紅楼夢単語

コウロウム

2.6千文字の記事
掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

紅楼夢とは、18世紀頃、中国清朝時代に書かれた長編小説である。

東方Project同人イベントについては「東方紅楼夢」をご覧ください。

概要

~女做的 男子是泥做的 見了女便清 見了男子便覚濁臭逼人~
(意訳:「女の子の体はでできている だけど男の体は泥でできている。
女の子に会うと爽やかな気持ちになるけど 男に会うと汚いし臭いしマジきつい」)

18世紀頃、中国清朝時代に口体で書かれた長編小説。執筆された当時の原題は『石頭記』。一般に曹の作とされるが異説もある。また、現存している全二十話のうち、曹の手による部分は前半八十話のみとされる。

内容は主人公である賈 宝玉(か ほうぎょく)と従妹 (りん たいぎょく)との悲であるが、単なるロマンスとしてより、当時の上流階級の生活や登場人物の交情などの緻密な描写が文学作品として高く評価されている。この作品を研究する者も居り、「学者」と呼ばれた。中国では『西遊記』『三国志演義』『水滸伝』の三つと並んで、『四大名著』の一つに数えられる。ちなみにこの『紅楼夢』を外して『』を入れると『四大奇書』と呼ばれる。

当時の官僚政治への批評的内容を含んでいるためか、もしくはその艶やかなストーリーが問題視されたか、はたまた熱狂的ファンによる過熱気味の人気(後述)を抑えようとしたのか、一時は禁書定されてしまった。現存する後半四十話の作者が前半と異なるのは、禁書になっている間に八十話より後の原稿が失われ、さらに禁書が解除された頃には曹が病死してしまっていたためとも言う。

ちなみに日本語訳も数種類出ているが、少年向けの訳では男女の関係など刺的な部分がオミットされている場合もあるようなので、読む前にその翻訳版の評判についてよく調べよう。

内容

長編であるため多数の登場人物が居るが、特に多くの美少女美女が出てくることで有名。

病弱げな美少女だがツンデレ(後にヤンデレ)なメインヒロイン 」、才色兼備人格者ライバルである玉からも好かれるほどの優しさを持つ第2のヒロイン薛 宝釵」、男の子を着たりする元気なおてんば」、である主人公のことを常に案じている女で主人公の初体験の相手でもある「 襲人」など、様々な個性を持つ美少女キャラが多数登場する。

「賈」御曹司である主人公賈 宝玉」は、自らのが所有する広大な庭園に住み、その庭園を舞台にこれら多くの美少女美女達と交流していく。ちなみにこの主人公は学問の才がありやればできる子なのだが、勉強を嫌って女の子と遊んでばかりいると言う割とダメな少年である。

この記事冒頭のダメ人間台詞は彼の台詞の抜であるが、この小説を読んできた歴史上の数々の中国人たちの心にこの名言が深く刻まれていたことであろうと思うと感慨深い。また、彼は前世では上界の人間であり、ヒロインも前世では彼を慕っていた仙女であったりとファンタジー的な設定もある。

ギャルゲーっぽい?

「少しダメな少年が多くの可愛い女の子たちに囲まれて、前世から運命付けられたロマンスを繰り広げる」という内容から、現代の日本オタギャルゲーを連想するかもしれない。実は清朝の頃のこの作品への世間の反応は現代日本ギャルゲーへの反応に似ており、「こんな軟弱な作品はけしからん」と批判する文章も残されているという。

また、この作品を熱狂的にするファンも多く生み出し、彼らは「迷」と呼ばれた。中国語で「~迷」には「~マニア」「~好き」「~狂い」といった意味合いがあり、「迷」は現代日本語に言うと「紅楼夢オタ」といった感じだろうか。「迷」の奇行はいくつか現在にまで伝えられており、「『上界に行ってヒロインに会ってくる』とを飛び出して行方不明になった」「舞台になっている庭園のモデルになった場所を探してそこに聖地巡礼した」「病弱ヒロイン真似て何かと床にせるようになった」などがある。

なお、この作品は終盤では徐々に鬱展開となっていき、最終的には主人公は一人出奔して行方知れずになるというバッドエンド的なラストを迎える。ギャルゲーで例えると鬱ゲーである。これに対抗するように、清朝時代には多数の二次創作小説が執筆され、迷たちに読まれた。その多くはヒロインと結ばれるハッピーエンドであったりハーレムエンドであったりしたという。いつの時代も、どこのでも、オタ行動は似たようなものであるようだ。

Gamebridge版紅楼夢

 紅楼夢は本中国において様々なゲームが出ているが、中でも注といえるのはGamebridge北京娯楽通科技発展有限公司)から販売されているものだろう。
 これは中国リアルチックな絵柄とは違い、日本萌え絵で描かれているギャルゲーで、若干のクセはあるものの充分に萌えられる代物となっている。公式サイトexitで画像も確認できる。
 ストーリー主人公の賈宝玉が前世を追体験した後、記憶喪失が覚めたところから始まり、ヒロイン達と交流しながら記憶を辿っていくという筋になっている。また、前世に置いて結ばれていたのは玉ではない別人になっているのもポイントである。
 原作エピソードを辿りつつも独自の展開に持っていっている面い作品なのだが、いかんせん中国語なので、中国語が分からないと意味が分からない。このため難易度もかなりあがっている。日本語版がリリースされることを深く望む今日この頃であるが、タイ語ではなく漢字であることや原作を参考にできるだけマシかもしれない。強いていうなら大陸簡体字よりも香港の信和中心で買える繁体字版のほうが理解しやすいだろう。

 攻略なのは玉、薛宝釵、史襲人に加えて……ちょっとて待て。なぜにもルートがあるっっっ
 後に「玉与北静王」というボイス付き・CG・文章増強・攻略キャラ増加という仕様の作品がリリースされているが、攻略なのはツンデレメイド雯(セイブン)導士の妙玉、そして北静王……またしても男の増強である。BLゲームの要素も取り入れたということだろうか。その追加版の公式サイトはこちらexit

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/28(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/28(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP