管弦楽 単語

191件

カンゲンガク

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

管弦楽とは、オーケストラの邦訳である。

打楽器「解せぬ」

か昔バロック音楽の中頃からオーケストラにはティンパニが用いられるようになっている。日本オーケストラが伝搬された頃はロマン盛期だったはずなので、打楽器は前時代に増して豊富に用いられていたはずである。にもかかわらずこんな訳をあててしまった所以は、雅楽の舞を伴わない演奏を「管絃」と呼んでいたことにあるらしい。「合奏形態」の意を一番忠実に表す、日本に昔からあったをそのままあてているのである。論、雅楽演奏には管楽器と弦楽器のみ・・・って管絃にも鼓あるじゃねーかexit

バラバラな邦訳

通常「Orchestra」の対訳が「管弦楽」となるが、個別の楽団そのものに焦点を当てている時は「管弦楽団」と訳している。たとえば「The Cleveland Orchestraexit」は「クリーヴランド管弦楽団」となる。「Philharmonic Orchestra」の場合も「フィルハーモニック管弦楽団」と訳すことが多いが、「Symphony Orchestra」は「交管弦楽団とはせずに交響楽団」と訳すことが多い。「The Boston Symphony Orchestraexit」は「ボストン交響楽団」となるわけである。

以上は英語の対訳の例だが、他の言からの邦訳でもだいたいおなじような訳し方をしている。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 00:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/20(土) 00:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP