今注目のニュース
「ふわふわで感動」 ローソン話題の「厚焼きパンケーキ」、クオリティも売上も予想以上!
橋本環奈(20)イケない姿が盗撮され拡散される事態に
マイクラの「草ブロック」を再現した猛者現る リアルすぎる仕上がりに絶賛「並べたくなる」

秋雲(艦これ)単語

アキグモ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(138)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

そんなに遊んで欲しいなら、提督の絵描いてあげよっかー?

秋雲(あきぐも)とは、大日本帝国海軍所属の夕雲型駆逐艦2番艦陽炎型駆逐艦19番艦「秋雲」をモデルとした、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~』に登場する艦娘(かんむす)である。

担当声優竹達彩奈。担当イラストレーター藤川

秋雲着任~概要よろしくねぇー

陽炎型姉妹の末のにあたる「秋雲」は、2013年9月13日メンテナンス後、南方域の解放(ただし当時は2面まで)と同時に、「夕雲」と共に新たに実装された。

実装から長らく建造不可だったが、2015年9月25日アップデートで建造可になった。史実で関わりのある翔鶴改二実装に合わせたものと思われる。
ドロップ南方域(いわゆる5面)と3-5ボスのみだが、南方域ではマスでもドロップするため、ボスドロップのみである「夕雲」に較べれば、やや出易いとされている。

装は陽炎型達といずれとも違い、夕雲型の「夕雲」と同じ臙脂色ジャンパースカートネクタイリボンという姿だが、これは史実でも長い間夕雲型として扱われていたところからと思われる。図鑑でも他の陽炎型とは離れて夕雲型の上3人と並んでいる。

絵が両手を挙げたポーズなところから、「コロンビア2号」と呼ばれる事も多い。(「コロンビア1号」は鬼怒
また、一際立つドヤ顔なところから、遊び心のある提督達からは格好のコラ材料として扱われており、後発な割に知名度は高い。
その表情のインパクトゆえにあまり話題にならないが、実はポニーイルにした状態でまで届く程のロングヘアの持ち(中破してぼろぼろになってても髪型は変わらないので、ウィッグとかではないと思われ)。

ご飯食べてから原稿するかなぁー」とか「もうすぐ割入稿日じゃない!」とか「これがイケてるサークルなのよ」とか言うところから、薄い本描きではないかとも言われている。あと「治ったら倍返ししてやる」とか「ウキウキウォッチングしたくなるぅ」とか、やたらとメタネタが多い。総じてやたらとノリが軽い愉快な艦娘である。
余談だが、図鑑の自己紹介では、説明文にないことまでしゃべっているので、一度聞いてみて頂きたい。

とはいえ、そんな秋雲さんでも戦闘時には「戦艦クラス、食いたいなぁ~」といたり、MVPを取ると「戦艦にも重巡にも出来ない事出来ちゃうのよ~」と(多分ドヤ顔で)言い放つなど、駆逐艦であることに誇りを持っている一面が見られる。

あと、中破絵はあからさまなパンモロである。パンモロである。大事なことなので二度言いました
ここまであからさまなもそうそういないほどお尻モロ出しになってしまう(&さらにパンストもびりびりに破ける)ので、秘書艦にしている提督は背後に注意されたし。柄の水色ぱんつがまぶしい。あと、何気に駆逐艦としては立な上部装甲をお持ちのご様子であるが、もっと圧倒的な陽炎型達や同等以上の夕雲型妹達がいるためか、秋雲の場合はそちらではあまり話題にはならない模様。

そりゃこの秋雲だって二次創作くらいするさ~

何かと同人活動を思わせる発言が多いため、二次創作では同人誌を描いているネタが定番である。「同人作家のオータムクラウド先生」(オータム= クラウド。略してオークラ先生とも)は、もはやパパラッチ報道記者青葉並に界では定着しており、同人誌を描いてない秋雲の方が希少というレベルに達している・・・というか2017年12月11日アップデートで以前の10月アップデート実装されたシックな「の私mode」から明らかにヤバい表情の「修羅場mode」に変更されるなど公式認のネタにされている。

・・・確かに実装日の12月も半ばの時期ではコミックマーケット向けの入稿も締め切り直前(というか数や部数によってはアウト)である。追い詰められているのも解る
(ちなみに下記の関連動画でそんな状態の秋雲ケッコンカッコカリした剛の者が居る。あまりのインパクト爆笑必至である)更にコミックマーケット開催前々日の12月27日(17年の最終アップデート)では更に追い詰められた「修羅場mode」も実装・・・秋雲先生明日はどっちだ!?・・・と思ったら、翌年1月1日オンメンテで安堵の表情を浮かべる秋雲の姿が提督たちの前で披露されホッとした提督(二次創作者)も多かったと思われる(中破すると肩掛けの袋から戦利品らしき薄い本が・・・あ、夕雲姉さんこっちです)

現在では上記の同人作家以外のネタとして長らく同僚である第十駆逐隊仲間で欠員だった「風雲」が加わり、風雲時報や季節限定セリフを含めて史実での関係とデザインに共通項があるためか「風雲」との絡みも徐々にクローズアップされつつある・・・そんな流れからか、2018年末も相変わらず修羅場mode秋雲先生作に「風雲」と思わしきイラストタブレットに描かれていたが・・・12月21日には「修羅場mode」に突入。前年以上に追い詰められた表情であり(憔悴しており明らかにヤバイ表情)中破するとタブレットに非情なるエラーメッセージが・・・(汗)しかし、2019年1月1日オンメンテでめでたく「麦酒mode」が実装。何とか脱稿出来た様子。

ちなみに「麦酒mode」は以前の三越コラボ艦これ限定ビールとして登場した際のイラストが元。何故か中破するとキラ付けみたくくのはどういう事であろうか・・・同時期にの限定作戦邀撃!ブイン防衛作戦」が展開されており、折の執筆時間を思い切り削られて色んな意味で振り切れたゆえかもしれない。

うん、そう。史実は大切だよねぇ

駆逐艦秋雲〉は、1939年軍軍備充実計画にて建造が決定。一等駆逐艦115号の仮称を付けて、1940年7月2日浦賀船渠で起工。1941年3月25日駆逐艦秋雲と命名され、4月11日に進。1941年9月27日工。すぐに第一機動部隊に編入され、真珠湾攻撃に出撃[1]。帰還後は夕雲型駆逐艦の〈夕雲〉〈巻雲〉〈風雲〉)と共に第一〇駆逐隊を編成し、機動部隊と共に太平洋を駆け回る。

1942年1月8日、柱を出港し赤城の護衛としてビスマルク攻略作戦に参加。20日はラバウル襲を支援し、23日はラバウルカビエンへの揚陸を支援2月1日空母エンタープライズ」からなる機動部隊がマーシャル襲。赤城とともに迎撃に向かったが作戦中止に伴い反転。その後、赤城と分離し、瑞鶴の護衛に付く。本土へ帰還し、館山に艦攻や艦爆を輸送。24日、東京湾を出港した秋雲スターリング湾へ到着しセイロン作戦に参加。
5月27日、ミッドウェー作戦参加のため赤城とともに柱を出撃。しかしミッドウェー海戦は知ってのとおり惨敗。秋雲は残存艦艇とともに北方へ退避し、アリューシャン方面に展開していた第二艦隊と合流。7月14日、第10戦隊は第3艦隊へ編入。

ミッドウェー海戦後は南方戦域に転戦。ソロモンの戦いや、輸送に従事した。

8月14日ソロモン方面へ進出するためを出撃。翔鶴とともにトラックへ向かうも、途上で入港を取りやめ、第二次ソロモン戦に参加。
9月25日、第10戦隊ガダルカナルで行動。27日にトラックへ帰投した。

この時期の活動のうち、特筆すべき戦果として、南太平洋戦における空母CV-8〈ホーネット〉撃沈がある。
空母翔鶴〉〈瑞鶴〉、さらに〈隼鷹〉の艦載機の攻撃により大破炎上していた〈ホーネット〉をあわよくば拿捕しようと、連合艦隊部は〈秋雲〉と〈巻雲〉を分離・前進させる。 一方の米軍は、〈ホーネット〉の復旧は不可能と判断し、処分を決定。駆逐艦2隻(〈マスティン〉と〈アンダーソン〉)が魚雷9本と400発を撃ちこむも沈まず、2隻は日本艦の接近を受けて離脱していった。
入れ替わりにやってきた〈秋雲〉と〈巻雲〉だったが、大炎上中のうえに既に浸して右に傾いていた〈ホーネット〉を見て、とても航できるものではないと、撃沈を決める(もし航に成功した場合は多摩に浮かべて見世物にする予定だったらしい)。
最初は撃で沈めようとしたが、24発の弾を撃ち込んでも沈まなかった。そこで2隻は方法を変更。魚雷4本を発射し、3本が命中。〈ホーネット〉は傾斜を強め、ようやく沈没していった。
この時、〈秋雲〉艦長の相馬少佐は沈没の様子を写真撮影するよう命じるも、航長に「ですから写真理」と言われ、それではと絵の達者な信号員にスケッチをさせた。
と言っても、の話である。「暗くて細かいところがよく見えない」と信号員が訴えると、艦長は「どうだ、これで明るくなったろう」と言わんばかりに、探照灯を5、6回に渡り点させた。
しかし、 探照灯の使用は自分の位置をす危険行為 であり[2]、乗員たちが驚いたのは論、僚艦の〈巻雲〉も「何事か!?」と驚きの発信号を送っている。しかし艦長は意に介さず、照射を続けた。
艦長の大胆な手助けもあり、ホーネットスケッチ完成した。同艦はドゥーリットル東京襲に用いられた空母であることが知られていたため、討が出来たと喜ぶものもいたという。
言うまでもなく、〈秋雲〉の絵描き設定や夜戦時のセリフは暗くて絵が描きにくいよねー。探照灯で照らしちゃうぜぇ~」や午後8時時報セリフの部突入!サーチライトなら論、照らしちゃいます!」、さらに〈巻雲〉の「はわわわわ…こんな時に探照灯つけるなんて!秋雲のばかぁ!」はこのエピソードが元である。
作戦終了後、秋雲トラックへ帰投した。

さて、翌年の19432月1日には、ガダルカナル撤退作戦に3回参加。予想以上の兵員を連れ帰った。
3月6日からはハンサ行きの輸送船団を護衛。14日、ハンサ襲で放棄された貨物船山丸を撃沈処分。
コロンバンガラへの輸送作戦も3回従事した。
5月23日、戦死した山本長官の遺を〈武蔵〉と共に日本へ送り届けた[3]
この後電探を装備し、6月10日横須賀出港。北方へ転戦し、筵寄港。7月29日阿武隈に率いられてキスカ撤退作戦に参加。兵員一人欠けることなく連れ帰り、戦死者も出さなかった奇跡作戦の立会人となった。
8月17日北方より戻ると再び機動部隊に編入され、翔鶴を護衛して南方に進出。10月26日には第二次ベララベラ戦に参加。本戦で〈夕雲〉を失うも、敵駆逐艦3隻を大破させ、さらに本来の的「ベララベラからの撤退」には成功している。
この後11月23日、ボナペへ向かう東亜丸を護衛するも、二日後に潜〈シーレイヴン〉の撃を受けて撃沈されてしまった。作戦後の12月17日横須賀に帰投。20日には一号作戦によりあの戦艦大和〉を護衛して横須賀出港。トラックへ向かう中で大和撃され損傷するも事にトラックへ送り届ける。〈秋雲〉はそのままとんぼ返りし、横須賀へ戻った。

整備を終えた翌1944年2月6日には翔鶴瑞鶴を護衛して東南アジア方面へ進出。横須賀シンガポールダバオ、リンガを往復し輸送に従事。

4月11日、バリクパパンからダバオへ向けて航空用燃料を輸送する船団を護衛していた〈秋雲〉。しかしミンダナサンボアンにて潜水艦レッドフィン〉の撃を受け、わずか3分で沈没した。まさしく沈であった。また潜水艦か!入戸野艦長以下137名が死亡した。6月10日除籍。
他の陽炎型の例に漏れず、太平洋を縦横尽に駆け巡った3年間であった。

制服ー?夕雲型かー、陽炎型かー…まぁいっかー!

戦後になってから、艦艇研究の第一人者たる福井夫氏が〈秋雲〉を夕雲型駆逐艦に分類しており、概ねそれで通っていた。
これに対して、元自衛官の艦艇研究である田村夫氏が、「夕雲型の中で〈秋雲〉だけが何故、二番を外して機追加、なんて装をしたんだろう?」と疑問に思った[4]のを発端として、調研究した結果を「世界の艦船」1994年4月号で発表した。

その内容は「発見! 実は〈秋雲〉は陽炎型駆逐艦だった!!」

    /|
ヘ /|/ |   N /i/´ ゙ ̄ ̄``ヾ)_      ∧  /
 陽   .| ,  Nヾ ゙        ゙ヽ   |\/ ∨l/
 炎  レ' 7N゙、            ゙i _|`
     /N゙ゞ            .! ヽ   
 だ    7ゞミミ、  ノ,彡イハヾ、  i Z   
  っ   Zー-r-==、'リノ_ノ_,.ヾミ,.ィ,ニi ヽ  
 た   /  {i `゙';l={゙´石ゞ}='´゙'r_/ 〈    は
 ん   |:   `iー'/ ヾ、__,.ノ  /i´  /   
 だ   i、    !  ゙ニ-=、  u / ,ト, ∠_
 よ   |`    ヽ、i'、_丿 /// ヽ /_
!!   |  _,.ィヘヽ二 ィ'_/ /  ゙i\|/Wlヘ
      |' ̄/ i ヽ_./´   ./    .| `\   ∨\
wヘ  /\|/  /ィ´ ゙̄i   /   ir=、  l'i"ヽ、
  ∨ ∠__,,..-イ i   /\_,イ,=-、 i 、,.ゞ、 | ゙'"ヽ \
!     .i-'´  ,i | ./`゙'i'   /i_.!._,..ヽ<!  ゙i、゙i.  =゙!  \
!    |   .,i゙::|/  .|  ,/::/-i   ゙i ゙i 三゙i ゙i   | /⌒
i/   .|   ,i゙:::i'    | ,/ ::/= .|三. ゙i/.|   .| .|  .ij:.
.l〉   |   ,i゙ :::|   .!' ::::i゙'i  ト.  ゙i | _,.. V =,!
 !   |  ,i゙ ::::|   / ::::::| l= ヾ!.._ ヽ」 "´;i  :.:i ./
. |   .|  .,i ::::::|  ,/::::::::::|  ヾ:.:. ヾ::" ゙     //
│   |  ,i::::::::| ,/ .::::::::: |   ゙i.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,ィ'"´
.|     |  i::::::::,イ::::::::::::::::|   /ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::,ノi|Y

根拠としては、

が挙げられ、この研究結果は「ちょっと不確定なところはあるけど、概ね正しいっぽい?」と受け取られ、現在は「秋雲〉は陽炎型19番艦である、というのが定説となっている。
ちなみに、当時の乗組員達の意識としては夕雲型2番艦秋雲だったらしく、戦後出された回想録にそのように書かれている(図鑑で秋雲が「自分では夕雲型だとおもってたんだけどなぁ」といているのはこれを元にしていると思われる)

なお、なぜそんなことになったのかは諸説あり、

  • 計画115番艦(後の〈秋雲〉)から建造を新駆逐艦に切り替える予定だったが、資材の調達等が間に合わず、計画116番艦(後の〈夕雲〉)から新になった、という「資材調達の関係説」
  • 上の説に似ているが、現場が「1隻でも多く駆逐艦ヨロ」と言ってきたので、115番艦は手っ取り陽炎型の図面で作ってしまった、という「陽炎型を1隻余計に作ったよ説」
  • 計画115番艦には他の陽炎型と同じく「○シリーズの名前を付け、計画116番艦に「秋雲」を使う予定だったが、その「○」が別の駆逐艦に使われてしまったため、ネーミングが繰り上がった。ちなみに、その使われてしまった名前こそが「島風」である、という「島風の名前が使えなかった説」

等が挙げられている。

余談だが異説として、秋雲の一番艦だったというものも存在する。しかし実のところ、開戦に間に合わないという意見が出たため結局陽炎型の設計図を流用したようである。

動画が戻ってきたぞー

秋雲にイラスト発注ですかー?

関連商品・・・喰いたいなぁ

関連コミュニティチェーック!

提督は結局、どの娘が一番好きなの?

陽炎型駆逐艦陽炎型姉妹
1.陽炎 - 2.不知火 - 3.黒潮 - 4.親潮 - 5. - 6. - 7.初風 - 8.雪風 - 9.天津風 - 10.時津風-
11.浦風 - 12.磯風 - 13.浜風 - 14.谷風 - 15.野分 - 16. - 17.萩風 - 18.舞風 - 19.秋雲

脚注

  1. *当初は、綾波の〈〉と共に五航戦〈翔鶴〉〈瑞鶴〉のトンボ釣り担当だった(図鑑で「一航戦」と言っているが、一航戦に所属した事はい。おそらく珠湾のために編成された「一航艦(第一航空艦隊)」(一航戦・二航戦・五航戦・一水戦で編成)の間違いと思われる。
    珠湾のときは綾波ではハワイまでの航続距離が足りないため〈〉は別任務に回され、〈秋雲〉単独での出撃となった。これは一航戦トンボ釣り担当をしていた綾波〉〈〉〈潮〉や、同じく二航戦担当だった睦月型卯月〉〈菊月〉〈夕月〉(艦これ実装)も同じで、その代理として朝潮型陽炎型第一八駆逐隊(〈〉〈〉〈陽炎〉〈不知火〉)と第一七駆逐隊(〈浦風〉〈浜風〉〈磯風〉〈谷風〉)が同行している
  2. *艦これ提督なら、探照灯を照らしたために沈する羽になった〈古鷹〉〈神通〉〈〉の話はご存知と思う。
  3. *は基本的に〈武蔵〉が運んだが、最後に木更津から横須賀まで運んだのは〈秋雲〉だった。
  4. *夕雲型島風に搭載された三年式12.7cm連装Dは限定的ながら対射撃が行えたため、陽炎型などのように2番を撤去し機座を増設する改造を行わなかった。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/22(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/22(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP