今注目のニュース
探索型2Dアクションゲームの名作『オリとくらやみの森』がNintendo Switchで配信決定。新規ワールドが登場する「Definitive Edition」が9月にリリース
優しい救助者に感謝! 木の穴に頭からスッポリとハマって抜けなくなってしまった猫ちゃん
「娘は元彼の虐待に耐え兼ねて自殺した!」 女子大生の家族が提訴

竹田玄洋単語

タケダゲンヨウ

掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

竹田玄洋(1949年3月7日~)とは、任天堂ゲームクリエイターである。

概要

1972年任天堂に入社。2015年9月現在は代表取締役専務および技術フェローである。ハードウェア製作に関わっていることから、同じ代表取締役専務であり、ソフトウェア製作に携わっている宮本茂べるとあまり表に出てこない。しかし、後述するように任天堂にとっては重要な人物である。
岩田聡代表取締役社長に次いでNo.2に位置する人物であり、2014年の第74期定時総会に岩田社長が欠席した際には議長として出席したほか、2015年岩田社長が逝去された際のプレスリリースexitでは右上に単独で代表者の表記がされていた。
その後、君島達己が代表取締役社長になることが表され、取締役統合開発本部本部長から技術フェローに異動した。

NINTENDO64』以降のテレビゲーム機の設計開発責任者を担当するなど、ハードウェア製作に関わっているイメージが強いが、1975年には任天堂最初のゲームデザイナーとしてアーケードゲームとして『EVRレース』を開発したり(横井軍平よりもい)、1980年代には同じくアーケードゲームの『パンチアウト!!』の開発を担当するなど、ソフトウェアの開発も行った経験もある。

ファミリーコンピュータ』および『スーパーファミコン』時代には、セーブデータバックアップシステムや特殊チップの開発を担当。前者はいわゆる「復活の呪文」であるパスワードシステムを排除し(ちなみにドラゴンクエスト3パスワードシステムのままだった場合はパスワード800文字必要だったとゲーム雑誌に書かれている)、後者は複雑なゲームが開発できるようになった。
その後も宮本茂とともに『NINTENDO64』の3Dスティックや『Wii』のWiiリモコンセンサーバーの開発を担当している。

2017年4月27日任天堂の人事異動告知より任期満了に伴い6月28日付けで技術フェローを退任、今後は特別顧問として後進の育成に務めるとの発表があった。フェローとしての後任は174月現在未定だが、ハードウェア技術部門のトップとして『Wii』『Wii U』の本体開発や提携企業との折衝に携わった塩田氏が取締役上席執行役員として就任が決定している。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP