細川ガラシャ単語

ホソカワガラシャ

6.5千文字の記事
掲示板をみる(80)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

細川ガラシャ」(ほそかわがらしゃ 1563-1600)は、戦国時代安土桃山時代女性

明智光秀三女で、戦国大名細川忠興の正室。諱(いみな)はたま(玉/珠)
法名は院(しゅうりんいん)。また、「ガラシャ」は伽羅奢」とも書く。

ちなみに「細川ガラシャ」というのは明治に入り、キリスト教徒により呼ばれて広まった呼び方である。
本来は「細川忠興正室 たま」とするのが正しい。
(当時の女性は夫の苗字を名乗らない。また、名が伝わる事の方がしい)

「ガラシャ」とは、キリスト教宗した際に付けられた洗礼名である。
スペイン語の"Gracia"、あるいはラテン語の"Gratia"であり、ともに「恩恵」「恵み」の意味を持つ。
マリアへの祈祷『アヴェ・マリア』などにも登場する文言。今に発音するならばグレイシアになる。

戦国の世に生まれ、波乱に満ちた生涯を送った女性である。

概要

生い立ち~流転

1563年(永6年)、明智光秀三女として産まれる。は煕子。
兄弟姉妹については諸説あるが、上に2人、下に1人・3人がいたと『明智軍記』にられている。

1578年(正6年)、織田信長の媒酌により、15歳長岡忠興(後の細川忠興)のもとにぐ。
明智長岡細川は共に足利将軍織田に仕え、光秀長岡(後の細川幽斎)は盟友であり、家族ぐるみでの付き合いがあった。
夫とは仲がまじく、後に3男2女に恵まれている。

夫・忠は順調に功を重ねていたが、1582年(正10年)5月光秀本能寺の変を起こしたことで状況は一変。
君を弑した光秀から助を乞われた孝と忠は共に髻を切って織田信長を弔い、明智には同心しない事を内外に示した。
しかしたまは離縁される事なく、丹後・味土野(みどの)の山深くに閉される。これは忠彼女を深く愛していた事、明智に戻した後、命の保が出来なかった事が理由とされている。

逆臣のうことは、明智との内応を疑われて逆賊の仲間入りという、細川にとってはマイナスでしかない要因だった。実際、織田臣の津田信澄信長・信行の嫡男)は、光秀婿であった事を理由に、本能寺の変から僅か3日織田信孝丹羽長秀に襲撃・殺されている。
そのような事情に背いてまでの処遇から、それ程までにが強かった事が伺える。

暮らしの侘しい歳を、女の清原マリアらと共に過ごしたたまだったが、山崎の戦い光秀を討った豊臣秀吉下に号をかける段階になると、ようやく許されて夫のもとに帰ることが出来た。しかし忠臣に命じてたまを見らせ、屋敷の外に出る事を禁じたという。
このあたりの忠意については確たる史料もなく、後世の創作や想像に拠る説が多くある。「逆賊の」である妻を衆して恥をかかせたくなかった、名に傷をつける事を避けた、嫉妬と執着から妻を余人に見せる事を嫌ったなど様々な説が唱えられているが、いずれも巷説の域を出ず、史実の如くられるべきではない話である事には注するべきである。

キリシタンとなる

たまがいつ、の導きでキリスト教宗したのかについては諸説ある。

当時は夫のに背いて宗するなど言断の話だった。まして伴連追放が出た時期でもあり、後々事を知った忠激怒したという話が残っている。その一方で、何かと迷信深く、先の出来事でを患ったたまを心配した忠高山右近を経由してキリスト教を紹介し、それに傾倒していったという説もある。

ともあれ彼女は洗礼を受け、「ガラシャ」という洗礼名を授かった。その見識は、日本人士・コスをして驚嘆させる程高く、屋敷内に建てられた礼拝堂で、女や信徒と共に祈りをげていたという。この事からも、忠は信仰を黙認する形をとっていたと考えられる。
三男・忠利が生まれつき病弱だったのを憂いて洗礼を受けさせ、これに次男・、長女・おちょうが続いた。

九州征伐に参戦していた忠は、帰後に側室を5人持つと言い出すなどした為、これに苦悩したガラシャは離縁を覚悟する。しかし相談を受けたオルガンティノ神父「困難に立ち向かう事こそ徳を積む事に繋がる」と諭し、思いとどまったという。
この辺りの諍いについては意見が分かれる所だが、ガラシャが一切の後ろなく(むしろ光秀である事はマイナスでしかない)正室の座に留まり続けた事から、決して軽い扱いではなかった事がい知れる。

補足:
側室を持つという慣習については誤解が多く、キリスト教の教義や現代の感覚に照らし合わせれば非難される向きもある。先に述べた「ガラシャの苦悩」もキリスト教側の視点である。
原則として側室は使用人の扱いであり、正室の許可がなければ持つ事は出来なかった。また側室に子を産ませ、他の子らと結婚させる事で閨閥を結ぶ事、裏を返せば人質として有事に備える事は政治上重要な戦略だった。
所縁ある他を守る為に側室にする事もあり、側室のうちの丸、郡宗保)、小也(明智光忠)はそうした経緯で側室に迎えられたという説もある。

最期

1598年(慶長3年)、豊臣秀吉が死去。翌年に前田利家が死去した後、石田三成徳川家康の間で政争が顕在化する。
1600年(慶長5年)、上杉討伐に向かった家康の背後をつく形で挙兵した三成は、まず諸将の妻子を人質に取って動きを牽制しようと画策する。そしてっ先に矛先を向けたのが、かねてより不仲の細川忠興の屋敷だった。
当時細川は当・忠元、長男・忠、次男・が、徳軍と共に会津に向かっており、隠居した斎も妻・麝香と共に丹後田辺を守っていた。三男・忠利は徳方の人質として江戸城に入し、大坂玉造の屋敷には、ガラシャとその女、忠の妻以外にはわずかな臣しか残っていなかった。

石田軍はガラシャを人質として差し出すよう再三要してきたが、これを細川が拒否した事から実行使に打って出る。
押し寄せる軍勢を前に覚悟を決めたガラシャは、後事を託した女らを脱出させた後に自害キリスト教において自殺は罪であるため、臣の小笠原少斎に自分を殺させたという。享年38。
邸内に火を撒いて火を放った後に臣らも互いに刺し違えて自害、屋敷は爆発炎上して焼け落ちた。

彼女の壮絶な死に驚いた三成は、その後人質を取る方針を取りやめる。この間に黒田長政福島正則らの子女、徳川家康の側室・阿茶局らが大阪を脱出する事に成功した。

その後

ガラシャの死から一年後、忠オルガンティノ神父に依頼して妻をキリスト教式の葬儀で弔い、一族を伴いこれに参列した。
また、禁教によりキリスト教が迫されるようになるまで、転封先の豊前小倉ではキリスト教宗教施設を保護し、セスデス神を初めとした信徒らを厚遇し、妻の菩提を弔ったという。その後83歳で没するまで、忠は継室を迎える事はなかった。

ガラシャが自害した一方、長男・忠の正室・千世(前田利家)は脱出した事に怒った忠は離縁を命じ、従わなかった彼を嫡。の養子となっていた次男・ではなく。三男・忠利を督に据えた。
これが今に続く肥後細川細川護熙(元内閣総理大臣)らに繋がる流れである。その後忠細川として続き、政治評論家細川隆元やその甥・細川一郎などにより、ガラシャの血脈を現代に伝えている。 

今に伝わる辞世の句

散りぬべき 時知りてこそ 世の中の なれ 人も人なれ

この句を読む限り、自分の人生を悟っていたのかも知れない。

墓所は京都府・大徳寺高院と熊本県・泰勝寺跡。
ともに夫・忠と共に奉られ、静かな眠りについている。

人柄・逸話

人柄については、意外にも「気位が高く怒りっぽかった」という話がある。もっとも、キリスト教宗した後は穏やかで耐強くなったとも。

聡明な女性であり、修士をして「これほど明晰かつ果敢な判断ができる日本女性と話したことはなかった」と言わしめた。
現存する手紙「細川ガラシャ消息」は茎の跡もうるわしく、贈答品の御礼や子の息災を尋ねるなど、忠の正室として善く内々の事を執り行っていた事が伺える。

大変美しく、夫とも似合いの夫婦だったと伝えられている。
その一方で、苛で気の短い事に定評のあるの妻として、それなりに苦労した逸話が存在する。
とかく「ヤンデレ」としてイジられがち細川忠興だが、前述の通り、深い情があった事が伺える。そもそも忠無知昧で偏執的で愚かな輩であるという話の出処は、ガラシャを「悲劇の殉教者」としてヨーロッパに伝えた宣教師の書簡であり、ガラシャageと同時にsagesageられたという背景がある。
おかしい逸話には、大体そんな誇があるのが普通ですDQN政宗とかね。

とは言え、それでは済まされないような苛な逸話が伝わっているのは事実なのだが……

  • 庭師がガラシャの美しさに見惚れたところ、忠られてしまった。(一説には伴連追放にも関わらず、邸内で祈りをげる姿を見られた為に口封じしたとも)
    更にその首をガラシャにつきつけたが、当の本人は然としていた。お前のような女だ」と忠が言うとの女房には相応しゅうございましょう」と切り返したという。
  • 好色で知られる豊臣秀吉が、美女と名高いガラシャを放っておくはずがないと考えた忠朝鮮出兵の遠征先から秀吉の誘いには乗らないように」と再三手紙を送って寄越した。
    果たして秀吉の元に呼ばれたガラシャだったが、秀吉の前でわざと転び、をちらつかせて威圧これには流石の秀吉手出しは出来なかった。
  • 別の話として、ガラシャが味土野から呼び戻された後に秀吉挨拶に来るよう要請されたが、ガラシャは秀吉であり、御前に呼ばれたならば懐にて刺し殺す覚悟です」と宣言。驚いた秀吉が忠に尋ねると「妻は男の気質を持つがゆえ(男子の気有者なり)」と返答。秀吉も諦めざるを得なかったという。

……なんだかんだで似合いの夫婦だったのではないだろうか。

創作として

その波乱に満ちた生涯、悲劇的な最期から、後世に様々な創作が行われた。

小説においては、三浦「細川ガラシャ夫人」吉川英治日本名婦伝exit芥川龍之介糸女覚え書exit司馬遼太郎胡桃松本清張「火の縄」などが挙げられる。
多くは悲劇の女として描写される事が多いが、「火の縄」では冷淡で偏執的なガラシャという変わり種が拝める。役があの稲富祐直だから仕方ないね

1981年映画魔界転生監督深作欣二)では、一度死に、恨みを抱いてった魔界衆の一人として登場。
これは映画オリジナルであるが、原作者の山田風太郎をして「その発想はなかった」と脱帽せしめた。
将軍綱を美貌と体で籠絡し、暗君に作り替えていく妖婦の役どころを、佳那が演じている。

漫画においては、山田芳裕へうげものに登場。夫とは喧嘩こそすれ、何だかんだで仲まじかった。
関ヶ原前石田軍が彼女を人質に取ろうと押し寄せた際には「数寄者の妻をなめるでない!」と言い放ち、高山右近から譲り受けたダ・ヴィンチガトリング砲で応戦、臣らと共に壮絶な最期を遂げる(女相手に死人を出した事を恥じた石田軍により、自害した事にさせられた)。
後に妻の死を知った忠は人も憚らず号泣、関ヶ原の戦いにおいて石田三成を前に大魔神化。もぎたてほやほやの島左近の首級をイチローばりの強肩で三成のめがけて投げつけ、三成をSAN値直葬にした。何、史実と違う?へうげものだからいいんだよ。

ガラシャの死はその後宣教師によって欧に伝えられ、戯曲「強き女 またの名を、丹後王女王グラツィア」が作られた。
美しく聡明で敬虔な女王が、野蛮で愚かな夫の悪逆非にも屈する事なく、最後は自らの死によって夫を心させたという、キリスト教を賛美する内容。拭けよ。
この戯曲はオーストリア帝国ハプスブルク達に好まれたというが、政治具として諸外の王室に運命にあった彼女達にとって、心の支えになったとも思われる。

ニコニコ動画の中の細川ガラシャ

ニコニコ動画内では、「忠興ホイホイexit_nicovideo」というタグを付けられることが多い。

戦国無双におけるガラシャ

戦国無双2猛将伝にてプレイアブルキャラクターとして参戦。
世間知らずで爛漫な少女で、何故か雑賀孫市との友情が描かれ、夫・忠とはほとんど絡まない(そのためなのか細川という姓は付いておらず、名のガラシャのみの参戦である)。
デザインゴスロリ武器無双シリーズ初の素手+魔法閉や立てこもり→出、箱入り娘→本当にの中に入っているという発想を逆転させる大胆なアレンジキャラ付けされている。
その為、各所を放蕩するなど自由に振舞っている。

3では存在が消されてしまい全光秀泣いた
と、思いきや、3Z・猛将伝で復活。やったね!光秀
猛将伝・3Zでは光秀にくっついて行動しており織田軍の合戦に参加。モブ武将の細川忠興と絡みが増え、全ステージに何かしらの形で登場している。ガラシャは忠を「婿殿」と呼んでいる。
chronicleでは忠とのれ初めがDLCステージにされ、婿探しの為にを飛び出した中に出会った忠お見合いで再会するというオチである。

4では四国の章に光秀の縁で登場し、魔性の女・小少将興味を持ったことで彼女を慕うようになる。毎回あった大坂屋敷のステージ無印ではなしで山崎の戦い以降は出番がなくなっていた。
4-2では自身が中心となる百花繚乱の章で活躍し、女性武将達と勝を集めてアイドルグループを結成してステージを実現、その時のによって大坂屋敷には仲間達が立場をこえて救援に訪れて再び大きな晴れ舞台で踊っている(基本的にギャグストーリーではあるが、史実の流れはそのままで女性達と勝が生き延びているものの特に大勢は変化していない。)。
また小少将役の情の章でも活躍しており、大坂屋敷の一件で助けられてEDでガラシャも生存している。

余談だが、中の人鹿野潤氏)が司馬懿中の人滝下毅氏)と結婚し、ファンを驚かせた。無双OROCHIで共演した折にはそれを意識したイベントもあった。

采配のゆくえにおけるガラシャ

こちらでは夫・忠も登場し、互いに思い合う姿が描かれる。戦国無双とは違って「悲劇の女性」としての面が強いキャラクター設定となっている。
巨大な百合文字通り背負っているが、突っ込んではいけない。

戦国大戦のガラシャ

Ver2.0で光秀と共に織田で参戦。なお夫の忠豊臣である。なおカード名は「お玉」であるが統一名称はガラシャになっている。二つ名が「束縛の」だったり、やたらと台詞に「縛る」という単が使われており撤退台詞が「また、私を縛るのね…」だったりエロい

なお計略の「玉の助け」は隊への計略のため夫とはシナジーしない、光秀とはするが。

Ver2.1では豊臣になり名前もガラシャになった。計略は味方をへ移動させつつ兵を徐々に回復させるというもの。当初は範囲が狭すぎる+本人が低武隊ということもあり採用率は高くなかったが、その後の修正では範囲も善され、選択肢として入るようになった。

Ver3.0では関ヶ原前のガラシャが登場。忠が武断なので彼女も武断ということでスペックは高い。計略は味方の統率を上げる投げ計略で、かかった味方が敵を倒せば忠度が回復するというもの。だが士気2という軽さもあり本人は撤退してしまう。ようやく旦那とのシナジーも狙えるようになってきた。

関連動画


関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 78ななしのよっしん

    2019/04/24(水) 12:51:11 ID: xKYJp8fLer

    100%苦労しただろうけど、ガラシャが謀反人の子という意味合いで虐げられたのは確かだろう

    当時畿内に屋敷持ってた大名のさんはみんなお茶会とか開いて井戸端で見栄をり合っていたが、ガラシャ全にそこからのけ者にされた。
    内閣官房長官といっても言い過ぎではない光秀としてわがままやってきたガラシャにとっては辛い日々だったのは間違いないし、それがゆえキリスト教に救いをめたのがはっきりわかる
    秀吉がバテレンした当時に畿内の方で深く帰依してたのは、そこにしか居場所がなかったから

  • 79ななしのよっしん

    2019/04/24(水) 19:57:56 ID: fMkzowwbGu

    >>78
    実際宗教に傾倒する理由としては十分だが、そこで忠DVされてたって言い方のも違うと思うんだよなー
    わがまま放題なお様が急に罪人の一族に転落ってのが相当ストレスだったのはわかるけどさ

  • 80ななしのよっしん

    2020/02/17(月) 11:47:43 ID: 3f1FaO5OJs

    まあ、室町幕府代将軍なんてさんは敵北条執権だしな
    危険な政略結婚が繰り返された中世にはよくあることだったのだろう
    側室に嫡流を奪われたわけでもないし、待遇は普通じゃね

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/26(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/26(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP