・耶那美(イザナミ)の二柱のが生み出した々の1つ。『日本書紀』では日本豊秋津洲(おおやまととよあきつしま)、『古事記』では大倭豊秋津島読みは同じ)と記されている。

2について

トンボ古代の名称で、日本書紀において、初代天皇である神武天皇登山し、土を見た際に「トンボ交尾しているような形だな。」と言ったことに由来する。

3について

第6代・孝安天皇が坐したと伝えられる宮殿。『日本書紀』では室秋津島宮(むろのあきつしまのみや)、『古事記』には葛城室之秋津島宮(かつらぎ -)と記されている。
所在地は現在奈良県御所室(むろ)の周辺とされる。ここには1954年昭和29年)まで村が置かれていた。

歴史学的には孝安天皇実在は認められていないものの、ここが古代大和の氏族連合を構成する有族・葛城氏の拠点であったのは確かなようで、室大墓古墳遺跡など数多くの史跡が残っている。(神話を抜きに考えると)本来の古代「秋津島(秋津洲)」とはこの地のことであり、前述の1,2を含めた由来と見られている。


これら、特に日本の総称である2に由来するものとして以下の言葉がある。

船舶

その他実在の物

架空の人物・物

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP