立憲主義単語

リッケンシュギ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

立憲主義(りっけんしゅぎ)とは、憲法通りに国家運営していこうという思想。義。

概要

立憲主義(りっけんしゅぎ)とは、「憲法国家の仕組みを定める事によって、権の濫用を防ごう」という思想である[1]。この思想を、大日本帝国憲法の起者である、井上毅及び伊藤博文の両名は「立憲政体ノ主義」「憲法ヲ創設スルノ精神」などと表現した[2]。「有権者の間で長年、常識とされている事実」を、憲法に記述することが、「国家を正常に機させる」[3]

立憲主義は、憲法の条文そのものではく、運用のされ方に重点を置いている。この考え方は、古代ギリシアに始まり、近代国家において成立し、19世紀に確立された[4]

民主主義との関係

民主主義とはざっくり言うと、多数の民衆が権(最高決定)を持つこと(権在民・民主権)を良しとし、それを希する思想や政体す。現在の立憲主義はその最終的的を民主主義においていることが多く、立憲主義を通して民主主義を成そうとする思想を「立民主主義」とも呼ぶ。

憲法は「過去の民意」[5]であるという考え方がある[6]。その「過去の民意」たる憲法を尊重するのが立憲主義であるととらえた上で「現在の民意」と乖離することがあるのではないか、と懸念されることもある。ただしどの憲法には憲法定に関する規定が盛り込まれるため、憲法に定められた「過去の民意」が「現在の民意」と大きく乖離した場合は憲法定が行われうる。

だがしかし、元来、民主主義権者概念)とは緊関係にあるというのが伝統的な立憲主義の考え方でもある。例えば民主主義を多数決として捉えた場合、多数が賛成すれば憲法に謳われた理念を否定・破棄することをめる方向にも向かいうる。定要件が通常の法律の制定要件よりも高めに設定された「硬性憲法」であることは、そういった緊関係に対する警として反映されたものと理解することもできる。

なお、憲法自体が特定の色を帯びていて、それに反対する立場のものの権利が制限される内容になっていることがある、という点にも留意は必要である。共産主義国家においては憲法共産党導やプロタリア独裁についてが規定されていることがあるし、特定宗教教とする国家においてはその宗教を重視する内容となっていることが多い。

立憲君主制

君主制(君を戴く政体)のうち、君大権の淵が立憲主義に基づく憲法にある政体のことを「立君主制」と呼ぶ。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *BUZZAP!2017年10月3日 「立憲主義」ってどんな意味?exit
  2. *井上毅「立憲政体ノ主義ニ従ヘハ君臣民ノ良心ニ干渉セス
    伊藤博文「抑憲法ヲ創設スルノ精神ハ第一君権ヲ制限シ第二臣民ノ権利ヲ保護スルニアリ」(「枢密院会議筆記・一、憲法案」)
  3. *落合保守主義の社会理論-ハイエク・ハート・オースティンexit_nicoichiba」、勁草書房1987年12月
  4. *樋口陽一「比較憲法 (現代法律学全集 36)exit_nicoichiba」、書院、1992年2月
  5. *投票等を経た民定憲法典の場合、その制定時点の民意であり、不文法(国体)又はその一部を成文化した憲法典の場合、伝統的価値観と同義である。
  6. *主権者は君か?―国民主権対民主主義―: 世田谷市民大学 政治ゼミexit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/28(日) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/28(日) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP