今注目のニュース
飛行機客室 空気はどの方向に流れる? 2大航空機メーカーが回答 搭乗時のポイントは?
コロナでお墓参り代行が活況 「バチ当たらないのか」お坊さんの本音を聞いた
【漫画】うつらうつらで制服に着替えて登校した娘 帰宅後、洗濯しようと脱ぐと…「うちの子も同じ」

紫色のクオリア単語

ムラサキイロノクオリア

  • 0
  • 0
掲示板をみる(46)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『紫色のクオリア』とは、うえお久(著)/綱志朗(絵)のライトノベル作品である。

概要

原作小説2009年7月電撃文庫から発行された。以下の三編(実質、二話+エピローグ)から成る。

「“少し不思議な”日常系ストーリー」と謳っているが、『毬井についてのエトセトラ』後半で急展開を見せ、さらに二話の『1/1,000,000,000のキス』では、あるを身につけた学が友人のゆかりを助けるために奔走する、大きなスケールながらテンポよく展開する平行世界物となっている。

コミカライズ版はコミック電撃大王 2011年3月号より連載開始。原作イラストを担当した綱志朗による。2012年2月に発売されたコミックス1巻は、原作の『毬井についてのエトセトラ』の最後までの内容。

あらすじ

毬井についてのエトセトラ

自分以外の人間がロボットに見える少女、毬井ゆかり彼女友達である波濤学は、ゆかりと共に少し不思議な日常生活を過ごしていた。やがてゆかりの「見え方」をめぐって事件に巻き込まれていき――。

1/1,000,000,000のキス

特殊な才を持った子供を保護育成する組織「ジョウント」から留学してきた少女アリス彼女もまた特異な「感じ方」を有しており、自分と同じく才を持ったゆかりスカウトするために来たという。悩んだ末に、学はゆかり背中を押すことになるが――。

登場人物

一部の登場人物名に、日本初のロボット学天則」から一文字ずつ取られている(コミックス1巻巻末の解説より)。

毬井ゆかり
自分以外の人間がロボットに見える少女。この才により、他人の(本人さえ気づいていない)特技を言い当てたり、趣味プラモデルを説明書も見ずにすばやく丁寧に組み上げるなどの特技を持つほか、警察の捜に協して参考意見を提示するなどしている。
他人には「見え方」を隠している。奇矯な行動を取ることがあっても、外見が小柄で可らしいこともあり天然マスコットキャラ的な扱いを受けている。
波濤学
本作のり手。ゆかりの友人であり、彼女の「見え方」を知りながらも受け入れている。称は「ガク」(名の読みは「マナブ」だが本人は気に入っていない)。
(以下ネタバレ反転
ゆかりに「修理」された際に左手携帯電話を埋め込まれたことで、それを使用して平行世界の自分と会話するを得た。このを用いて、数の並行世界の自分と協しながら無限の可能性をたどり、ゆかりを救うために奔走する。
アリス・フォイル
「ジョウント」より、ゆかりスカウトするために留学生として送られた少女。11歳にしてすでに大学を、それもアイビー・リーグを掛け持ちで卒業している。
数式が絵に見えるという特異な感じ方を有している。自分と同じく才を持つゆかりと仲良くする一方で、他の人間を「凡人」と呼び軽蔑している。
条七美
ゆかりの「見え方」を知っており、過去の因縁を匂わせながらもの敵にしている。
加則智典
脇役だが、なぜかカラー口絵に登場している(当初のプロットではもっと出番があったらしい)。
特徴もなく立たない男子であるが、ゆかりで見ると「大きくて、ぎらぎらしていて、見ているだけで震えちゃうような、いまは止まっているけれど、いざ回転しだしたらもうどうにもできないぞ、って感じ」のドリルを持っており、密かに憧れているらしい。

関連商品

コミカライズ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 44ななしのよっしん

    2020/01/06(月) 18:11:50 ID: RS35QHGq+0

    イラストゆかりの瞳に学が映り込んでるんだよね
    もう表の時点で"観測"しているという

    >>34
    そうそう、ゆかりの問題はあくまでゆかりが当事者として解決すべきであって、学がなにをどうしたって救えるものじゃないんだよね
    だから学ひとりでどうにかするのではなく、最後には「一緒に立ち向かおう」と言えた
    そこに至るまではゆかりに対して一方的過ぎたから問題が解決しなかったっていう
    SFとしても素晴らしいけどやはり本題は2人の関係なんですよね

  • 45ななしのよっしん

    2020/05/14(木) 19:59:10 ID: 2NDdJ6qXQP

    >>44
    よく見てみると「ニンゲンの学」と「ロボットの学」が両方見えるな

    学が徐々に人間をやめていく様に鳥肌が立った

  • 46ななしのよっしん

    2020/05/14(木) 23:01:40 ID: lC5ZEQO0xf

    学を治療するとき
    学はバラバラになっている世界観にいて
    ロボットである学がバラバラになっている世界観にいる
    作中では人間原理が強に存在しているので学の世界観は修理されている間死なない時点で世界観の下位交換に過ぎない
    この関係は学が最終形態になろうが見破られた時点で覆ってはいないので
    結局、学では主観世界に起きる事人生一方的を与えることはできず対話や説得でゆかり自身から行動してもらわねばならない
    今読んだ感じだとこんなかなとも思う
    SSSS.グリッドマンなんかも似たようなアプローチだったんじゃないかな
    神様世界の住人の行動を変えたいなら結局は神様に自分の意思を変えてもらわなければならない

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/16(日) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/16(日) 05:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP