稲葉百万鉄 単語

2876件

イナバヒャクマンテツ

1.6万文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

稲葉百万鉄とは、ニコニコ動画およびYouTube実況プレイ動画投稿しているゲーム実況プレイヤーである。

概要

群馬県出身。血液型B型誕生日7月12日[1]

2008年11月ニコニコ動画においてゲーム実況者デビュー2009年にはゲーム実況者グループボルゾイ企画」を立ち上げ、当時は「ふひきー」という名前で活動をしていた。

2011年5月ボルゾイ企画とは別に個人名義での活動を開始。この頃は「レインボ一発」を始めとする複数の名前実況シリーズごとに使い分け、決まった呼称を持たないようにしていた。ボルゾイ企画の方は同年12月に解散。

2015年には新たなゲーム実況者グループ西美濃八十八人衆」を立ち上げ、グループ活動の際は「稲葉百万鉄」という名義で活動をしていた。その後、とある理由により前述の名義変更様式を撤、全ての活動名義を稲葉百万鉄に統一した。(※詳細は後述

私生活

既婚者。奥さんが嫌がりそうなDVD北野武深作欣二の映画など)を見ながら一緒にご飯を食べるというよく分からない行為に走り、結果自分としても苦痛になるという意味不明な事態を招いたことがある。

また、やりもしないのに様々なゲームを大量に買い込んでしまうため(所謂積みゲー)、奥さんに「やらないんだったら買わないでよ」と怒られたことがある。それでも新たにゲームを買ったり、収録機材の新調のために万単位の支出をするため、友人も入れた会食の場でも奥さんは少々怒っていたという。

ちなみに録音機器の新調のために自身の分と友人であるがみ氏の分のマイクスタンドなどを2つ購入したのだが、がみ氏く「元々部屋が広くないのに(マイクスタンドが)業務用の扇風機くらいの幅を2つも取っているからそりゃ怒られる」とのこと。

呼称問題および名義統一に関して

クリックで展開

詳細

旧来は「ふひきー」名義で活動してきた氏だが、2011年以降の活動では実況シリーズ毎に投稿者名を変更し、多数の名義を使い分けるという特殊な様式をとっていた。この時期に使用された名義は以下の通り。

  • レインボ一発
  • 破裏拳どん兵衛
  • 虹野イッパツ
  • タイガー・ジェット・ペロ
  • 鉄腕ズーバー
  • 月亭かいわれマンゴスチン
  • 東十条キャノン太
  • 飛駆鳥パーティ大好き大将軍 ぞの氏発案の実況プレイの際に登場

この間、ボルゾイ企画の「ふひきー」としての氏と「レインボ一発」以降の氏の関係は明確にはされず、正体は秘密めいたものにされていた。この方針により旧来の視聴者からは擬態の新人というネタ的な扱いをされていたのだが、過去の活動をどう扱うべきかや、変わらず「ふひきー」と呼ぶコメントに対し「ふひきーって誰だよ」「別の実況者名前出すな」などのネタから過剰に反応するコメントなども増え、動画上や本大百科掲示板上でしばしば論争が起こった。

そんな折、2015年7月に氏が自身の活動を整理する的で、下記動画投稿された。

視聴者混乱を招いてると感じた氏はめて自身の過去の活動を振り返り混乱を収めるべく投稿者名に関してのこれまでの様式を撤。今後の活動を全て「稲葉百万鉄」名義で統一することを発表した。

な理由として、名前関連で訳が分からないことになっていると感じ、自身でそう感じているということは視聴者側には殊更そう感じさせてしまっているので、スッキリさせたい」「(コメント等を)傍から見て明らか混乱していると感じ、実状に則した形でやるのが一番良いと思った」などが挙げられた。

視聴者からの呼称については、「投稿時の名前は今後一応統一しますが、特にこだわりがあってそうしているわけでもないので、何と呼んでいただいても結構です」とのことである。

ちなみにこの「稲葉百万鉄」という名前は、戦国時代の武将であり西美濃三人衆の1人「稲葉良通」こと「稲葉一鉄」が元ネタと思われる。また、2011年以降からユーザープロフィール画像に一貫して使用していたプロレスラー藤波辰爾氏の写真を、今回の名義変更を機に信長の野望における稲葉良通の顔グラへと変更した。

余談・その他

実況プレイ動画のシリーズ一覧

本項では稲葉百万鉄氏が個人名義で投稿している動画紹介しています。

2008年から2011年までのグループ名義の動画についてはこちらを参照 → ボルゾイ企画
2015年から現在までのグループ名義の動画についてはこちらを参照 → 西美濃八十八人衆

開始年 マイリスト Part1 動画 状態 実況者
2008 ガイアセイバーexit_list 49 完結 ふひきー
前半はボルゾイ企画名義
2011 爆裂超機神伝デストルーパー -メダロットR-exit_list 39 完結 レインボ一発
2012 爆裂マシンボーイ☆ガンジー -ワンダープロジェクトJ-exit_list 18 完結 破裏拳どん兵衛
重装機甲神伝ゴッドトルーパー -メダロット弐COREカブトver-exit_list 55 完結 虹野イッパツ
2013 ミトコンドリア刑事[デカ]  -パラサイト・イヴ-exit_list 26 完結 タイガー・ジェット・ペロ
どつぼちゃんexit_list 21 完結 鉄腕ズーバー
汚泥の底exit_list - - 不定 稲葉百万鉄
2014 爆裂機巧少女☆コルロの森のかずえ-ワンダープロジェクトJ2exit_list 30 完結 破裏拳どん兵衛
逆転裁判 [第一話のみ]exit_list 3 中止 東十条キャノン太
I WANNA BE A GAMI -罰-exit_list 10 完結 東十条キャノン太
真・重装機甲神伝オメガトルーパー -メダロット3 カブトver-exit_list 78 完結 虹野イッパツ
開始年 マイリスト Part1 動画 状態 実況者
2015 TRUE REMEMBRANCEexit_list 17 完結 月亭かいわれマンゴスチン
パーティ惑星☆タイターンexit_list 2 完結 飛駆鳥パーティ大好き大将軍、がみ、ぞの
剣神ドラゴンクエスト -蘇りし伝説の剣-exit_list 16 完結 稲葉百万鉄
無限夜行exit_list 12 完結 稲葉百万鉄
6年2組ゾンビ飼育委員exit_list 6 完結 稲葉百万鉄
ハイレベル通学路exit_list 2 完結 稲葉百万鉄
隣の異界exit_list 3 完結 稲葉百万鉄
太陽がまた輝くときexit_list 3 完結 稲葉百万鉄
対象(15禁)exit_list 12 完結 稲葉百万鉄
AZBデビルモンゴウズ血風録exit_list - 継続 稲葉百万鉄、
がみ、ぞの
KiTAN -キタン-exit_nicovideo 1 単発 稲葉百万鉄
非常口さんと恋する女の子exit_list 2 完結 稲葉百万鉄
瞳の中のアビスexit_list 4 完結 稲葉百万鉄
俺の屍を越えてゆけexit_list 169 完結 稲葉百万鉄
開始年 マイリスト Part1 動画 状態 実況者
2016 クサリモノexit_list 6 完結 稲葉百万鉄
2017 君の瞳はサンダーボルト殺人事件exit_nicovideo 1 単発 稲葉百万鉄
To The Moonexit_list 13 完結 稲葉百万鉄
どうぶつの森e+exit_list - 継続 稲葉百万鉄
2018 どうぶつの森 amiiboフェスティバルexit_list - 不定 稲葉百万鉄
2019 ドキドキ文芸部exit_list 38+ 完結 稲葉百万鉄
開始年 マイリスト Part1 動画 状態 実況者
2020 鈴木爆発exit_list 14 完結 稲葉百万鉄
学校であった怖い話exit_list 166+ 完結 稲葉百万鉄
2021 メダロット4 カブトverexit_list 87 完結 稲葉百万鉄
グノーシアexit_list 61+ 完結 稲葉百万鉄
晦-つきこもりexit_list 166+ 完結 稲葉百万鉄
florenceexit_list 4 完結 稲葉百万鉄
開始年 マイリスト Part1 動画 状態 実況者
2022 Inscryptionexit_list 37+ 完結 稲葉百万鉄
Coffee Talkexit_list 21 完結 稲葉百万鉄
アンリアルライフexit_list 22 完結 稲葉百万鉄
ドラゴンクエスト ビルダーズexit_list 78+ 完結 稲葉百万鉄
アパシー 鳴神学園七不思議(体験版)exit_list 17 完結 稲葉百万鉄
VA-11 Hall-Aexit_list 46+ 完結 稲葉百万鉄
ダンガンロンパexit_list 113+ 完結 稲葉百万鉄
開始年 シリーズ Part1 動画 状態 実況者
2023 アパシー稲葉百万鉄in鳴神学園霊怪記exit_list 13+ 完結 稲葉百万鉄
パラノマサイト FILE23 本所七不思議exit_list 45+ 完結 稲葉百万鉄
Coffee Talk Episode 2exit_list 31 完結 稲葉百万鉄
高機動幻想ガンパレード・マーチexit_list - 継続 稲葉百万鉄
ゴーストトリックexit_list 40+ 完結 稲葉百万鉄
開始年 シリーズ Part1 動画 状態 実況者
2024 ファミレスを享受せよexit_list 10+ 完結 稲葉百万鉄

ジャンル別一覧

RPG・シミュレーション

ガイアセイバー

『ガイアセイバー』実況におけるふひきー氏ほか

当初はボルゾイ企画動画として投稿が開始されたが、ボルゾイ企画の解散後も個人名義で続きが投稿されたシリーズ。→ ボルゾイ企画

メダロット シリーズ

『メダロットR』実況におけるレインボ一発イッパツ

プレイステーションRPGメダロットR』を実況プレイ

メダロットシリーズゲーム初プレイだが、氏の卓越したセンスが遺憾なく発揮された。独特なネーミングセンスの他、使用メダロットに対するファッションセンスを見るものがあり、気まぐれと悪意閃きにより、メダロット達が徐々におぞましいめざましい変貌を遂げてゆくのが動画の見どころの一つである。女性キャラクターおっぱいがない。好みのタイプアリカお母さんカリンちゃん。

外伝」と題して、ゲストピンクアガリクス吉崎ことぞの氏と対戦した動画投稿された。

『メダロット弐CORE』実況における虹野イッパツ氏

ナツメ開発イマジニアより発売のGBカラー共通RPGメダロット2』のリメイク作品であるGBARPGメダロット弐CORE』の実況プレイ

主人公名前こそメダロットRと同じだが、デストルーパーからゴッドトルーパーへと進化(?)した相棒をはじめ、抜群のネーミングセンスは今作でも健在。メダロットRにて好みのタイプであったアリカママは今作ではモブキャラ。イッパツ氏の嘆きは隠せない。本作は・説明書付きで19000円のプレミア価格のものを購入したため、奥さんに叱られたらしい。

『メダロット3』実況における虹野イッパツ氏

GBC専用RPGメダロット3』の実況プレイメダロットシリーズとしては三度実況プレイ。『弐CORE実況以来の再登場となった虹野イッパツ氏が、新たな相棒オメガトルーパー」と共に、シリーズ最高スケール世界を冒険する。

とある理由でGBAに縁がかったという氏だが、GBCもかなり未開拓だったらしい。逆転裁判に引き続き、白黒思い出カラーで塗り替えるが続く。今回も「外伝」と題して、ゲストとしてがみ氏やぞの氏を招いた略奪対戦パート投稿された。

『メダロット4』実況における稲葉百万鉄氏

2020年イマジニアから発売された『メダロットクラシックプラス カブトVer.』より、『メダロット4(2001年GBC)』を実況プレイ

前作のメダロット3実況から約5年半、ニジノ イッパツとキングトルーパーの冒険が再び始まる。

ワンダープロジェクトJ シリーズ

『ワンダープロジェクトJ』実況における破裏拳どん兵衛氏

エニックス(現:スクウェア・エニックス)より発売されたSFC育成SLGワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ』の実況プレイ。 今回も抜群のネーミングセンスに陰りは見られない。 機械少年を溺する馬鹿な一面を見せる一方、「(躾が)ゲームでこんなに難しいなら…」と、現実での教育の難しさについて考える場面も見られた。 真EDスタッフロール中に、今作の感想の他に自身の実況スタイルや私生活についてもっている。

『ワンダープロジェクトJ2』実況における破裏拳どん兵衛氏

エニックス(現:スクウェア・エニックス)より発売されたニンテンドウ64育成SLGワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット』の実況プレイ

今回は新たな人格は登場せず、『ワンダープロジェクトJ』の実況を行った破裏拳どん兵衛氏がカムバックした。 今作の機械少女と同年代の少女達(ローザサリーヒルダ)に対し当初は中二病様々な名の烙印を押したが、後に友となりお近付きの印としてとある侮辱的な素敵なあだ名を授ける優しさを見せた。 

パラサイト・イヴ

『パラサイト・イヴ』実況におけるタイガー・ジェット・ペロ氏

瀬名秀明小説パラサイト・イヴ』を原作とした、スクウェア(現:スクウェア・エニックス)より発売のPSシネマティックRPGパラサイト・イヴ』の実況プレイ

プレイヤー名前を変更できるのだが、本実況ではどこかで聞いたような命名exit_nicovideoをする。恐竜博士異名の通り、博物館シーン恐竜が登場した際にはその豊富な知識を熱くっている。

剣神ドラゴンクエスト

スクウェア・エニックスより発売された体感ゲームマシン剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣』の実況プレイ。名義統一後の初実況であり、本シリーズ以降の名義は全て「稲葉百万鉄」となっている。

ドラクエシリーズは3と10などを多少プレイした程度で、あとは4コママンガ劇場の知識しかないとのこと。本ゲームアレフガルド舞台なので、実質DQ1ストーリープレイすることになる。メダロットもRからプレイした稲葉らしい選択かもしれない。で買った中古伝説(状態:良い)を手にりゅうおう打倒をす。ただし収録環境の反応はあまり良くない。

後に様々なゲームキャラにつけているイナババという名前が誕生したシリーズでもある。左スライドおじさん師匠ベガに教わった技で襲いかかってくる敵をなぎ倒していくが、イナババ仲間パーティーを組んで冒険したかったようだ。残念ながらDQ1(とこのゲーム)の戦闘は最後までソロプレイである。イナババは女僧侶女賢者幻覚を見ながら超武技-滅-を振るい、をしぶきつつ肩で息をするのだった。

修行編」と題した特別編では、過ぎ去りし時にこのゲームをやり込んだ友人のがみ氏が「ベガ先生」と名乗りゲスト出演した。また、後日職場で休憩中のがみ氏に(許諾の上で)電凸を行う場面も収録されている。

ストーリー本編の壮絶な展開に一時は感情を失いかけたイナババだったが、メダル王からもらったとある言葉に高揚を隠せない。なお、その後のまさかすぎる展開はある意味伝説になった。
最低だ、・・・

俺の屍を越えてゆけ

アルファ・システム開発ソニーコンピュータエンターテイメントより発売のRPG俺の屍を越えてゆけ」初代PS版実況プレイ

平安時代ベースとした独特の世界観やキャラクターが織り成す長編RPGに、戦国武将の名をパロった肖った稲葉百万鉄氏が挑む。本ゲームはかなりの長編RPGのためか、(実況プレイ動画などにおいて完走率が低いゲームであり、それを踏まえ稲葉氏は「(動画投稿期間は)1年越しを覚悟している」とる。 今作は主人公などの名前を自分で決められる。つまりどういうことかと言うと、言うまでもないということである。

このゲームは交(交配)による代重ねにより一族を強くしていくシステムから「人間ダビスタ」などと呼ばれている。RPGと育成のハイブリッドゲームであるため、稲葉氏向きなゲームと言えるかもしれない。 当初描いていた一族の計画はとある事故により、初代の時点で頓挫してしまう。それでも狭いと出撃メンバーをやりくりし、一人死なせることなく完走した。

本編2017年3月3日完結済み。画展が投稿された後、歴代の一族について番外編動画が不定期投稿された。

サウンドノベル

TRUE REMEMBRANCE

『TRUE REMEMBRANCE-remake-』における月亭かいわれマンゴスチン氏

里見しば」氏制作フリーサウンドノベルTRUE REMEMBRANCE』の実況プレイ。彼がこのゲーム実況プレイ動画投稿するのは今回で2度であり、2009年1月以来6年ぶりexit_listの再プレイである。目黒?いえ、知らない子ですね。

以前のプレイゲーム実況を始めて間もない頃であり、本人にとって技術的な面での未熟さが立つ悔いの残るものであったらしい。再チャレンジの機会を伺っていたが、結局6年もの日が流れてしまった。実況者(名)は単発実況以来となる月亭かいわれマンゴスチン氏。虹野イッパツ名義の『メダロット3』と同時進行となったため、投稿期間中が投稿者名が交互に変更されるなどの混乱が見られた。終盤では変更が面倒になったのか「虹野イッパツ いは 亭KMC」表記になり、これがキッカケとなり後の名義統一に踏み出した。

本編開終了後、本アカウント彼と縁の深いあのゲームぶりとなるくだまきが開された。そこでは以前のプレイ時の気持ちについてや本ゲーム3DS版について、また、あの頃と現在との私生活の変化などをり、最後に彼の口から明かされた意外な真実は旧来からのファンに「運命」という言葉を思い出させた。

無限夜行

6年2組ゾンビ飼育委員

ハイレベル通学

隣の

太陽がまた輝くとき

KiTAN-キタン-

非常口さんとする女の子

瞳の中のアビス

クサリモノ

君の瞳はサンダーボルト殺人事件

カオスフリーサウンドノベル君の瞳はサンダーボルト殺人事件』を実況プレイ。8年ぶりのプレイということもあって当時の記憶をほぼ忘れており、当時と同じようなリアクションをしている場面も見られる。また各バッドエンドを回収しながら進めているため、初回プレイの時には見られなかった選択肢を八年越しに見ることができる。

8年前の実況はこちら▼

ドキドキ文芸部

チームサルバトによるフリービジュアルノベルドキドキ文芸部!』の実況プレイこのゲーム12歳以下のプレイが制限されているほか、ゲーム内には非常にショッキングシーンもあるため十分注意したうえでご視聴ください。

実は某友人のお誕生日企画exit_nicovideoとしてプレイさせる予定だった。しかし当の友人がすでにこのゲームのことを知っていたため、泣く泣く(?)自分でプレイすることに。とはいえ二人でプレイしても微妙な結果になっていたことが予想され、一人でプレイしてよかったと感想回っている。なお収録開始から投稿までに期間があった関係で日本語訳は少し古いものになっている模様。

稲葉本人はロマサガ3的な世界観をイメージしていたようだが、舞台日本高校である。最初は普通学園ものゲームとして伏線を中心に楽しんでいたが、中盤ではゲームの仕掛けてくる演出におびえたり、某友人にひけをとらない悲鳴をあげたりするさまを見ることができる。最終的には泣きながらTwitterアカウントフォローするほどのジャストモニカおじさんと化してしまった。

学校であったい話

1995年バンプレストから発売された『学校であった怖い話』をWii UVC実況プレイ。現名義ではおそらく初の毎日投稿に挑戦した。

新聞部の1年生として七不思議の取材をするという設定で、部室に集まった6人から話を聞いていく。り手の独白形式によってられる怪談選択肢によってシナリオの展開が変わるのはもちろん、り手の設定までも変わりうる豊富なストーリーを有していて、氏も動画内や感想回で何度も感嘆していた。特に一番最初に聞いた新堂1話に登場する吉岡の話は適度な長さの分岐が非常に多く、動画の尺つなぎ用に吉岡リリーフ投手よろしく連投を重ねる姿が見られた。なお吉岡の分岐を見終わった後は、新堂5話の大倉リリーフに起用していた。新堂投手コーチスポーツはいいぞ

シリーズ終了後には俺屍以来となる画展が投稿され、感想編では視聴者投票による人気ランキングが行われた。

晦-つきこもり

1996年バンプレストから発売された『晦-つきこもり』をWiiUVC実況プレイ。以前プレイした『学校であった怖い話』のシリーズ続編にあたる。

祖母の七回忌に集まった戚たちと怖い話をするというシチュエーション。前作の怪談にはなかった学校以外を舞台にした話もあり、戚たちが直接体験した話も前作以上に多い印を受ける。

前作に並ぶようなクオリティの高い話もあるものの、なぜか前作のある人物が何度も登場したり、登場する戚たちが軒並みやべーやつだったり、話している間やたらと当惑しまくる人がいたりと、前作にべると微妙な点がについてしまうこともある。舞台設定やゲームシステムも同じような作りになっているが故に、続編としての難しさを感じる作品だと感想回っていた。特にこれの続編は・・・ただしシナリオの中にはあるり手から聞いた話が隠しシナリオで別の人物によってられて相が判明するものがあるなど、いい意味で予想できないシナリオになっている。

画展こそ開催されなかったが、前作同様感想回人気ランキング投稿されている。

アクション・アドベンチャーなど

どつぼちゃん

『どつぼちゃん』実況における鉄腕ズーバー氏

ユニバース開発によるPSゲーム世界一ツイてない女 どつぼちゃん』の実況プレイ結婚式を控えた綾小路、どつぼに降りかかる災難をで回避しようというのがゲームテーマだが、降りかかる災難はで解決できるのか怪しいものも多く、ツッコミどころ満載カオスゲームになっている。しかも駄に難しいミニゲームが多く登場し、苦戦しているズーバー氏が見受けられる。非常に愉快大変そうである。本人く「御爺様が一番お気に入りです」(part3主コメより)

ことある毎に「今ならの話できるやん!」と言った感じで登場しチェックめてくるちゃんには氏も辟易しているようで、彼が出てくる度に「かわいくないねぇ」と言うようになってしまった。←ちょっと待った!(デンデンデン)

逆転裁判

『逆転裁判』実況における東十条キャノン太氏

カプコンより発売されたGBAAVG逆転裁判』を実況プレイ・・・する予定だったが、当ゲーム権利者削除されやすいタイトルであることから投稿を中止。権利者による申し立てはまだされていないもの、動画を全て削除してしまうと投コメ等も見られなくなり経緯説明が出来なくなってしまうため、ゲーム第一話分だけは残している。この件を受けてお詫び動画投稿し、自らに罰ゲームを課す事を発表。視聴者から意見を募集した。

余談だが、本人は今回のプレイ逆転裁判シリーズにドハマりしたらしく、Part1を投稿した時には既に3までクリア済みだった上、更には逆転裁判スピンオフ作品である逆転検事までプレイしていたという。

I WANNA BE A GAMI

『I WANNA BE A GAMI』実況における東十条キャノン太氏

broly氏による、ボルゾイ企画のためだけに作られたRPGツクールオリジナルゲーム『I WANNA BE A GAMI』を前述の罰ゲーム企画として実況プレイ

元々は数年前に、視聴者制作したゲームを某友人と共にプレイするという企画を行った際に応募されてきたゲームの1つ。いわゆる死にゲーであり非常に高難度であるため、当時はクリアする事が出来ず動画化されないまま埋もれてしまっていたタイトルである。ゲーム名に強い抵抗を感じるらしく自発的にプレイする事がわれていたが、罰ゲームには相応しいということで挑戦することになった。過去の旧作にまつわるネタが多く取り入れられているゲームなので、往年のファンなら楽しめる事請け合い。

To the Moon

Freebird GamesRPGツクールゲーム『To The Moon』の実況プレイ

未来舞台に、妻と死別し睡状態にある夫のえられなかった願いを仮想の世界える……というのがゲームあらすじあらすじを読んだだけで「あっ…好き」となるほど琴線に触れたゲームらしく、プレイする前からきっと泣くだろうな、とも予想していた。

夫婦ストーリーということもあり、既婚者の稲葉にはダイレクトに刺さったようだ。part3にしてくもを見せてしまうほど、夫に感情移入しているさまがうかがえる。あまりにも早すぎるぞ。終盤のシーンでは(泣きすぎて)カットが何度も入るなど、自らの予想通り号泣。感想回では実況プレイ史上一番泣いたかもしれないというレベルだとっている。続編についても何度か言及があるため、日本語訳が出ればプレイするかもしれないとのこと。

鈴木爆発

2000年エニックスから発売された『鈴木爆発』の実況プレイ女性鈴木」が爆弾を解体するカオスシュールゲームだが、高校時代このゲームを推しまくっていた友人がいたらしい。稲葉く「爆弾より鈴木さんのほうが怖い

「先に失敗パターンを見てから自で解体した方が稲葉レベルがあがる」という考えでプレイしているが、初見ギミックなどに時折苦戦してあたふたすることも。ちなみに初回の爆弾関東一円が吹き飛んだこともあってか、その後の解体失敗時には過な演出をめるようになってしまった。バキチ!

グノーシア

SF人狼ゲームグノーシア』のSwitch版を実況プレイ宇宙に紛れ込んだ「グノーシア」と呼ばれる存在を議論によって排除していくゲーム稲葉自身は人狼プレイ経験はいそうだが、詳細なチュートリアルもありそこまで戸惑いなくプレイできたようだ。

当初はステータスをかわいげに全振りした「かわいげの」として始めたが、会話の導権を握れないあとグノーシア役が壊滅的ことから方針を転換。他のステータスにも振った上でかわいげを重視する「かわいげの虎」としてプレイすることにした。

人狼パートも各キャラの個性が出ていて完成度が高いが、同じ時間軸をループする中でのストーリー伏線の回収が凄まじく、最終盤は稲葉氏も感心しきりだった。宇宙でのループから脱出するためにグノーシアの排除を繰り返すわけだが、本人はストーリーを終わらせずにずっとループしていたいと発言するなど、登場人物たちにかなり着を抱いていたようだ。

florence

オーストラリア発のインディーゲーム『florence』の実況プレイ。25歳女性 フローレンス・ヨーの人生物語をたどるゲームで、人のクリシュとフローレンスの恋愛ストーリーの中心となっている。

ゲーム内にセリフはほとんど登場しないが、イラストの動きや色による演出に様々な意味を見いだす稲葉氏を見ることができる。また稲葉本人は感動して泣いたことはいろいろあるが、悲しくて泣いたのは初めてかもしれないと動画内でっていた。

Inscryption

2021年Steamアワードにもノミネートされた『Inscryption』を実況プレイ

これは非常に不思議ゲームで、ローグライクカードゲームの様相をしているが謎解き脱出ゲームの側面も備えており、小屋の中にいるの人物と1対1で行うTRPGの様でもある。小屋の中でカードゲームを繰り返すことで隠された真実に近づくことができるが、相手をしてくれるの人物に着を持ってしまった稲葉はまたしても(?)このまま永遠にカードゲームをし続けたいと願っていた。

なお稲葉自身は考察勢ではないので、このゲームに隠された秘密についてはわずかに触れる程度にとどまっている。普通にプレイするだけではたどり着けない要素もたくさんあり、動画内ですべてを明らかにしているわけではないので注意。

Coffee Talk

インドネシアインディースタジオによるゲームCoffee Talk』を実況プレイドット絵で描かれる2020年シアトル舞台に、誇り高きバリスタイナババコーヒーショップを経営する。

現実世界シアトルとは違い、オーガエルフ人狼吸血鬼など様々な種族が客として店を訪れる。作中では異種族間の争いは過去のものとなっているようだが、開店前に読むことのできる新聞「The Evening Whispers」には多種族のいる世界ならではの問題が面にあがることも多く、種族間の差別偏見がなくなったというわけではないようだ。

プレイヤーは来店した客の注文に応えて飲み物を作って提供し、彼らの話を聞いていく。イナババはお絵描きができる!ということでラテアートのできるメニューを注文して欲しかったようだが、常連たちはなぜか一度ラテアートの飲み物を経験するとその後は頼まなくなる傾向にあり、イナババ残念がっていた。自称によるラテアートは一見の価値あり。

アンリアルライフ

2020年に発売されたゲームアンリアルライフ』を実況プレイ

不思議世界覚めた少女ハル記憶を失っていた。彼女にはモノから記憶読み取るがあり、喋る信号機「195」とともに記憶をたどっていく。

その他

どうぶつの森e+

任天堂から2003年に発売された『どうぶつの森e+』を、どうぶつの森シリーズ自体が初見稲葉氏が実況プレイ

詳細は「ズッポシ村」の記事が詳しい。

どうぶつの森 amiiboフェスティバル

汚泥の底

汚泥の底(単発実況)における月亭かいわれマンゴスチン氏ほか

ワンダープロジェクトJ2実況を貯め録りしてる最中に風邪をひいてしまい、ゲーム実況が進まなくなってしまったのでとりあえず単発実況投稿してお茶を濁そうという策略の際に産まれたマイリスト風邪を引いた原因は働き過ぎらしく、決しておっさんになったから治りが遅いわけではない。「HOME ALONE」や「シルバニアファミリー4」の実況では常に鼻声であり、途中をかんだりしている。

ワンダープロジェクトJ2投稿が終わった後はしばらく動きがなかったが、その後もカオス単発ものを中心に動画が追加されている。

マリオパーティ5

『マリオパーティ5』実況における飛駆鳥ビクトリーパーティ大好き大将軍氏

ハドソンシーエプロダクション開発任天堂より発売のパーティゲームマリオパーティ5』の実況プレイ。「飛駆鳥パーティ大好き大将軍」「がみ」「ぞの」の3名が、初見の中和気藹々とパーティ対戦を行う。

動画投稿者ぞの氏のため、タイトル投稿者文が非常にハイセンスなものとなっている。ちなみに飛駆鳥パーティ大好き大将軍という名前は、ぞの氏発案の実況プレイでないと登場しないらしい。

splatoon

任天堂より発売されたWiiU専用アクションSTGsplatoon』の実況プレイ

「稲葉百万鉄」「がみ」「ぞの」の3名が、Skype会議通話で実況しつつ、募で集ったユーザーと3vs3の対戦プレイに行う。本ゲームは基本的に4vs4が流のため稲葉氏ら側も4人チームとしての企画を考えていたのだが、補であったとある4人が“喜ばしい諸事情”により参加が出来ないため、やむなく3人チームとしての企画に落ち着いた。

3人チームとしての企画に落ち着いたものの、稲葉氏は元々4vs4より3vs3のバトルの方が最後まで勝敗が決まりづらく楽しめると感じており、また、チームを組むにあたり自分達と同様に3人までしか集まらないユーザーも居ると思われるため、この実況シリーズによって「みんな!3人タッグは楽しいぞ!」ということを伝えていき、3人チーム人口を増やしていこうという標を掲げている。また、あわよくばこの実況シリーズ任天堂に留まり、3チーム制のマッチングシステムを検討・導入してもらえないかという期待も含まれている。

実況シリーズコンセプトや、メンバーゲーム内で使用しているキャラ名・現在ステータス・役割紹介などをめたルール動画投稿されているので、「FILE」と題したバトル本編動画を視聴する前にそちらの動画の視聴を推奨。また、がみが本ゲーム自体のルール解説した初心者動画投稿されている。

実況シリーズルール説明動画でも言われているが、「稲葉氏らのウデマエを考慮した上)対戦してもいいよという都合の良い方」を募している。対戦動画は内容が盛り上がった場合にのみ投稿される予定であり、対戦相手側のユーザー動画投稿については個人の自由となっている。
募は時折ぞの氏のTwitterexitで行われる。詳細な募集要項は「AZBデビルモンゴウズ」exit_nicocommunityコミュニティを参照。

まとめマイリスト

これまでの投稿動画 まとめ
シリーズpart1をまとめたリスト実況を終えたシリーズごとに、稲葉氏による感想解説られており、裏話的なことも書いてあるので興味のある方は是非。

実況プレイ以外の動画

画展

PCペイントツールで描いた絵をスライドショー形式でめた動画ゲーム実況動画最終回と共に、そのゲームに登場したキャラの絵を描いて投稿するのが恒例となっている。稀に「ゲリラ画展」と称し、実況プレイとは関係のないテーマ動画投稿されることもある。
なぜか全てのイラスト背景が全く同じ色で統一されているため、サムネイルを一見れば分かるようになっている。この記事内にある多くのマイリスト左上緑色っぽいのはそのためである。

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

各活動見表
グループ実況 個人実況
ボルゾイ企画
20082011
西美濃八十八人衆
2015~活動中
ふひきー 稲葉百万鉄 稲葉百万鉄 (2011~)
がみ がみ がみ (2016~)
くわさん
ぞの ぞの(ゲスト) ぞの (2011~)

脚注

  1. *◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆part4exit_nicovideoガリガリプロフィールを伝えるシーンより
  2. *【ニンテンドーeショップ】◆西美濃eショップパトロールクラブ◆part17exit_nicovideoより
  3. *◆メダロット弐CORE 実況プレイ◆part10exit_nicovideoより
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
ふにんがす[単語]

提供: (*˘︶˘*).。.:*♡

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP