今注目のニュース
【爆笑】テレビ会議後に画面を切り忘れた男性が面白すぎることになっていたと話題に!
古市憲寿氏 新型コロナ感染者「謝る必要ない」発言が話題
便秘気味のネコを病院へ→まさかの解決法にほっこり! ネコちゃんの便秘解消エピソードを描いた漫画

糞野郎単語

クソヤロウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
未成年の閲覧注意 この記事はショッキングな項を扱っており、
未成年者にはふさわしくない記述が含まれています。

糞野郎とは

『糞野郎』とは、ゲイビデオメーカーAcceedから発売されたスカトロホモビデオである。

概要

今回は『男の子』ではなく『』をテーマとして野郎達を塗れに!さらには本格的なSM的要素を大幅に取り入れたSMスカトロ作品です!思わずを逸らしてしまいそうになるほど衝撃映像です!

真夏の夜の淫夢Wikiより引用

~とおる~
IKUZE10に出演したイケメンのとおる君がスカトロに初挑戦!とおる君の肛門から捻り出てくる恥辱の脱糞シーンをじっくりと鑑賞していきます。自分のの臭いを嗅がせ、口に含ませてゴックンまでのフルコース水槽に入ったとおる君の顔面掛けて5人の脱糞モデルが極みにまで汚していきます。顔面や引き締まった身体を汚されながら、極太のマラをじっくりと撫させられる。さらにはに溶かしたを口に流し込まれ、苦痛にむ表情。口とケツマンコを塞がれながらイケメン漬けにされながら弄ばれていく。塗れにされながらも感じている表情がエロいです。水槽内で漬けにされながら絶頂まで向かっていく。

つとむ
輪姦合宿-らの夏休み-』に出演した人気イケメンモデルつとむ君。インタビュー後に一人掛けのソファの上で浣腸脱糞をさせます。自分のを手に取らせ、口に含みゴックンは当たり前。首輪を着けながら顔面を踏まれながら、恥辱に満ちた表情で床に落ちため取らせ、両手を格子で繋がれながら口にダイレクトをされていきます。さらに開口器を使ってチンポから直接小便を流し込み溺れさせてグチャグチャにしてしまいます。笑顔可愛いつとむ君がと化した姿のままケツマンを掘りあげられながら、汚されていきます。屋の中で尿に塗れながら甘いで鳴きながら絶頂に堕ちていく。

まさと
アクシード作品に初出演のまさと君がスカトロに初挑戦。コンクリートの打ちっぱなしの地下に用意されたマットレスに連れて来られたまさと君。塗れになる前に二人のモデルに敏感な身体を丁寧に撫される。ギンギンに起ったチンポをしゃぶられながら浣腸を二つ入れられ慢に表情がむ。ついに慢できなくなり、その場でくだした脱糞真っ白シーツに映える。自分から出たものに嫌がりながらも顔を近づけ臭い、味、感触を確かめさせる。さらに他人との違いを脱糞モデル二人が捻り出すを両手一杯に受け止めさせて知っていく。 鼻に詰められた臭いや口にねじ込まれる味、身体に塗られていく感触に嗚咽しながら、小便を顔にかけられ塗れのチンポをしゃぶらされる。セックスをしながらもは随時追加されていき、いたり臭いに慣れる暇を一切与えない。爆音と共に大放出される大量のを全霊で受け止めさせていきます。さらにはが出る肛門を舌でペロペロさせておねだりさせ、ご褒美にを与えモロ感のケツを犯されていく。に塗れながらも18cmマラガチガチ勃起し掘られながら絶頂へ…。最後は顔面に精液ぶっかけられ、口に含んでいく。あんなに嫌がりながらも、スカトロへ魅了されていく様子を是非ご覧くださいませ。

Acceed提供するハードコア作品群「BLACK HOLEシリーズの第五弾である。

じゅんぺいつとむなどが出演。Acceedはこの作品を最後にスカトロ作品は作らない予定であったが、ユーザーからの「強い要望」により、「BLACK HOLE 8 糞喰漢」が作られたのであった。

後の糞喰漢インパクトが絶大であったためか、今ひとつ影に隠れてしまった感がある、不運な作品である。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/04/05(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/05(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP