今注目のニュース
9月26日「大腸を考える日」を制定/森永乳業
梶裕貴、宮野真守に憧れ「彼こそがエンターテインメント」
12歳女児が出産 ごみ処分場で暮らす27歳の”祖母”は「娘と孫をここで育てたい」

紅魔館であった怖い話単語

コウマカンデアッタコワイハナシ

掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

紅魔館であったい話

 

紅魔館であった怖い話とは、オクチャブリスキ氏によって投稿された、
東方Project学校であった怖い話二次創作シリーズ動画である。

ストーリー

事の発端は、文々。新聞の発行者である射命丸文が編集長に「今度新聞で幻想郷の七不思議の特集をやろうぜ」と言われた事により始まる。

流石の文と言えども七不思議の事はまるで知らなかったらしく、
仕方なく編集長が七不思議にまつわる話を知っている七人紅魔館へと集めてくれる事となった。

だが、編集長は都合により来れなくなってしまい、文一人が紅魔館で取材をする事になってしまった。

ぶっちゃけ帰りたい・・・」

そう思いつつも、紅魔館へと向かった射命丸文
そこで待っていたのは、七不思議の話を聞く七人・・・

ではなく、そこに居たのは一人少ない六人だけであった。

仕方なく七人を待つ事となった一同であったが、幾ら待っても七人は一向に現われない。

沈黙に耐えかねた文は、

「あの・・・このまま待っていても仕方ないので
そろそろ始めませんか?」

と言い、七人を待たずに取材を始める事とした。

 

語り手

  • 一人鈴仙・優曇華院・イナバ
    ある日、の配達をしていた鈴仙は、いつもにべて配達の量が多かった為に手間取り、
    最後の配達先である博麗神社に着いた時には既に夕暮れ時であった。
    長い階段を上り、やっとの事で神社に着いた鈴仙であったが、幾ら呼びかけてもの返事は返ってこない。
    困窮しているのを知ってか、の代を払えないが為に、どこかに隠れているのではないかと疑う鈴仙
    しかし、姿を隠して捕まえようとしても、霊夢は一向に姿を見せる気配がい。
    流石に日も落ち始め、辺りが暗くなり始めたので観念した鈴仙は、置手紙を残してそこを去ろうとする。
    だがそこで、鈴仙はある物を見てしまうのだった・・・。

  • 二人パチュリー・ノーレッジ
    二ヶほど前の事。
    パチュリーは親身な仲であったアリス・マーガトロイドと、大図書館で恒例のお茶の席を開いていた。
    そこでアリスは、彼女の長年の夢であった全自人形を実現する方法を見つけたかもしれないと、
    そうパチュリーに何気なく告げ、その人形彼女に見せた。
    見た感じは普通人形と何ら変わりのない人形であったが、パチュリーはその人形にどことなく変わった
    雰囲気を感じた。
    だが、人形に詳しくないとの理由で特に気にする訳でもなく、もしかすると既に特別な施術を施した後
    なのかもしれないと考え、親友のアリス完成したらっ先にパチュリーの所に持っていくと約束をして、
    パチュリー人形をそれ以上気にする事はかった。
    しかし、それから一週間後、アリスの身にくも変化が起きるのだった・・・。

  • 三人魂魄妖夢
    白玉楼庭師をしている妖夢は、である西行寺幽々子閻魔に呼び出され為に、一人で白玉楼留守番を
    していた。
    人である幽々子一週間ほどで戻ると妖夢に告げており、事が起こったのはその前日の事だった。
    博麗神社での宴会に招かれた妖夢はそれに参加をしていて、白玉楼に戻ったのは中の二時を回っていた。
    真夜中の、も居ない静まり返った白玉楼
    自分のであるのだが、流石に不気味であるとの考えを払拭できない妖夢は、出来るだけ恐怖を感じないようにと
    しながら自室へと向かっていた。

    そんな時、妖夢に「ボコリ」という奇怪な音を連続してにする。
    侵入者かとあれこれ考える妖夢であったが、考えがまとまらない内に身体は音の方向へと向かっていた。
    そして見てしまうのだった。
    西行妖から出る、その奇怪な音の正体を・・・。

  • 四人風見幽香
    時折、風見幽香が行くというミスティア・ローレライ屋台
    八目鰻メニューのその店は、人間にも妖怪にも利用されているが、割合でいえば妖怪の方に人気があった。
    なので、実は八目鰻の他に、妖怪向けの特別な「裏メニュー」が用意されていた。
    「人」である。
    元々、簡単に人間を狩れる訳もなく、巫女魔法使いに退治される恐れもあるので容易に手に入る代物でもなく、
    それは妖怪でも簡単に食べれる物ではなかった。
    だが、ある日をに、その裏メニューは注文すると毎日出てくるようになった。
    しかし特に集団で人が居なくなったりとか、外の世界から入ってきたという事を、幽香は聞いた覚えがかった。
    疑問に思った幽香は、駄モトで店に人の入手先の話を聞いてみる事にしたのだが・・・。

  • 五人蓬莱山輝夜
    なんと輝夜宇宙人だった!

  • 六人十六夜咲夜
    今は切りとなってしまったが、その昔、紅魔館の近くには大きなの木があった。
    ただ巨大なだけで何の邪魔にもならなかった木だったが、ある日、その木に野鳥の群れが住み着いてしまった。
    騒音を出し、ゴミを散らかし、終いにレミリアの日を汚してしまった為に彼女逆鱗に触れ、
    ついに木は切り倒されてしまう事となった。
    野鳥に困り果てていたという事もあって木を切り倒す行為にはも反対はせず、木は美鈴が切り倒す事となり、
    作業はその翌日から始まった。
    それからである、咲夜かに見られているのではないかと視線を感じるようになったのは。
    だが特に気にしようとはせず、それを努めて忘れようとする咲夜
    しかし作業が進むに従って、違和感はどんどん大きくなる。
    静止した時間にまで割り込んでくるそれは、既に彼女にはどうする事も出来なくなっていた。
    そして、その現は作業が最終段階まで進み、木が焼かれる事によって最高潮に達する・・・。

  • 七人レミリア・スカーレット
    七不思議の七人は、館のレミリア・スカーレットその人だった。
    彼女は、七不思議の最後の締めくくりとして館の近くので、亡霊を見た事があるとの話をする。
    そして近くにあるのだからと、皆を連れ出してへと向かう。
    霧の湖と話を聞いていた一行だったが、そのにはは一切かかってなく、対まで見渡せる程であった。
    そこは、新となると巨大なが釣れるとされ、同時に釣り人がよく行方不明になるというく付きの場所で
    あるとレミリアは告げる。
    果たしてそれが、レミリアが見たという亡霊に何か関連しているのか?
    疑問に思う一行に対して、レミリアはぽつりぽつりと自分がその亡霊を見た時を口にする。
    それは、今日のような新の晩であったと・・・。

     
  • AnotherEnd霧雨魔理沙
    しもが諦めかけていた七人
    唐突に開け放たれたドアから入ってきたのは、泥棒魔法使い霧雨魔理沙だった。
    集会の事を忘れていた為に遅れたとの事だが、自身は全く気後れする事もなく
    文に急かされるようにして魔理沙は七話を話し始める。
    彼女が使う強な破壊を有する魔法の数々。弾幕パワーだと発言する程自慢の威
    その魔法の破壊を出す為に必要不可欠なのは、実はだという。
    彼女が住む魔法の森で当然手に入る物なのだが、当ての物が見つからない時は遠出もしていた。
    その日もそうだった。
    レアが群生している場所を見つけた魔理沙は日が暮れるのも忘れ、
    夢中になってを採取していたのだが、気が付くと時刻は深夜を過ぎていた。
    その深夜過ぎのの中で、魔理沙は奇怪な音をにする。
    それは物をくような音。
    この時刻、それも人里離れたの中に居るような輩は、人間とは考えられない。
    そう考え、八卦炉を手にする魔理沙
    普段から周りの人達を困らせている彼女の旺盛な好奇心
    それを抑える事が出来ずに、魔理沙はその音の出所へと足を進めてしまう。
    それが大きな過ちであるとは知らずに・・・。


2010年夏の特別編

恐らく上記のメインストーリーとは時系列を別にするアナザーストーリー
七人のり部などの設定はあまり関係なく、純に一話の怖い話を描いたものとなっている。
紅魔館での取材と似た形で、慧音怖い話を披露する。 

  • 上白沢慧音 
    一軒のが人里の近くに幻想入りした。
    しい具などが入っており、造りもしっかりしていることから、
    住んでみたいというが人々の間で上がり、やがてある4人家族が住むことになった。
    しかし一家は、引っ越して数日後、然と姿を消してしまう。
    それどころか、その後入居した人間はみな一様に、数日で姿を消していった。
    事件に巻き込まれた様子はなく、 具どころか食べ物さえもそのままに人間だけが姿を消していた。
    次第に人々の間で気味悪がるが強まり、結局、代表として慧音が、霊夢に調を依頼する。
    渋々ながらも引き受ける霊夢。 やがて慧音彼女とともに、件の民家を訪れる。
    足を踏み入れた間、何とも言いがたく不気味な感覚に襲われる慧音
    一方で霊夢は、について何か納得したような様子で、静かに歩を進めて行く。
    やがて、彼女が明かした、の秘密とは? 

関連動画

掲示板

  • 20ななしのよっしん

    2012/12/29(土) 02:00:59 ID: yFBwJtaCQl

    東方あまり知らないままに学怖経由でシリーズを見てみたんだけど、
    キャラクターの設定とかを深く知らないと楽しめない話みたいだね。
    楽屋落ちやどこかで聞いたような話が多くて、
    どこを怖がればいいのかってのが正直な感想。

    BGMや演出は良かった。手描きの絵も雰囲気作りに役立ってたと思う。
    一本一本が短いのも手軽に見れて良かった。

    こちらの勉強不足が祟った感じ。東方の設定を理解してれば、ちゃんと楽しめたんだろうな。

  • 21ななしのよっしん

    2013/01/23(水) 18:46:27 ID: /x6UHTyr3i

    1で鋼鉄の咆哮BGMが使われているのも追記しておくべき
    鋼鉄の咆哮2からステージBGM2つとヴリルオーディンBGMが使われている
    投稿者はピクシブ鋼鉄の咆哮の絵を何枚か描いてる人だったからファンなのだろう

  • 22ななしのよっしん

    2013/03/31(日) 01:05:49 ID: cFZkb7roLs

    ふと思ったんだけど、
    蓬莱人食ったら食べた不老不死になるんじゃないのかな。
    妖怪だと勝手が違うのかな?

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 07:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP