継ぎはぎして「やったぜ。」単語

ツギハギクソドカタ

  • 16
  • 0
掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(16)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

継ぎはぎして「やったぜ。」とは、文学と聴覚の融合芸術であり、知識と関心の結晶である。

概要

2006年8月16日インターネット上のホモ向け掲示板に書き込まれ今ではあまりにも有名になった「やったぜ。」の文章を、「『特定カテゴリの幅広いジャンル』から、音群の一部だけを切り分けて素材化させて」朗読させた動画のこと。
「やったぜ。」については変態糞親父の記事を参照。

「やったぜ。」の朗読といえば2009年投稿された『岡山の変態糞親父 やったぜ。exit_nicovideo朗読動画が最も認知度を得ているが、2014年(筆者の主観的な感覚としてこの頃と記憶している)からニコニコでは変態糞親父変態糞土方とも)に関連した動画が増えていき、同じように声真似での朗読を試みたりexit_nicovideo「やったぜ。」の文章を異なる形式へ改変exit_nicovideoしたり、先述の動画から音声を抽出し動画素材化したりexit_nicovideo、ものづくり系ゲームのプレイ動画でメインテーマに起用したりexit_nicovideoと多種多様に利用され、加えて生先の動画から新たに別の動画へと生するといったように多くの動画を生み出すに至っている。

そして2020年コロナ禍の中、新たな発想を持った動画投稿者が一本動画ニコニコにドバーっと出してきた。
それが『洋楽を継ぎはぎして「やったぜ。」朗読』であった。

もう実質We Are The World

この動画では、「洋楽」というカテゴリに音素材を限っているにもかかわらず音楽ジャンルや世代を問わずに幅広い選択肢から「そう聞こえる」音を選び出しており、「ひとつのことがらに特化した嗜好」と「特定の分野に囚われない広い見識」というある種相反した条件を両立している点が視聴者から高い評価を得ている。
洋楽に対して関心がある場合、「興味のある音楽ジャンルの楽曲や特定アーティスト音楽に深くのめり込む」ということや「メジャーソングミリオンヒット曲に詳しい」といったように嗜好に偏りを持つことがしばしば起こり得るが、音素材の選出にあたってそのような好みの偏りを感じさせず、それでいてワンフレーズいただけで元の楽曲を思い起こさせる聴かせどころもしっかりと押えている。また、継ぎはぎされた音素材一つ一つに対して出典元の楽曲情報を提示しており、投稿者が洋楽に深く突うずるっ込んで精通しているであろうことがそこかしこから伺える。

その後、「洋楽」というカテゴリで作られたこの動画に対して「邦楽」という対照的なカテゴリで同様の試みを行った動画も登場するのだが、こちらも呼応したように多的な分野の邦楽からの素材化を実践している。

ともすれば模倣や二番煎じとも言える動画でもあるが、実は以下のような点を踏まえると先述の洋楽版と対応する部分があるので、インスパイアと言う表現の方が適切とも思われる。


邦楽版における洋楽版との(正直どうでもいい)比較分析

イントロでの導入部に坂本九上を向いて歩こうを採用している。この曲は日本出身者の楽曲としてはビルボードHot100(一言で言うとアメリカ音楽人気ランキング)で週間一位を記録した楽曲であり、洋楽という存在に肩を並べるには二の邦楽と言える。

②本文歌い出しの「やったぜ。」に、洋楽版はOffspringAll I Want邦楽版ははっぱ隊YATTA!を採用しているが、どちらの楽曲もインターネット上の動画コンテンツを経て、前者は日本国内で、後者海外空耳ネタと由来して人気を有した経歴がある。

③「ドバー」の字面から感じる勢いをデスボイスシャウト再現。担当音洋楽版ではSepultura邦楽版はマキシマムザホルモン

④「三人で出した」に洋楽版で二回も自然体を出したSunnyDayを逆輸入し、松任谷由実Sunny day HolidayからそのままSunnyDayというフレーズを採用。

⑤「ああ~~ああ^~)」の読み上げで大胆にも十分な尺を設ける。洋楽版ではLed zeppelinImmigrant song移民の歌)。邦楽版はクリスタルキング大都会。この二曲に大きな共通点はないものの「これがやりたかっただけだろ」と言わせる説得がある。

⑥「気持ちええんじゃ。」の語尾特撮ヒーロー主題歌から「~レンジャー」を採用。洋楽版ではAerosmithAngelからタイトル通りAngelを採用しており、RとLの発音区別はあるもののレンジャー(ranger)という韻を踏める親和性がある。というより、ここに関してはどちらも飛び道具のような単選びで気持ちええんじゃ。

⑦「射精したん」。正直、原文を見ても特別取り上げる部分とは言えない。本来音素材の継ぎ接ぎにあたって尺を取り過ぎるとテンポが悪くなるところではあるのだが、洋楽版ではKillswitch EngageのMy Curseのロングトーンシャウトを採用しており、ここでは直前に射精と言う単が挟まることで射精の快感や絶頂感を持続・強調させる効果を使って居る。邦楽版でも同様に北海道民謡ソーラン節からロングトーンを採用している。音圧としては劣るが元の楽曲を踏まえると洋楽版には出せない独特の情緒が感じられる。

⑧「男汁を出した」の構成は圧倒的音圧重視で構築されており、特にアーティスト重複させずに一文字単位素材を継ぎはぎした強い構成は洋楽版に倣っていて熱いリスペクトをしこたま感じる。

⑨2の「ああ~~」では同じ「ああ~~」でも1回とは装いが大きく変わり、美しく清感のある素材を採用。洋楽版はイタリアオペラ歌手Luciano Pavarotti。邦楽版は日本を代表するアイドル松田聖子。方向性は大きく違うが、日本人オペラがあまり身近ではないことを踏まえると、海外では身近ではないが日本では広く認識されているアイドルの存在は、際文化の対ともとれる。

⑩締めの「だらけでやろうや。」では、洋楽版は本文歌い出しと同じくOffspringAll I Want邦楽版はCHAGE&ASKAのYAH YAH YAH。どちらの曲でも繰り返し「ヤー」と発する楽曲だが、ここで採用されている音素材はどちらも「歌い終わり」の一言を切り出したもので「一連の朗読を終える」という役割を持っている。また余談として、All I Wantの曲を利用したFlash動画DoRaeMooooooooooooN!!!!ラストでYAHYAHYAHのジャケット画像が使われているため、着想としてFlash動画した可性があるかもしれない。

その他、ワンフレーズクリスマスシーズンを感じさせる洋楽版のマライアキャリー素材通し番号124番)と同様、ワンフレーズクリスマスシーズン邦楽版でも山下達郎素材通し番号55番)が再現しているなど、探せばまだまだこじつけを見つけられる可性があるため、もう一度観直したいぜ。


関連商品

1つの動画に200以上の音素材元の作品があるため紹介しきれない。
構成楽曲をまとめたプレイリストを構築できるヤツ、至急開してくれや。

関連動画

原典
 やはり、大勢が一丸となると最高やで。

邦楽


関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/02(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/02(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP