今注目のニュース
ビットポイント、仮想通貨流出で緊急会見 「原因は調査中」 ホットウォレットの秘密鍵、窃取か
ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度は...作者に聞く
「おがすげなものは投げねでけろな」 山形弁全開!他県民には難解すぎる注意書きが話題

紅 kure-nai単語

クレナイ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『紅 kure-nai』とは、片山太郎によるライトノベルイラストイラストレーター漫画家山本ヤマト
集英社ライトノベルレーベルスーパーダッシュ文庫により2005年に刊行され、2015年に同社で新設されたダッシュエックス文庫から新装版が発売された。
既刊4巻。2巻以降は副題として、それぞれ2巻「~ギロチン~」、3巻「~醜悪祭~」、4巻「~~」がつく。
オフシャルファンブックも発売されており、原作版設定に合わせてアニメ版の設定も掲載されているほか、3巻の後日談である「祭の後」も収録されている。
なお、3巻はスーパーダッシュ文庫では上下巻だったが、新装版では一冊にまとめられており、オフシャルファンブックのみに収録されていた後日談も合わせての刊行となった。

漫画化、アニメ化OVA化、ドラマCD化されたが、いずれも原作とは異なる点が多い。
漫画化は原作イラストを担当する山本ヤマトによる。

作者ライトノベル、『電波的な彼女シリーズ世界観を同じくする、クロスオーバー作品でもある。

概要(あらすじ)

主人公九郎(くれない・しんくろう)は16歳高校生だが、同時に裏世界の稼業でもある揉め事処理屋を営んでいる。
揉め事処理屋とは、ペット探しから犯罪までありとあらゆる揉め事を解決するスペシャリストである。
ある日、九郎は命の恩人であり揉め事処理屋の大先輩でもある柔沢香(じゅうざわ・べにか)からの紹介で、とある少女の護衛をすることになる。
その少女とは、世界有数の大財閥・九嬢、九(くほういん・むらさき)だった。
九郎とは、様々な事件に巻き込まれていくことになる……。

関連動画

動画少なすぎるんじゃ^~

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP