空飛ぶ広報室 単語

44件

ソラトブコウホウシツ

1.1万文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

空飛ぶ広報室とは有川浩原作小説2013年4月14日からTBS系列日曜劇場」で、全11回の連続ドラマが放送された。

概要

航空自衛隊航空幕僚幹部総務部広報室をたる舞台とし、航空自衛隊広報官の活動、そして広報活動を通じて空自の様々な部隊・職種について描いた作品。
原作者の有川浩航空自衛隊を取材する為に幕広報室に接しているうちに、あれ?広報室を舞台にした方が面いんじゃね?」と気づいたのが書くきっかけ。広報室の面々は名前などは架のものであるが、モデルとなった実在の人物がいる。

小説2010年から連載が始まり、当初は2011年に単行本を刊行予定だった。だが東日本大震災が発生を受け刊行を1年先延ばしになる。そして津波被害に遭った松島基地を描く「あの日の松島」を加筆し、2012年7月に刊行された。

ドラマ版は原作を踏まえつつ様々なエピソードキャラクターを加えている。原作における「あの日の松島エピソードに向けて制作するという意図もあり、時代設定は放送当時ではない。1話~9話が2009(1話冒頭)~2010年8月頃、10話が2011年2月3月11日午後2時46分、11話(最終回)のみが2013年になっている。

これまでも自衛隊の実戦部隊が度々メディアで取り上げられてきたが、広報室という全に裏方の職業にスポットライトを当てた希少な作品。加えて自衛隊物語軸にした連続ドラマというのは今のところこれだけであろう。

あらすじ

井大2等尉はF-15パイロットブルーインパルスへの転属が決まっていたが、交通事故に巻き込まれ右膝を負傷。パイロットとしては再起不能な傷を負ったことでP免(パイロット罷免)になってしまう。井の新たな任地は幕広報室。航空自衛隊に関して民の理解を得る為に、様々な広報活動を行う部署である。

そこで井は、テレビディレクター稲葉リカと出会う。二人は時にぶつかり合いながらも、異なった立場で自衛隊社会に伝える為に働いていくことになる。

主な登場人物

役名の後ろはドラマ版の俳優

主人公

航空自衛隊

帝都テレビ

芸能人

レギュラー以外の登場人物

特定エピソードの登場人物をここにあげる。ドラマ版ではゲスト出演のような形で俳優が出演することになるのだが、演じる俳優がその役に自然に合っていて「これって本物の人?」と思えることも多い。

ネタ

作中では様々な小ネタが入っている。幾つか挙げてみよう

ネタ やった人 説明
「18%取ると言ったら刑事モノで、
『あぶ・・・』じゃなくて『はみ・・・』じゃなくて、『あ、相方?』」
「あぶ・・・」は「あぶない刑事」、
「はみ・・・」は「はみだし刑事情熱系」。
いずれも柴田恭兵演。
相方」は「相棒」のことであり、
放送が「はみだし」と同じテレ朝9。
「関係ないね」 柴田恭兵の持ちネタの一つ。
久々に見た。
「ちょ、ちょ待てよ」 片山 木村拓哉ドラマでよく言うセリフ
最初はも気に止めていなかったが、
ホリモノマネしたことで注を浴びた。
片山ホリモノマネをさらにマネした感じ。
ダンディ坂!セクシー坂!」
「あぶない、あぶないです」

比嘉
送別会における「あぶない刑事ネタ
舘ひろし演じる刑事が「ダンディ山」、
柴田演じる大下刑事が「セクシー大下」、
というニックネームをそれぞれ持っている。
比嘉の「あぶないです」という突っ込みは、
ネタがあぶない」というダブルミーニング。
BGM
探偵ガリレオ
vs. ~知覚と快楽の螺旋~」
片山 同じく送別会にて。
片山が今更な話を推理する時に流れた。
またフレミング法則ポーズもとっている。
この場面をやるにあたっては、金田一少年
古畑任三郎補に上がったらしい。
全部他局ネタである。
ソースexit

 

本物の広報室と比べてどうか?

ドラマ自衛隊全面協なのでかなりリアルに作られて入るが、ドラマゆえに現実との相違点もある。どういう点が一致していて、どういう点が異なるか。ざっと書くと。

ソース関連商品にあるMAMOR 2013年7月号。

空飛ぶ広報室が書かれるまで

ざっとこんな感じ。

  1. 有川浩海自広報の人に、当時の空自広報室長(リアル坂)を紹介してもらう
    1. F-15に乗りたいんですが」
    2. 室長すいません。F-15の体験搭乗は、相応の広報効果が期待出来る方になっております」
    3. 「そうでしたか」
    4. 室長「あ、小説を書いていただけるんでしたら体験搭乗は可です」
  2. 空自小説を書く前提で取材が始まる
  3. 室長、なぜかテレビプロデューサーなども有紹介。最初からドラマ化を狙っていたらしい
  4. 取材を進めていくうちに、有は広報の部署そのものが面いことに気づく
    1. 「色々取材させていただいたのですが、広報の皆さんが面いので広報を題材に小説を書きます」
    2. 室長「うーん、しかし私達は裏方ですし、現場を擁護する立場ですから・・・」
    3. 大丈夫です、ちゃんと現場とのつながりも書きます」
    4. 室長「そういうことでしたら、謹んで協をお引き受けします」
  5. 小説が連載され、後に追加エピソードを加えて単行本化
  6. 事にドラマ化、当時の室長の狙い通り

つまり空飛ぶ広報室の裏側も、空飛ぶ広報室だったのである。

当時の室長もまた高射を歩んだ人で、辣腕室長であった。今は将補に昇進して基地になっている。

ドラマの宣伝効果

ドラマの中で室長は、テレビドラマによる宣伝効果について「日9で3分、人気俳優キリーの高視聴率ドラマ、宣伝効果はざっと2億円」と言っていた。では日9で1クール航空自衛隊が出ずっぱりのドラマ版「空飛ぶ広報室」は一体どれほどの宣伝効果があるか?

その答えはニコニコ超会議2で示された。リアル広報室の「AKAさん」こと田賢治3等佐によれば、ドラマ化とそれに伴う取材の増加により、付随効果も含んだ全体で1500億円の宣伝効果があるとの試算が示されていた。空自の年間予算が1兆円程度なので、年間予算の15%程度の宣伝効果があることになる。スゲェ。

またこのドラマにより、航空祭ではリアル広報室も人気だという。比嘉1曹が井に述べた「まずは取っ掛かり。その先に理解があります」という広報の意義は、十分に果たしていると思われる。

なぜ広報活動が必要か

作中で稲ぴょんは「売り上げも関係ない自衛隊が、なぜ広報を行わなければならないのか」と質問していた。これに対し室長「有事の際、例えば災害派遣において、民の皆様の理解があればこそ出来ることがある」とし、広報を行いその活動を理解してもらうことが重要であると説明している。

これとほぼ同じ内容のことではあるが、広報室の田3佐もメディアの取材に対し述べている。

【広報インタビュー】赤田 賢司さん 防衛省 航空自衛隊 航空幕僚監部 広報室 広報班exit

それから、航空自衛隊にとても興味を持ってくださる飛行機マニアの方がいる一方で、自衛隊の存在そのものに反感をもたれている方もいる。また、大多数の方は、反感は持たないまでも関心である。私たちが広報活動をしていく対はこのような方々なんですね。

 一般企業なら、反感を持っている方にはアプローチせず、関心な方に関心を持ってもらう、というところから始めてもいいのかもしれません。でも、々はそういうわけにはいきません。自衛隊の存在に賛成してくれる人も、反対している人も、すべてが民であり、々には守る義務がありますから。

― 反対される方の存在が問題となるのはどんなときでしょう?

その前に、まず広報官として肝に銘じておくべきは、自衛隊に反感を持つ人の存在は、自分たちの広報活動が行き届いていないことの表れだということです。自衛隊の活動を十分わかっていただけていないから、感情だけで動かれている部分が少なからずある。誤解が生まれるのは情報の不足、理解の不足によるところも大きいのです。

 たとえば大きな災害が起きたとき、私たちはっ先に被災地に出向きます。理解ある人たちの元へは支援物資速に届けることができます。一方、反対される方に、「なぜ、ここを通るのか」あるいは、「自衛隊の物資は受け付けない」と言われてしまい身動きがとれないこともある。理解が得られなければ、民を守るという任務そのものが遂行できなくなってしまうんです。

一般企業なら反感を持つ人を避けて広報することもアリだが、自衛隊は反感を持つ人にも理解して貰わないといけない。その人たちも守るべき対であり、その人たちの理解があればこそより多くを助けることに繋がるから。もしかしたら「そんな放っておけよ、自衛隊の助けを受けずにそのまま死ねと思う人もいるだろうが、自衛隊はそういうわけにいかないのである。有名なコピペにある「そういう人達も守るのが自衛隊です」そのままの考え方があり、これを達成する為に広報が必要ということである。

このことをドラマ版で考えてみよう。ドラマを見た視聴者には自衛隊って、こういうこともやっているんだ」と知る機会を得た人もいるだろうし、関心だった人で関心を持った人もいるだろう。自衛隊に反感を持っていた人も、ドラマだけで考えを変えるとは思えないが、将来的に意識が変わるきっかけになるかもしれない。そして将来に有事がおきた際、自衛隊に協してくれたり、少なくとも邪魔はしなくなるだろう。それが広報である。

というわけで既に興味のある人も、この作品を通じて興味を持った人も、色々調べてみたり各種イベントに出かけてみてはどうだろうか。きっと新たな発見があるだろう。但しを逆送させたり、自衛官に「誰だと思っている!」とかケンカ売ったらダメだよ。

「広報」の物語として

物語の中心となるのが幕広報室だけあって、広報活動をする様子が全編通じて描かれている。では広報の描き方としてはどうなのだろうか。この点を論じたブログ紹介したい。

【ドラマde学ぶ広報・PR】ドラマ「空飛ぶ広報室」exit

ブログを書いているのはベンチャー・中小企業向けに広報・PRのコンサルタントをやっている会社。ブログの内容はドラマ版・空飛ぶ広報室の内容を踏まえ、描かれているものを一般的な広報・PRの話に置き換えてみるというもの。詳しくは当該ブログを読んでもらいたいが、まぁだいたいあってるということだと思う。

関連動画

防秘

関連商品

外部リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
WhiteCUL[単語]

提供: すずくろ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/24(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/24(水) 00:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP