単語

ハタ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

秦とは、

王朝

中国には秦を称した幾つかの王が存在したが、始皇帝の統一王が最も著名であろう。紀元前221年に中国を統一したが、紀元前206年に滅ぼされた。

人名

漢姓

姓に秦姓がある。嬴姓の秦氏が著名。王・秦の王族の後裔である。また、大秦(ローマ帝国)の商人・秦論が秦姓を称した。

実在の人物

架空の人物・キャラクター

日本の氏・苗字

古代族の秦(はた)氏が著名。カバネは、のち造、のち忌寸。

渡来人系氏族で大陸の嬴姓秦氏、即ち王・秦の後裔と称した。応天皇の御世、始皇帝の15世という君が来日したのが始まり。以後、5世紀ごろに山野(現・京都府右京区太秦付近とされる)に土着し、日本の養蚕や機織、土木工事などの技術を日本にもたらしたと伝わる。実際に始皇帝後裔かどうかはかなり疑問が残され、不明である。済系、新羅系などの説も存在している。広寺を建立した秦河勝らが著名。

土佐長宗我部氏は秦氏後裔を称した。また、山川勝氏は秦河勝後裔と称した。

現代の苗字としての秦姓は日本各地に広く分布しているが、特に長野県三重県四日市市付近、島根県安来付近や、愛媛県新居浜市付近、福岡県うきは付近に集中している。また、福島県大沼三島町、福岡県うきはでは苗字軒数ベスト10入り。福島県を除く東北地方には較的少ない。また、大分県にも多いが、大分市付近では「しん」と読むことが多い。

実在の人物(氏)

実在の人物(苗字)

実在の人物(名)

架空の人物(氏)

地名

中国

日本

秦氏の居住地や関係した地に秦という地名が付けられた例が多い。また、羽田などの同音の地名や、神奈川県秦野市のように「秦」を含む地名も秦氏が由来であることが多い。

※特記しない限り読みは「はた」

関連記事

この記事を編集する

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2018/08/21(火) 10:11:12 ID: TLWoZQAYFd

    何を表してるのかがな字ですよねぇ

  • 6ななしのよっしん

    2019/12/01(日) 17:31:18 ID: TfLDRJ62Nk

    による統一、それを受け継いだによる長期王ければ
    中国現在ヨーロッパみたいになっていたかもしれない

  • 7ななしのよっしん

    2019/12/25(水) 18:35:09 ID: TLWoZQAYFd

    随書に出て来るというのはあれですか、
    524年折大提の州反乱の時も王を称したそうなんですけども
    つまりどういう訳かその折大提の乱の残党か何かが倭に来て
    それであの隋宛ての書みたいな漢文書いたという訳なんですか?
    だから倭にありみたいな事が書かれてるんです?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/30(金) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/30(金) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP