糜芳単語

ビホウ

3.0千文字の記事
掲示板をみる(155)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

糜芳ビホウ ? ~ ?)とは、徐州の富糜竺で字(あざな)は「子方」。

陶謙の死後にと共に劉備に仕えて流浪の二十年に付き従い、

と三英雄達に一定の評価を受けている武将だが、荊州を守っていた際に孫権軍の呂蒙に降した事が関羽の死に繋がった事から、他のだった降将にべてとにかく人気い(特に演義)。逆に、その人気さから立っているとも言える武将である。

正史では

徐州の陶謙を頼ってやってきた劉備と共に支援し、陶謙死後に劉備呂布により徐州を追い出されて曹操を頼った際に、麋竺が太守に、そして麋芳は彭(ホウ)の相に任命されたが、劉備曹操の下を離れると劉備に従った。

劉備が荊州そしての地を得る頃には、荊州都督の関羽の配下として孫権に対する最前線である南の太守に任命されて、公安を守備する士仁傅士仁は誤記)と共に対の重要拠点を守った。

曹仁の守る樊関羽が攻めた際に、対の最前線に位置する糜芳や士仁傅士仁は誤記)に対して援軍をめたが、糜芳や士仁傅士仁は誤記)にとっては南方の方が脅威と考えたのか、補給物資を送るといった後方支援した。

もっとも長期戦となる可性もある攻戦において補給線が確保されていることはそれだけでも非常に重要なのだが、麋芳らはその補給にもミスをした。失火事件を起こして、物資を燃やしてしまったわけである。

そんな彼らに対して関羽

わしが凱旋した後に、このことをわが君に報告し、を容赦なく処罰するぞ!

激怒した。

関羽よりは短いかもしれないがそれでも曹操の誘いを蹴って劉備の放浪期を共に過ごし、糜芳も劉備の外戚と言う立場等もありながら、かなり追いつめられた立場に居た。そんな時に孫権から「こっちこない」と誘われれば揺れても仕方がないと擁護はできる。

さらに言えば、最初は裏切るつもりはなかったという記述もある。呂蒙の軍が荊州南部に攻め込んでくると、劉備スキーな糜芳としては篭を選んでいる。この辺りは記述が錯綜しているためわかりづらいが、とりあえず正史を全部採用すると糜芳はあんな事を言われてもまだを守って死ぬ気はあった。ただ同僚の士仁傅士仁は誤記)が降した為、進退極まった麋芳は、門を開いて呂蒙に降し、孫権呂蒙に追い詰められた関羽は捕らえられて処刑された。

の降の報を受けとった糜竺激怒して憂慮の内に病死した。

その後の糜芳は、孫権の下で将軍として扱われ、賀斉の配下としてを裏切った宗を攻めて生け捕る等活躍した。

また「虞翻伝」では空気を読まないドS虞翻とからはいじめの対になっていたようで、虞翻とすれ違った際に、糜芳の臣がを避けるように伝えたところ、ドSを荒げて

劉備への)忠と信義を失っているのにどうやって君孫権)に仕えるつもりか。
二つのを傾けておりながら将軍などと称してよいものか。

と罵倒したが、麋芳は反論せず甘んじて受け入れ、麋芳のが衝突しないように虞翻を避けた。

また、虞翻に乗って出かけた時に、麋芳の営舎を通り抜けようとしたところ、門が閉ざされていてが通れなかったので、またもやドSを荒げて

門を)閉めるべき時に開けて降しながら、開けておくべき時に門を閉ざしたりしている。
物事の正しいやり方をわかっておるのか?

と罵倒したが、これも麋芳は反論せず甘んじて受け入れて門を開いた。

その後の麋芳がどうなったかは不明である。

演義では

三国志演義エンターテイメントです。

施耐or羅貫中による小説三国志演義」では、糜竺と共に劉備の配下として登場するところはかわらないが、長坂の戦いで劉備家族を救出する為に曹操軍の中へと飛び込んだ趙雲を「裏切った」と合点するという、仁義に劣る描かれ方をされ、後の降の布石とも言える描写がされている。

その後は正史と同じく孫権の荊州攻略軍に降して関羽が死んでしまった責任を押し付けられ、皆の反対を押し切って孫権へ弔い合戦を挑んだ劉備の元に、共に裏切った傅士仁(正しくは士仁)と共に、馬忠の首を手土産に帰順しようとしたところ、劉備から関羽が死んだ事への怒りを一身にうけて麋芳と傅士仁(正しくは士仁)は劉備り殺された。(吉川英治版では関羽息子関興が情けなく命乞いする二人をと処刑している) 

麋芳は不忠・不義の者なのか?

まず先に述べたとおり、麋芳は自身のミスからとは言え、関羽から恫に近い連絡を受けており、疑心を抱くほどの立場に追い込まれていた。
そこをうまく付いた、軍の戦略外交・大局的な戦略勝利とも言え、麋芳はその流れに利用されながらも、自身の身を保った(かつ軍の下で戦功も挙げた)事から、その才覚にはキチンとした評価が与えられるべきである。

もっとも、補給線を甘く見れば負けることは項籍の時代からの必然であり、麋芳はその補給にミスをした記述も確かに存在する。糜芳に全責任をなすりつけるのがでないのと同様に、糜芳に全く責任がないと他になすりつけるのもではない事は心に留めておくべきだろう。

……しかし、やはりというか、物語として、同情を集めやすい営から他営に乗り換えた事。そしてその乗り替え時に、人気極まって神様となってしまった関羽の死が絡んでいる事は、あまりにもが大きすぎた(後世の人気からして)。それに加え、戦わずして降った事、糜竺の裏切りを責める余り、自ら憤死してしまった事が、余計に彼の立場を悪くしてしまった。

結果として、演義、その中でもファンからは蝎のごとく嫌われ、彼を護した立場(かつ美味しい思いをした)ファンからも「あぁ、あいつか……」と擁護を込みするような評価を与えられている。南

関連動画

▼糜芳擁護派ハイパー擁護タイムはじまるよ

補足

コーエー三國志シリーズにおける糜芳の力一覧。

力一 統率 政治 身体 運勢
三國志 85 39 36 93 65
三國志II 61 23 13
三國志III 63 25 18 10 59 21
三國志IV 60 66 24 19 22
三國志V 68 40 16 22
三國志VI 58 65 37 18 19
三國志VII 62 36 26 18
三國志VIII 62 36 28 34
三國志IX 55 56 31 25
三國志X 57 62 31 27 18
三國志11 54 61 32 23 23

「・・・初代は・・・武85なんだな」糜芳

コーエーは演義だから仕方ないさ」陳到

「今だに名前傅士仁なんだぜ」士仁

皆勤賞ってだけでもいいじゃないですか。私なんかまだ出番ないんですよ」

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 153ななしのよっしん

    2021/10/05(火) 10:33:28 ID: ZvS3l27p0y

    >>134
    横山だと関羽パワハラヘイト買うような事の多くがカットされてるからね
    だからこそ横山三国志は老若男女しまれているのかもしれないけど

  • 154ななしのよっしん

    2021/10/05(火) 12:19:38 ID: zwktvxvhKJ

    まあ普通に考えたら襄陽太守・前将軍
    太守に対してせいぜい軍事面で口出しはできても
    政治的な対処なんて出来ないよね

  • 155ななしのよっしん

    2022/03/24(木) 23:09:45 ID: BLCwvKBhOQ

    関羽糜芳士仁との潜在的な敵対関係を抱えていて、後方支援を拒否されるレベルに達していた事
    ②そんな状態で関羽が出撃した事
    ③①②について、"関羽が「後で処罰してやる」と発言してそれに対して糜芳士仁ビビっている"事まで全部孫権に駄々洩れで後ろから謀略を巡らされた事
    ④一方で関羽孫権曹操に臣従したことすら知らない事

    ①②も確かに問題だが、③④がまずすぎる
    この情報格差で勝つのは

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/29(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/29(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP