第9地区単語

ダイキュウチク

  • 9
  • 0
掲示板をみる(82)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 

人類、立入禁止。

 

 

 

「第9地区」(District 9)とは、2009年開されたSF映画である。

概要

監督ニール・ブロムカンププロデューサーとしてピーター・ジャクスンがクレジットされている。

元はFPSゲームHalo」の映画企画であり、「Haloシリーズ実写CMで高いクオリティ映像を送り続けて来たブロムカンプが起用されていた。だが契約の問題からHalo映画化は中止となる。その後、ブロムカンプの短編映画Alive in Joborg」をベースにしたオリジナル作品として本企画は日のを見た。

企画が元企画だけにアサルトライフルショットガングレネードランチャーRPG-7ガトリング砲に20mm対物ライフルといった様々な現実武器ビームミサイルパワードスーツといったド手なSF武器が登場し、とにかくFPS症候群患者は見ておいて損はい。また、「死にたい人にお薦めの危険なヨハネスブルグ育ちのブロムカンプが描くエイリアン人間の関係は、南アフリカ共和国でのかつてのアパルトヘイト政策と今も続く差別や格差、排外義の問題を反映し、かなり社会批評的な面も含まれてこれも評価が高い。

なお、本作は大量出血や部位欠損、そしてゲロといったシーンが多数含まれるため、そういったものが苦手な人にはおすすめしない。見る際には食事のタイミングも考えるように。

あらすじ

1982年地球を訪れた巨大な宇宙船はなぜか南アフリカヨハネスブルグに停止し、何の反応も起こさなかった。半年後、業を煮やした人類は宇宙船にを開けて内部に突入。中にいたのは、病気で弱ったエイリアン達だった。外観から「エビ」と揶揄される彼らは、宇宙船の下の「第9地区」に保護されて難民生活を送ることになった。しかし頭の悪さと繁殖率の高さから外の住人とのトラブルが絶えず、新設する新管理区域への移動が準備されることになる。

時に2010年、第9地区の管理を任された国家企業MNU」のエイリアン管理課に勤める主人公ヴィカスはその「エビ」たちに強制立ち退きを通告するため、傭兵部隊とともに第9地区に向かう。昇進も命もかかった大事な仕事。しかしそこで彼はエビたちが保管していたの液体を浴びてしまう。

液体を浴びたヴィカスは体調を崩して病院へ担ぎ込まれるが、そこで判明したのはヴィカス体が「エビ」へと変化しつつあるという事実だった。「エビ」のもつテクノロジー解析のため実験材料として殺されそうになったヴィカスは隙をついて脱走したが、MNUは「エビ達と一発○ったために危険なウイルスに感染した男が逃亡中」という報道を行い、逃げ場を失ってしまう。彼に残された一の場所は、「エビ」たちの住処、「第9地区」だけだった。

登場人物

ヴィカス(シャールト・コプリー)

MNUのエイリアン課に勤務する男。「エビ」達のことは内心嫌悪しており、生まれる前のを殺して焼き払う悪趣味な面もあった。しかしの液体を被ったことで体細胞DNA異常が発生し、MNUとナイジェリアギャング団に追われる羽になってしまう。なにかと利己的で悪く言えば自分勝手、良く言えば人間くさい男。

クーバス大佐(デヴィッド・ジェームズ)

MNU傭兵部隊の指揮官でたたき上げの元軍人であり、会社人間のヴィカスとは反りがまったく合わない。ヴィカス逃亡後はその追跡の揮をとる。「エビ」を残虐に殺すことを好む。

タニア(ヴァネッサ・ハイウッド)

ヴィカスさん。MNUの会長でありヴィカスのよき理解者。だが、親父の「ヴィカスエビと○った」というウソには乗せられてしまったようである。

オビサンジョ(Eugene Khumbanyiwa)

ナイジェリアギャング団のリーダー。足が不自由エイリアンを身につけるためヴィカスを付け狙う。

クリストファー・ジョンソン(ジェイソン・コープ)

エイリアン。数少ないまともな知性を持った「エビ」の生き残り。第9地区に移り住んで以来、あるものを収集していた。機械いじりにたけた一人息子がいる。

用語

エビ(Prawn)

地球にやってきたエイリアンたちの蔑称。名前は見たから。階級によって知が違うらしく、宇宙船で発見された時には高知階級はほぼ全滅していた。頭は悪いが体は高く、素で屋根を飛び越え、人間の腕をもぎ取るほどのがある。窃盗や放火などの犯罪を繰り返し、周辺の住民とのトラブルが絶えない。好物は古タイヤ猫缶。とくに猫缶にはい。

周辺住民は基本的にとっとと宇宙船を直して地球を出ていけ、というスタンスだが一応エビの権利保護を訴える人たちもいる。そして、出て行ってもらっては困る人たちもごく少数いる。

第9地区(District nine)

保護されたエイリアンたちが移り住んだ地区。浮遊している船の下にある。内部はボロバラックが軒を連ねており、環境は決して良いとは言ない。や厳重な警備で外部とは隔離されており、人間の立ち入りは建前上禁止されている。ただしナイジェリアギャングが然と「エビ」相手の商売をしていたりもする。

モデルになったのは、アパルトヘイト時代の黒人居住地区である「第6地区」。ただし第6地区自身は人種隔離を的としたものではい。

エイリアンの技術

エイリアンの開発した具や武器ビーム一発人間を吹き飛ばしてバラバラにする・飛んできた弾丸を中に停止させられるといったがあり、人類の技術を大きく上回る。ただし、動かすためにはエイリアンDNAが必要らしく、人間では動かすことができない。

MNU(Multi National United)

主人公が所属する国家企業世界2位の軍需メーカーであり、独自の傭兵部隊を持つなど民間軍事会社(PMC)的な側面もある。からの委託で第9地区を管理しているが、その的はエイリアン技術(とくに兵器)の回収とその実用化であった。ヨハネスブルグMNUビル地下には大規模な実験施設があり、回収した物品のテストや「エビ」相手の実験が極秘に行われていた。

傭兵部隊の装備は南アフリカの軍需メーカーが開発したものが多い。

ナイジェリアギャング

ナイジェリアから「出稼ぎ」にやってきた犯罪者たち。「エビ」相手に商売・賭博果てはエイリアン相手の売までやっている。特に密造の粗悪品による「猫缶詐欺」が悪名高い。第9地区は立ち入り禁止のはずだが、自動小銃からミニガンRPGまで「ある程度以上」の戦をもつので、MNUも衝突を避けるため視している。

ギャング達はエイリアンを「食す」ことでそのを手に入れ、エイリアン武器が動かせるようになると信じており、何体もの「エビ」が殺されている。(これはアフリカの一部で現実に起こっている呪術師による殺人魔女狩りを反映したものである)

関連動画

関連商品

トリビア

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 80ななしのよっしん

    2021/02/28(日) 18:12:56 ID: DhjtL7/Re7

    綺麗に完結してるから蛇足になりそうな予感

  • 81ななしのよっしん

    2021/03/01(月) 18:23:27 ID: 2qA7+/t4MH

    エビになりつつある主人公を食おうとするあれがアルビノキリングの暗喩と最近理解した
    エビ人間の格差が現実の南アのメタファーなのはすぐわかるが黒人にも今は貧富の差があるからエビ内の格差というか階級の断絶はそれを表しているのかな 

  • 82ななしのよっしん

    2021/04/03(土) 01:41:11 ID: njn/Z9Z4Vk

    続編でタニアは彼氏作ってるか、別の男と再婚してる
    映画ドラマにおいて、主人公の帰りを待ち続けている彼女、妻は自分が見た作品内では一人も居なかったから断言できる

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/15(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/15(木) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP