今注目のニュース
アリエル・アトム4 試乗 目的地はシンクロトロン 英国最高の頭脳が集まる場所 中編
『ブラタモリ』に登場のイケメン学生 「斎藤工っぽい」と注目集まる
12歳女児が出産 ごみ処分場で暮らす27歳の”祖母”は「娘と孫をここで育てたい」

第1回MMDにゃにゃにゃ選手権単語

ダイイッカイエムエムディニャニャニャセンシュケン

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「第1回MMDにゃにゃにゃ選手権」とは、楽曲制作者「DaniwellP」氏作詞作曲ミクオリジナル楽曲作品「Nyanyanyanyanyanyanya!」の全部又は一部を背景楽曲にし、MikuMikuDanceによる映像表現を追求する運動、そしてそれらの結果的産物である動画群の総称である。

MikuMikuDance動画作品以外にも『nyanyanyanyanyanyanya!』に対する優れた生作品が投稿されており、それらについては大百科単語記事nyanyanyanyanyanyanya!』をご参照くださるよう。

概要

開催前の状況

かねてより、「DaniwellP」氏による楽曲作品にはすぐれたPV作品が生作品として本動画サイトに多数投稿されてきた。たとえば、楽曲『ねこみみスイッチ』にたいしては、「ミロ」氏の美しいVOCALOID-PV作品や、「ミスるあP」氏の卓越したMikuMikuDance動画作品の存在が知られている。

このような作品群の系譜的文脈を受け継ぎ、「DaniwellP」氏のミクオリジナル曲作品『nyanyanyanyanyanyanya!』に対しても、MikuMikuDanceによるPV制作の動きがみられるようになったようである。

初期投稿動画の動向

投稿動画の動向であるが、本選手権の開催宣言以前に本サイト投稿されたものもあり、本選手権の実質的開始時期については以下の左動画作品に遡りうるものと考えられる。すなわち、MMD動画作品としては、下記左作品の方が期に投稿されているものの、文言としての「第1回MMDにゃにゃにゃ選手権」の初出は、しかしながら、本稿の検索した範囲内においては、右動画の「おつかいP」氏作品であると考えられる。

第3回MMD体育祭参加作品として次作品が投稿され、MMD領域においては、ふたたび本選手権あるいは本系統の動画作品に対する注度は高まっていったようである。

動画には、「DaniwellP」氏によるRemix作品も存在する。この作品の由来であるが、「uniql」氏がまず原曲Remix作品を制作し、それに対し「DaniwellP」氏が再Remix作品を制作したものである。この楽曲に対してもMMD動画作品が投稿されているのでともに下に供覧する。「DaniwellP」氏の再Remix作品については、関連動画に掲載した。

近時の投稿作品の動向

その後、ひとつの転回点として「アヘハクP」氏のMMD振り付け作品投稿がまた大きな役割を演じたようである。本作品のモーションは開されたため、この作品の投稿後、このモーションを基盤とした様々な作品が投稿されるようになったようである。本モーションは、上肢、下肢、体幹の素い動きが、ちょうどポケットに入れた財布を探しているように見える点、そしてコンビニの前で舞踏している点からか、「お財布忘れたダンス」と呼称されることがある。詳細については、大百科単語記事お財布忘れたダンス』を御参照くださるよう。

もちろん、原動画に忠実なモーションも、MMD表現研究の基礎的素材として広く利用されているが、「アヘハクP」氏の開発したモーションも、MikuMikuEffect実験動画の基礎モーションなどとして用いられるのみならず、ドラマ性のある作品の一部にも使用されるようになっている。

MMD動画制作者「ビームマンP」氏はMikuMikuEffect関連研究者として著名であるが、氏のエフェクト研究発表動画以外の初めての動画、すなわち動画作品としてのMMD処女作は、「アヘハクP」氏のモーションを使用したものであった。さらには、「おつかいP」氏が「アヘハクP」氏のモーションを使用して、新たな表現を追求する動画投稿するなど、「第1回MMDにゃにゃにゃ選手権」は螺旋的な発展を見せている。

2010年12月26日には「朝比奈りん」さんの舞踏の背景で「ジャグリング」が行われている作品が、2011年01月02日には「戦国BASARA」の人たちが舞踏する作品も投稿された。

2011年01月19日には、本系統の動画作品として、MMD動画制作者「R.two」氏によりまた別の「MMD振り付け」作品が投稿されている。本動画では、猫耳ヘッドフォンを装着した「Lat式ミク」さんが舞踏しているが、特に手関節部の素い動きが印的である。本作品は、2011年01月20日世界の新着動画完走組となるとともに、2011年01月22日20時22分頃10万再生を達成し、MikuMikuDance殿堂入りとなった。本作品は、2011年02月02日午後0時30分頃30万再生、同年04月25日夕刻には50万再生を達成し、さらに再生数を増やしている。2013年1月12日15時45分ごろ、本作品は万再生を達成し、「Lat式動画作品として初めての「MMDミリオン達成作品」となった。

本作品は「Lat式ミク」さんの出演動画作品としての最大再生数を達成すると同時に、「MMD振り付け」作品としても最大再生数を達成している。すなわち、「MMD振り付け」によるダンスPV作品が、「Lat式動画作品の首位を担っていることになるのである。

上記作品のモーションも開され、そのモーションを基盤としたMMD動画作品も、ジャンルを横断して多数投稿されている。

上記作品の振り付けを、実際に「踊ってみた」作品も投稿されている。

更なる新しいモーション、そして新しい背景表現の追求の試みも見られ、実り多い選手権となっている。

さらには、動物モーションの研究開発と進歩も見られている。

第6回MMD杯の開催期間中にも、本系統の動画投稿は続き、第6回MMD杯エキシビション作品としての投稿も見られている。

実験的な動画投稿も続いている。

2012年度に至っても、『nyanyanyanyanyanyanya!』関連の動画投稿されている。

下左は、「ula式巡音ルカ」さんが舞踏する作品である。下右は、「ula式ミク」さんの舞踏する作品である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティー

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2011/01/27(木) 03:02:15 ID: aI63raoRSb

    なんかすげぇ記事が充実してるんだけど・・・w

  • 3ななしのよっしん

    2011/02/06(日) 14:11:13 ID: qKSAiSpcDr

    MMDダンスモーションが完成してから、一気に火が点いたな。

  • 4ななしのよっしん

    2011/12/10(土) 18:00:34 ID: Qjmm03yJcI

    記事作成乙

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP