今注目のニュース
ひきこもり支援うたう「自立支援業者」が破産、2000万円支払った女性「返金もなく悔しい」
横浜駅西口で解体中のビルが崩壊!「凄まじい音が周囲に響き渡った」
「将棋ソフトについて聞くこともありますよ」師匠が語る豊島将之竜王・名人との接し方

第四一駆逐隊単語

ダイヨンジュウイチクチクタイ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

第四一駆逐隊(だいよんじゅういちくちくたい)とは、

  1. 大日本帝国海軍が編成した駆逐隊の1つである。2度編成された。横須賀鎮守府所属。
    1. 昭和13年2月10日昭和14年11月14日。(隊としては~昭和19年3月31日
    2. 昭和19年9月15日終戦
  2. (未定)

1.初代 第41駆逐隊(→第5代「第9駆逐隊」解散後改組第4代「第18駆逐隊」)

 横須賀鎮守府11番駆逐隊として昭和13年2月10日編成。朝潮型駆逐艦中期ロット山雲」「」「朝雲」「峯」で編成された。翌14年、旧第九駆逐隊初春型有明」「夕暮」白露型白露」「時雨」)が佐世保鎮守府へ異動し、本隊は第5代の第九駆逐隊名。臨機調事件の影を受け艦隊所属は昭和16年度、第四水雷戦隊(旗艦:那珂)。

 緒戦のリンガエン上陸作戦において「山雲」が損傷し本隊を除籍。3隻で続くタカラン・バリクパパン・スラバヤ攻略に臨んだ。

 ミッドウェー海戦ソロモンに進出。サボ戦で「」、スタンモア戦で「峯」を喪失。

 「朝雲」単艦となり第五艦隊(旗艦:那智第一水雷戦隊(旗艦:阿武隈)に異動。同時に吹雪型駆逐艦」「薄」を加える。「朝雲」「薄」はケ号作戦キスカ島撤退作戦)に参加。朝潮型駆逐艦」を加えた後、「朝雲」は第十戦隊(旗艦:矢矧第十駆逐隊に異動。この時点で初期編成時の艦は本隊を離れた。

 陽炎型駆逐艦(戦没後定で不知火駆逐艦)「不知火」を編入。「」喪失。第九駆逐隊を解散し、第十八駆逐隊を再建した。

 修理で本隊を離れた「山雲」及び第十駆逐隊に転出した「朝雲」は第十戦隊第四駆逐隊に異動。第八駆逐隊で開戦を迎えた同満潮」に先代第九駆逐隊(→第27駆逐隊一の生存艦「時雨」はレイテ沖海戦にて「西村艦隊」に部署。「時雨」を残し全艦戦没した。

※編成、年表、駆逐隊は「第九駆逐隊」記事を参照のこと。

2.二代 第41駆逐隊

秋月型駆逐艦涼月」「冬月」「霜月」「宵」により編成。ただし、「宵」就役の遅延と「涼月」の度重なる損傷により4隻がって活動したことはない。
昭和19年11月の一連のフィリピン戦役に参戦した「霜月」は駆逐隊とともに11月25日戦没。
昭和20年4月天一作戦に「涼月」「冬月」が参戦。
昭和20年8月15日、共に天一作戦に参戦した第十七駆逐隊最後の生き残り、陽炎型駆逐艦雪風」を編入。

年表

1944.3.31 秋月型駆逐艦霜月工(三菱長崎造船所)。11戦に編入。
6.6 第十戦隊編入、マリアナ沖海戦に参戦 遊撃部隊部隊に部署
5.25 秋月型駆逐艦冬月工(舞)。11戦に編入。
7.15 冬月」「霜月」で第三艦隊第十戦隊隷下に第41駆逐隊編成(脇田喜一郎大佐
7.15- 冬月」ろ号輸送作戦8月中旬、「霜月」「冬月」合流。
10.12 大淀」護衛中、「冬月」は遠州にて潜「トレパン撃により損傷。に入渠。(-11.18)
10.14 霜月」機動部隊本隊に編入。15日、駆逐艦を「冬月」から「霜月」に継承
10.25 霜月レイテ沖海戦にて小沢艦隊に属す。帰投後11.7までにて整備。
11.15 第二水雷戦隊に編入
解散した第61駆逐隊より「涼月」「若」を編入(「若」は既に戦没。45.1.10除籍)
11.23 冬月」「涼月」、「隼鷹」護衛しからマニラに護送(11.30ニラ着)
11.24 霜月」、「五十鈴」より31戦隊旗艦を継承、「」を随伴し昭南よりブルネイに移動
11.25 潜「カヴァラ撃により「霜月」戦没。31戦隊部、脇田野艦長以下総員戦死
(以降、翌年3月まで駆逐隊なし)
12.3 隼鷹」隊、着。「榛名」合流後帰。12.6 佐世保入港直前にウルフパックの襲撃を受け「隼鷹」中破、「槇」損傷。「涼月」「冬月」は荒により船体にシワが発生し、修理。(-12.27)以降、瀬戸内海で訓練に従事。
1945.1.10 「若」「霜月」除籍
1.31 冬月大分港外で艦底損傷し修理
3.1 2代駆逐隊吉田正大佐着任(前任31戦隊43駆。開戦時の「風雲装員長)
同時期、作間冬月艦長が後任の43駆に、山名艦長が後任の冬月艦長に、杉谷涼月艦長(黒潮戦没時艦長)が52に、平山早霜戦没時艦長が後任の涼月艦長にそれぞれ異動。
4.7 坊ノ岬戦 「冬月」中破「涼月」大破するも両艦とも佐世保に帰還
(冬月を救助自沈処理)
4.20 第二水雷戦隊解隊 第31戦隊に編入
5.20 工した「宵」を編入
5.25 工した「」を編入 41駆は第七艦隊に編入され、関門峡・対馬峡方面のに従事
6.5 対馬峡部隊合流のため回航中「宵」接に引き返し修理
6.29襲に際し長10連装高8門にて対戦闘
7.5 涼月」予備艦に定され41駆から除籍(11.20 駆逐艦籍より除籍)
8.15 終戦の詔勅」示 解散した第17駆逐隊より不知火駆逐艦雪風」を編入
この時点で「冬月」門港 「宵軍港 「涼月」相  「雪風」宮港 に所在
8.20 冬月」門からへの回航を命じられるも、門港で触、航行不能となる。
9.20 第四予備艦定、11.20 除籍。
8.26 雪風」を第一予備艦に定。12.1 特別輸送艦定。旧舞にて武装撤去。46年12月末までに15回の復員輸で13000人以上の内地帰還に従事。12.30 特別保管艦定。
10.5 」除籍。特別輸送艦として復員業務に従事。
46.2.25 冬月」特別輸送艦定、門港にて工作艦として掃海部隊の支援任務に従事。
47.7.3 雪風上海着、6日中に引き渡され「丹陽」と命名。中華民国軍旗艦。6512月退役、69年台風で損傷、71年末までに解体。
8.25 賀にて賠償艦としてイギリスに引き渡され、直ちに浦賀船渠に売却。
9.3 特別輸送艦定解除 9.10-48.3.1 解体
8.29 「宵にて中華民国に引き渡され「汾陽」と命名。49年基に回航され係留練習艦となる。浦賀船渠から技師を招いて機関修理を試みるも63年に除籍解体。
48.5.31 冬月」「涼月」佐世保に回航され、旧佐世保工にて解体了。「」とともに北九州市若松若松港の防波として設置。(→「軍艦防波」)

駆逐隊司令

※文中、駆逐艦の艦長は本来「○○駆逐艦長」であるが、「○○艦長」と略して表記。 (  )は兼務。
 艦名・駆逐隊*は1941.12.8を基準日とする「先代」の艦・駆逐隊を示す。
   開戦(1941.12.8)時所属   在任中戦死   終戦時所属

/発 職位 職歴
1 脇田喜一郎
(48期・鹿児島)
1944/9/25
-11/25
少佐 栂艦長→夕月(望月)艦長→村雨装員長/艦長→朝潮(荒潮大潮)艦長
中佐 吹雪艦長→朝雲艦長→雪風艦長→21→佐世保防備隊兼佐世保潜水艦基地隊副長→22→1駆
大佐 1駆(沼艦長)→2141(44.11.25霜月にて戦死,少将)
2 吉田正
(50期・山口)
1945/3/1
少佐 春風艦長→初春艦長→野艦長→江風艦長→荒潮艦長
中佐 風雲装員長/艦長→大警備部参謀兼津軽要港部参謀
大佐 43駆41→予備役 (第二復員省)鳳翔艦長
終戦 所属艦の帝国海軍駆逐艦籍からの除籍に伴い解隊

所属駆逐艦の一覧・変遷

艦名 原所属 (譲渡先) 喪失(除籍*)日 喪失した戦/状況 戦後処理
涼月 秋月型駆逐艦 第61駆逐隊 --- (1945.11.20)
1948年
坊ノ岬戦にて大破
1948年5月頃装備品撤去、若松軍艦防波
霜月 第41駆逐隊
(初期所属)
--- 1944.11.25
(1945.1.10)
※建造中「秋月修理のため艦首部分を移植
輸送任務中、潜「カヴァラ撃により戦没
冬月 --- (1945.11.20)
1948年
45.8.20 回航中接 9.20 第四予備艦
46.2.25- 門にて特別輸送艦(工作艦)として掃支援業務に従事。485月頃装備品撤去、若松軍艦防波
宵月 第41駆逐隊
(追加編入)
(中華民国) (1945.10.5)
1963年
軍港襲にて対戦闘に従事。復員輸送後台湾にて「汾陽」と名。63年に除籍解体。
夏月 (イギリス) (1945.10.5)
1948.3.1
大きな戦闘に参加せず、復員輸送業務に従事。47.8.25賀で英譲渡後浦賀船渠に売却。解体。
雪風 陽炎型駆逐艦 第16駆逐隊
17駆逐隊
(中華民国) [1947.7.6]
1971.12.31
復員輸送後中華民国に引き渡され「丹陽」と命名。69年頃台風で損傷し解体。

*「雪風」のみ譲渡日[  ]。他は帝国海軍駆逐艦籍からの除籍日(  )

涼月【すずつき】(秋月型駆逐艦3番艦): 【原隊】第61駆逐隊

【造船所】三菱長崎 【進】1942.3.4 【就役】1942.12.29 【籍】佐世保鎮守府
【履歴】第61駆逐隊第41駆逐隊 【編入】1944.11.15
戦後処理】1948年頃武装撤去し若松軍艦防波 【除籍】1945.11.20

艤装員長/駆逐艦長

氏名 着任日 略歴・備考
装員長 赤澤 中佐 1942.9.10 千鳥艇長-旗艦長-(太刀)艦長-(春風)艦長-鳥羽艦長-艦長-不知火艦長-涼月装員長/艦長-10駆(44.6.8風雲戦没時戦死,少将)
初代 1942.12.29
2代 瀬尾 中佐 1944.1.10 艦長-艦長-兵学校教官(監事)-凪艦長-時雨艦長-涼月艦長(44.1.16損傷時戦死,大佐)
1944.1.16-7.7 艦長発なし
3代(兼) 天野 大佐 1944.7.7 疾風艦長-有明装員長/艦長-綾波艦長-学校副官-陽炎艦長-13駆-第1-第1掃-21-10駆-61(涼月艦長,44.7.7-10)(44.10.25 初月戦没時戦死,少将)
4代 杉谷長秀 中佐 1944.7.10 初雁艇長-横須賀防備隊分隊長-足柄長-三日月艦長-白露艦長-海風艦長-黒潮艦長(戦没)-清水商船学校務-涼月艦長-52 (戦後)長艦長
5代 平山敏夫 中佐 1945.3.10
-45.5.18
艦長-水無月艦長-大波装員長/白雪艦長(戦没)-秋霜装員長/艦長-早霜艦長(戦没)-涼月艦長- (戦後)冬月艦長

霜月【しもつき】(秋月型駆逐艦7番艦)

【造船所】三菱長崎 【進1943.4.7 【就役】1944.3.31 【籍】横須賀鎮守府
【戦没】1944.11.25潜「カヴァラ撃 ブルネイ湾) 【除籍】1945.1.10

艤装員長/駆逐艦長

氏名 着任日 略歴・備考
装員長 野健二 少佐 1944.3.5 睦月艦長-萩風艦長(/清波装員長)-霜月装員長/艦長(44.11.25戦没時戦死)
初代 1944.3.31

冬月【ふゆつき】(秋月型駆逐艦8番艦)

【造船所】舞 【進】1944.1.20 【就役】1944.5.25 【籍】横須賀鎮守府
戦後処理】1948年頃武装撤去し若松軍艦防波 【除籍】1945.11.20

艤装員長/駆逐艦長/艦長

氏名 着任日 略歴・備考
装員長 (臨)横田 中佐 1944.4.21 潜水艦基地隊-太刀艦長-冬月臨時装員長-浦風艦長(44.11.21戦没時戦死,中佐)
作間英邇 中佐 1944.5.5 鴻艇長-弥生(夕月)艦長-睦月艦長-菊月艦長-綾波艦長(戦没)-玉波装員長/艦長-冬月装員長/艦長-43駆 (戦後)鳳翔艦長
初代 1944.5.25
2代 山名寛雄 中佐 1945.3.1 艦長-艦長(戦没)-大潮(不知火//初春)艦長-(不知火/初春)艦長-艦長(43.5.20兼務解消)-冬月艦長
1945.9.21-1946.3.1 駆逐艦長/艦長発なし
3代 山根 (少佐) 1946.3.1 初春賞-第5駆潜艇-21長-呂57艦長-122艦長-伊156艦長-(第二復員官/第二復員事務官)
4代 玉井 (大佐) 1946.4.16 五十鈴信長-… (第二復員事務官)
5代 平山敏夫 (中佐) 1946.4.26 (第二復員事務官) 経歴は[涼月]5代艦長参照
6代 周吉 (大佐) 1946.5.12 子日装員/長-夕月艦長-夕立艦長-軍部参謀-…
-46.12.23 (第二復員事務官/復員事務官)
本務:博多上陸地連絡所長→博多運行部長

宵月【よいづき/よひづき】(秋月型駆逐艦10番艦)

【造船所】浦賀船渠 【進】1944.9.25 【就役】1945.1.31 【籍】呉鎮守府
戦後処理】復員業務後1947年中華民国引渡、1963年除籍解体 【除籍】1945.10.5

艤装員長/駆逐艦長/艦長

氏名 着任日 略歴・備考
装員長 中尾小太郎 中佐 1944.12.5 刈萱艦長-波艦長-海風艦長-秋霜艦長-装員長/艦長-第33突撃隊副長
初代 1945.1.31
2代 荒木政臣 中佐 1945.2.10 艦長-磯波艦長-旗艦長-野分艦長-潮艦長-艦長
(戦後)第二復員官-第二復員事務官-復員事務官で宵艦長
3代 谷口俊雄 (大佐) 1947.2.10 天龍長-大井長-…
復員事務官 -第9号輸送艦
1947.5.10-5.12 艦長発なし
4代 前田一郎 (大尉)  1947.5.12 楡乗員 -8.30 復員事務

夏月【なつづき】(秋月型駆逐艦11番艦)

【造船所】佐世保工 【進】1944.12.2 【就役】1945.4.8 【籍】呉鎮守府
戦後処理】復員業務後 1947年イギリス引渡、1948年解体 【除籍】1945.10.5

艤装員長/駆逐艦長/艦長

氏名 着任日 略歴・備考
装員長 西野 中佐 1945.2.15 17号掃海艇長-凪艦長-高雄警備府副長(参謀)-時雨艦長(戦没)-装員長/艦長
初代 1945.4.8
1946.12.28-1947.8.5 艦長発なし
2代 松下 (大尉)  1947.8.5 37長-学校甲種学生-372潜装員長/艦長-艦長-(自衛隊)

雪風【ゆきかぜ】(陽炎(不知火)型駆逐艦8番艦): 【原隊】第16駆逐隊

【造船所】佐世保工 【進1939.3.24 【就役】1940.1.20 【籍】呉鎮守府
【履歴】第16駆逐隊第17駆逐隊第41駆逐隊 【編入】1945.8.15
戦後処理】復員業務後 1947年中華民国引渡、1971年解体 【引渡】1947.7.6

駆逐艦長/艦長

氏名( )終戦時階級 着任日 略歴・備考
5代まで(所属前)歴代艦長 → 「第17駆逐隊(第3代)」記事参照
6代 古要 中佐 1945.5.10 艦長-春風艦長-沼艦長-第22砲艦(保艦長)-雪風艦長
7代 橋本以行 中佐 1945.11.20 31潜(152)艦長-158潜艦長-呂44装員長/艦長-伊58装員長/艦長-雪風艦長(GHQ出頭により着任できず) 第二復員官
8代 佐藤精七 少佐 1945.11.27 時雨砲術長-榛名砲術長-酒匂副長代理-雪風艦長(第二復員官/第二復員事務官)
9代 高田敏夫 (少佐) 1946.10.26 陽炎長(戦没)-能代長-装員長/艦長-雪風艦長
1947.1.25- 6.1 艦長発なし
10代(臨) 東日出夫 (中佐) 1947.6.1 叢雲艦長-親潮艦長(戦没)-装員長/艦長(雪風艦長)

関連動画

第四一駆逐隊に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

第四一駆逐隊に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

第四一駆逐隊に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2015/11/21(土) 21:58:40 ID: mD14aFcajm

    立て逃げ乙

  • 2ななしのよっしん

    2016/03/12(土) 22:08:47 ID: F0yZtIr7Q5

    秋月型駆逐艦の記事って存在しないのね

急上昇ワード

最終更新:2020/03/31(火) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2020/03/31(火) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP