紅林麻雄単語

クレバヤシアサオ

2.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

紅林麻雄とは、静岡県警が生んだ英雄である。

過去の栄光を記した概要・・・?

日本警察史上屈の名刑事われる存在。

戦前からその警察官としてのは高く、戦中の難事件とされた「浜松連続殺人事件」をはじめ、数々の事件を解決し、表も数多い。

中でも特徴は取調べであり、最大の拠である「自」をどんな悪犯、偏屈人間からも引き出し、解決に導く高度な捜方法を考案している。

推理も非常に高く、わずかな手がかりからトリックを暴き、被疑者の部屋の本などから拠を得ることで、言い逃れのできない拠を突き止めるにも長けていた。

有名な解決事件に、 幸事件、二俣事件、小島事件、島田事件があり、このうち二俣事件では関係者の自宅に火を放った少年をも暴き出している。

このような数多くの功績を残しつつも、1963年に惜しまれつつ定年を迎え、同年すべてが終わったことを見届けるかのように不慮の死を遂げた。

かの田事件を解決に導いたのは彼の部下でもあり、その捜手法は現在でも生き続けている。

というのが、1960年代までまことしやかに信じられていた。

しかし、その実態は・・・

拷問王の概要

紅林麻雄とは、静岡県警が生んだ拷問王、捏造である。

数々の冤罪事件を生み出した本人で、500回以上の表を受けたが、そのほぼ全てがアリバイ崩しの捏造秘密の暴露の偽装、ありもしない真実のでっちあげと言った違法行為そのものによって得られた紛い物の解決であった。

その大きな捜手法の特徴は、たまたま事件現場近くに住んでいた何の罪もない一般人逮捕すると、焼火での焼印、バケツへの排物垂れ流し、白紙調書への自作供述の作成とそれを強引に認めさせる脅迫じみた取調べ、と違法行為、拷問行為によって理やり「自分がやった」と言わせる事で「そらみたことか、お前犯人だ!」と先入観、独自解釈のみで捜を進めていたことにある。さらに、長期拘留で精的に追い詰め、拘置所部屋も劣悪な環境とすることで「解放されたいがための自」となった例も数知れない。

この「式捜、取調べ手法」は悲しいことに現代にも生きており、数多くの痴漢冤罪事件や近年話題となったPC遠隔操作事件の誤認逮捕などはこの「自強要」の手法が未だに根強いことがその冤罪被害者の口からもられており、日本警察負の遺産徴ともなっている。

なぜこんな違法行為がまかり通っているのかいうと、今も昔も日本式裁判の有罪率が高いことはご存知のとおりであるが、それに加え当時の法医学者古種基が多くの鑑定データ捏造したとも言われている。さらに、裁判において検察側に有利に働くのがやはり「自」であり、日本刑事裁判の多くが「自偏重」に偏りがちな点、そして式捜警察、検察、裁判所にとって「自分たちに都合がいいデータが出てくれる」ということでほぼ黙認されていた点もその冤罪発生に拍をかける形となっている。

上に挙げた二俣事件では、その捜に疑問を持った山崎兵八刑事が内部告発を行ったが、そのことで警察を懲免職となり、自宅を燃やされた。その際に逮捕されたのが山崎刑事の次男で、彼は「に長靴の男が入って行くのを見た」と言したが、はそれを「に決まっている!お前がやったんだ!」と聞き入れず、長時間、さらに何人もの男で寄ってたかって「やったと認めろ」という執拗な取調べ、そして決定的だったのが空腹少年の前に親子丼を差し出し「自分がやったと認めれば食わせる」という悪魔ですらを背けるであろう非行為で少年の罪を「認めさせた」。次男は「自分が犯人だ」と言った後に同席した父親が恐ろしいことを行ったことはわかるが、そのときの記憶全にくしており、今でも親子丼を食べることができないという。

このほか、幸事件では、本来警察しか知りえない死体の隠し場所をわざとわかるように工作し、犯人と仕立て上げた男に犯行を認めさせている。

島田事件や小島事件に至っては物的拠が何一つい中で有罪判決の決め手になったのが「自調書ただひとつ」という状態であり、拷問捏造によって作られた調書が罪も男性自由を何年もの間奪った。

このような悪事を行っていただが、晩年にはその冤罪の数々が暴かれ、警部から2階級降格となり、幸事件の無罪判決が確定すると逃げるかのように警察を依願退職。その後、脳出血でこの世を去り、最後の最後まで自身が行ったその行為そのものが法の下で裁かれることはかった。

袴田事件と紅林麻雄

直接関与していない事件ではあるが、2014年に大きな話題となった田事件は彼の部下だった刑事田に自を強要させた。拠を捏造した疑いが強いとも言われ、再審決定の決め手になった「5点の衣類」に至っては地裁自体が「捏造の可性」に触れ「このまま彼を拘束し続けるのは著しく正義に反する」とまで論じるという異常事態となった。まさしく、今問題になっている児童虐待における「虐待の連鎖」「暴力の受け継ぎ」でしかない。

こういった冤罪事件を防ぐためにも、日本法はもっとオープンになるべき、取調べの可視化を行う必要があるいうがある。
田事件の大きな動きを見て、民の皆様、警察法関係者様も冤罪について今一度お考えいただけないであろうか?

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

紅林麻雄に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/06/10(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2023/06/10(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP