今注目のニュース
お客さんの声から誕生! ローソン100の「具材の方が多い」菓子パン
薄毛や抜け毛の解消方法知りたくありませんか?
池袋親子死亡事故、90キロ超で突っ込む 元院長を書類送検

緑谷出久単語

ミドリヤイズク

  • 7
  • 0
掲示板をみる(444)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

緑谷出久(みどりや いずく)とは、漫画僕のヒーローアカデミア』の主人公である。

概要

『君が 救けをめる顔してた』

CV山下大輝(VOMIC版、TVアニメ版共通) 誕生日7月15日 身長:166cm 好きなもの:カツ丼 

本作の主人公で、折寺中学校に通うがかった癖っ毛とそばかすが特徴の少年。通称は「デク」。
足の小の関節が2つあるという古い人間で、デク達の第五世代としては非常にしい「個性」な人物。
それでもヒーローになりたいという夢を捨てきれず、国立の名門「雄英高校」をす。
子どもの頃動画で見てから、No.1ヒーローオールマイト」に強い憧れを抱いている。デクが雄英をしたのも、彼が雄英高校出身のため。
ちなみに母親( インコ)の個性はちょっとしたものをひきつけるで、父親( 久)は火をふくことができる個性。父親海外へ単身赴任中のため、デクはほぼ母親の女手一つで育てられた。

ヒーローになるために「将来のためのヒーロー分析」というノート(中3時点でNo13)をコツコツと書き続けている行動オタク女の子免疫がなかったのか、お茶子との初対面時ではガチガチになってほとんど話すことができなかった(でも本人は会話できたと思っている)。
幼少期から散々爆いびられ続けたせいでビビるのが癖になってしまっているが、いざというときには自分の身の危険を顧みずに人を救けようとする勇気をもつ。そこにヒーローとしての資質をオールマイトに見出され、彼とともに雄英高校合格を、そしてオールマイトのような最高のヒーローしていく。
一人称が「」であり、基本的には大人しめの言葉使いなのだが、心理描写や緊急時では結構荒い言葉になったりする。 

前述の分析ノートのように日頃からコツコツとした努を惜しまないだけでなく、 「オールマイトのような最高のヒーローになる」という標を常に見据えており、自分を他人にべて低く見積もりがちな気質も相まって自分を追い込むことにいが性の努
雄英合格のためにオールマイトから考案された10ヶの特訓「せ合格アメリカドリームプラン」ではオールマイトをしてハードと言わしめた鍛錬に加え、雄英合格のか先にある標を見据えた特訓を自身に課し(オーバーワークでぶっ倒れたのでオールマイトに修正してもらったが)、特訓開始前のヒョロヒョロな体が見違えるような細マッチョになった。
とはいえ現状では後述のワンフォーオールを扱えるギリギリのラインにすぎないため、今でもちょっとした時間にダンベル筋トレしたり空気イスをするなど鍛錬は欠かさず行っている。

非常に手で強な個性を授かりはしたものの、彼自身は優れた判断や洞察で活路を見出す頭タイプヒーローを研究し続ける日々で培った洞察と分析こそが彼のの武器である。
特に土壇場での視野の広さと頭の回転の速さにはを見るものがあり、状況を的確に分析した上で突破口を開こうとする。この際「ブツブツ」という文字が吹き出しのになるくらいにブツブツ言い続けるのが癖。

しかしよりもヒーローたらんとする心が強いためか、他人への危に敏感な割に自らのダメージを軽視する節がある。前述の通り他人のピンチには考える前にその身を投げ出すのみならず、時には理論的に考えた上でく自らの身体を駒扱いするといった壮絶な自己犠牲精を見せることも。

は基本的にTシャツを着ており、「シャツ」「ポロシャツ」「Tシャツ」「Yシャツ」といった微妙センス文字Tシャツを好んで着ている。YシャツTシャツは実際に商品化され販売中!
制服時はネクタイの結び方が下手なせいで驚くほど巨大化しており、もはやネクタイとは別の何かのようになっている。

また相当のオールマイト好きなようで、部屋にポスターが溢れているだけでなく、オールマイトTシャツを着たり部屋のネームプレートまでもがオールマイト仕様だったりと、全にマニアの領域に達している。
寮に移住してからもその趣旨は変わらず、お茶子にオールマイトだらけのオタク部屋と称された(当人に悪気なし)。ちなみに寮部屋は2Fで峰田と青山に挟まれている。
このオールマイトオタクっぷりはA組男女問わず知れ渡っており、女子会恋愛談義ではこのオタクっぷりを理由に恋愛からバッサリ切られている(お茶子は除く)。

個性把握テストの順位はクラス最下位である20位。判明している結果は以下の通り。

入試試験は敵P0・救助P60の総合7位、体育祭物競争では・爆らを抑えてまさかの1位を獲得している。作中最強クラスポテンシャルを誇る個性を持っているものの、制御が不安定な為とにかく成績が安定しない。ちなみに中間の筆記テストの成績は、自身の勤勉さが反映されたのか4位と高め。

作者オールマイトく泣きで、後述の解体新書でも涙腺がブチ切れてると紹介されている。
しかし最近その涙の量がハンパないことになってきており、涙噴出の勢いで地面にめり込むほどである。母ちゃん鼻水をかんだティッシュで部屋が埋め尽くされるほどに鼻腺がブチ切れてるので、どうやらそういう遺伝のようだ(アニメでは母ちゃんも噴のような涙を披露している)。
これはもう個性と言ってもいいのではなかろうか。

通称の「デク」は爆が付けた蔑称であったため嫌っていたが、お茶子に「頑れって感じで好き」と言われたことで認識が変わり(本人コペルニクス的転回)、現在は自身のヒーローネームにするほど気に入っている。

個性

元々は何のも持っていない「個性」だったが、後にオールマイトから〝個性を譲渡する個性”である「ワンフォーオール(以下OFA表記)」を引き継ぐ。
これは何人もの手を渡りながらその努と共に引き継がれてきた「何人もの極まった身体が一つに集約されたもの」で、『SMASH』の掛けによりバカみたいなが引き出せる。実質的には単純な筋強化だが、そのパワーは作中でも群を抜いている。

非常に強な個性だが反動バカみたいに大きく、相応に丈夫な〝器”でないと引き継げない(生半可な身体が引き継ぐと、受け取り切れずに四肢がもげて爆散するとか何とか)。
デクは鍛錬によってギリギリ個性を引き継げる体は手に入れたものの、あくまでギリギリ収まっているだけであり個性を引き継いだばかりのための調整も困難。そのため当初は拳を振るえば腕が折れ、地を蹴れば脚が砕けるという諸刃の剣となっていた。

後にイメージトレーニングと実践を積み重ねることで、身体を壊さない程度の出制御に成功する。
しかし当然出は相応に下がっており、オールマイトく全OFA100ならば、制御に成功した時のデクが身体を壊さずに使える5くらいとのこと。(それでも圧だけで相手のガードを払える程度の威はある)
ちなみにデクOFAを使った時の感覚のイメージは「電子レンジに入れられた爆発する」らしく、出で使う場合は「爆発しない」ことをイメージして使用している。

OFAの使用は自身を傷つけるのみならず周りを心配させることにもなるため、自壊しない自分なりのOFAの使い方が新たな課題となった。オールマイトの恩師グラントリノの元へ研修に向かったデクは、彼からのアドバイスをもとに最低限の出を常時全身に発揮させる「ワンフォーオール フルカウ」を習得。まだ慣れが必要ではあるが、全身の身体を向上させることにより体育祭時とは一線を画すを得ることになった。
立体的な立ち回りが可となり機動は大きく向上。しかし大物敵には決定打を与えることができなかったため、攻撃不足が課題であった。
今回は「電子レンジに入れられたタイ焼き」がイメージの発端となっており、「一部にしか伝わってなかった熱が万遍なく伝わるイメージで使用する。電子レンジ万能説

だが身体がバキバキになってしまう100%の負荷はやはり相当のものであったようで、リカバリガールの治療をもってしても徐々にダメージは蓄積していった。さらにマスキュラー戦での爆弾は一気に膨れ上がり、同じような怪をあと2,3回負えば両手が使えなくなるレベルに到達してしまう。
かしこれを機に腕ではなく脚を体とした「シュートスタイル」に転向。オールマイトの模倣をえ、デクならではの戦闘スタイルへと進み始めた。飯田導の蹴り技を軸にサポートアイテムで威を底上げしており、フルカウルの課題であった攻撃不足が解消されている。
ちなみにをすれば爆弾爆発してしまうという状況なので、身体許容限界ならば普通に腕でもOFAを使用可である。またこれまでの鍛錬の成果により、シュートスタイル会得とほぼ同時期に身体許容限界8%にまで上がっている。

現状まだ全に自分のモノにできていないからか、解体新書での個性説明では「ワンフォーオール(仮)」と表記されている。親には突然変異的なアレで発現したと説明したら、なんかよくわからんけど納得してくれた。

ちなみにデクは9人OFA継承者であり、OFA継承者には全員継承順を暗示する文字が名前に含まれている。例:デク=9番、出久→いず オールマイト=8番

ヒーローコスチューム

初期バージョン

デクヒーローコスチュームを基調にラインが入った割とシンプルなもの。これは手作りであり、デクの気持ちが詰まったこのコスチュームを着ることを迷わず選んでいる。後に材質変化等のバージョンアップを繰り返していくが、デクはこの手作りスーツの気持ちを大事にしており、地味だと言われようとベースはなるべく崩さないことにしている。
頭部は二本の触のような笑顔仮面と、誰をモチーフにしたのかが非常に分かりやすい形状をしている。ダサイとかいうな。

一般的なヒーローコスチュームと違い、手作りなので全てその辺で買ってきた素材で作られている。
具体的には

といった感じ。総額¥40,380。意外と高い気がしなくもない。
ちなみに分析ノートに似たような姿の落書きが描かれており、デクはたまたにしたそれをもとに作成している。

しかしやはり耐久に難があったようで、対爆戦でいきなりボロボロになってしまった。
扉絵やポスターなどで描かれたことも多いが、本編での出番は対爆戦の一回だけと非常に不遇なバージョンサイから仕方ないけど。

初期構想の段階からほぼ似たようなヒーロースーツを着ていたが、が本人は悪魔のツノのつもりで作ったものとあるように、今よりもっと敵っぽいデザインとなっている。

βバージョン

サポート会社に修復を依頼したら、会社の独断で材質とデザインに手を入れらたβバージョンになって帰ってきた。理由は「だってこっちのほうが絶対かっこいいし!」。どうもサポート業界はこんな人らばっかりらしい。
だが変更後はもとのイメージを残しつつより戦闘らしいかっこいい形状になっており、材質変化による防御上昇も考えると非常にいい仕事をしたと言える。

こちらは初期バージョンと違い、入手直後から保須編、救助訓練レース、試験編と連続で着用しており非常に出番が多い。ただしその着用回数の多さの割に、フードはほとんど被ったことがない。

γバージョン

シュートスタイル転向に伴い、それに合わせたサポートアイテムを装備したβスーツマイナーチェンジバージョンフルカウルの機動性を損なわないために最小限の追加装備となっている。

一つ爆弾を抱えた腕の負荷を減らすための保護サポーター。元々の手袋が肘上まで伸びたようなデザインをしている。
二つγバーションの玉であるスパイク兼アーマーのアイアンソール。つま先にギミックが仕込まれており、デクの攻撃に合わせて追撃を行う間二撃を可としている。

僕らのヒーロー解体新書その①「無個性からの跳躍」緑谷 出久

デク語録

  • 『君が 救けをめる顔してた』
  • ここまで言ってもらえて なんかに大事な秘密までしてくれて!…あるか?ないだろ…!あるわけない!
    断る理由なんて!!
  • 『他の人より何倍も頑張らないとダメなんだ!きっと追いつけない…!はあなたみたいになりたいんだ…!!
    あなたみたいな最高のヒーロー
  • 『なんか…ズルだな…は…オールマイトにここまでして貰えて 恵まれすぎてる…』
  • 『最大限で…最小限に…だから全で!!今 に出来ることを!!!』
  • の気持ちだ これを着ずして何を着る!?便利じゃなくたって最新鋭じゃなくたっていい
    これがコスチューム!!!
  • 『いつまでも”雑魚で出来そこないのデク”じゃないぞ… かっちゃん
    ”「頑れ」って感じのデク”だ!!
  • 『君が凄い人だから 勝ちたいんじゃないか!!』
    『勝って!!えたいんじゃないかバカヤロー!!』
  • ていうか今理由なんて…知るか!!
    らに…オールマイトを倒す術があるんなら…!!らが今すべきことは 戦って…阻止する(かつ)事!!』
  • も本気で 獲りに行く!』
  • 『皆…本気でやってる 勝って…標に近づく為に…っ 一番になる為に!
    半分で勝つ!?まだは君に 傷一つつけられちゃいないぞ!』
  • でかかって 来い!!』
  • 『君の!じゃないか!!』
  • 『このたい焼きが っ…です!!』
  • 『救けに来たよ 飯田君』
  • 『負けた方がマシだなんて―…君がいうなよ!』
  • 『諦める前にを使うくらいしてみろよ! 負けていいなんて言わないでよ!』
  • 『勝つのを諦めないのが 君じゃないか―…!』
  • 『どいて下さいオールマイト
  • オールマイトから身に余る”個性”を授かった… グラントリノから身体に見合う使い方を教わった…
    ”貰って”ここまで来た!!ここからは正正銘の頑り次第!!
  • 汰君を守りつつ―…やれるかどうか―… ―じゃない!!
    やるしかないんだ 今 1人で!!
  • 『悪いの おまえだろ!!』
  • ヒーローは!!命を賭して キレイごと実践するお仕事だ!』
  • ムリだ 考えるな!今!ここで!戦って勝つしか!!!お前はないんだ 緑谷出久!
    救けるんだろ!! お前の原点を 思い出せ!!
  • 『うう”…っるええええええ!』
  • 『ころっさせてええ たまるかあああああ!』
  • が動いて救けられるなら 動かなきゃいけないだろ』
  • 『その為に 脚を残した!』

THE・補足

もともと読み切りの連載版ということで、主人公デク読み切り時代からデザインにあまり変化なし(舞台の変更に合わせてサラリーマン高校生にはなっている)。ただし読み切り時代の「 弱(ジャック)」は体的にヒーローになれない人物だったため、訓練前デクよりもさらにひょろい。ちなみにこの時からネクタイ巨大化している。

ヒロアカプロトタイプ として作られたネームでの名前は (あかたに みくも)」。通称ヤミクモ。しかし他作品と名前が被ったのでボツになった。特徴づけのために髪の毛伸ばして片隠そうとしていたが、作者が「髪の毛切れよ」と思ったので元に戻ったようだ。
よくデク地味だという意見があるが、作者的には地味であればあるほどいいらしい。

デクの構想のもとになったのは、前作「戦星のバルジ」のあとがき漫画。ぶつぶつ喋りまくる「天才新鋭俳優アストロ」を見た当時の担当が、「君は悟空ルフィは描けなかったが、こういうオタクっぽいやつが描ける」と評したことがきっかけになったらしい。(作者は今でもこの言葉を忘れていないというほど転機となる言葉だったようだ)

また初期構想では個性のままテーザー銃(3万6千円)などのアイテムを駆使して戦う予定だったが、これまた当時の担当から「主人公だから特別なを持たせてほしい」と言われ、OFAオールマイトとの的なものが生まれていった。
シリアスな顔で「ちょっと待って…変だな…うんこ漏れそう」などとのたまうデクさんは、これはこれで見てみたかったかもしれない。

最近は初期のナヨナヨした雰囲気は影をひそめており、努と思考で高みを主人公らしい成長を遂げている。戦では壊れた腕でOFAをぶっ放したり拳を握ったりする狂気じみた姿を見せ、一部読者から某ゴンさんあやかり「デクさん」と尊敬と畏怖の念を込めて呼ばれているとかいないとか。

第一回人気投票では、当時破格の勢いで活躍していたライバルを押さえ見事に1位を獲得している。
また、作者本人が書くのが楽しいと言っている’sシューズも人気投票でまさかの1票を獲得しており、それを人気投票で弄られたことから一部ファンの間では駄に知名度が高い。
第二回では惜しくも爆に破れるものの2位を獲得。件のシューズも1票増えて2票になった。ワー。

担当声優VOMIC版、TVアニメ版ともに山下大輝
これはエスカレーター式に続投したわけではなく、アニメ化に合わせて1からオーディションし直した結果、作者監督からデクは彼以外考えられない』という太鼓判を押されての続投である。

関連動画

関連静画

関連項目

掲示板

  • 442ななしのよっしん

    2019/11/07(木) 23:23:18 ID: 3MMSgOb1nR

    ヒーロー育成する学校で授業でも訓練受けてる描写も普段から筋トレしてる描写もあるしね
    あの学校なら設備充実してるだろうしプロテインとかランチタイム以外にも
    食事の栄養管理エキスパートヒーローもいそう

    そういやデクに限らずだけど個性やサポートアイテムの訓練だけじゃなくて
    なんらかの武器の訓練とかもあるんだろうかあ学校

  • 443ななしのよっしん

    2019/11/08(金) 20:32:17 ID: ux4g3K7z/G

    アニメ見てたけど自分からオールマイトグッズ踏みませんでしたって言うのダサくね
    あー昨日寝てないから本気出せなかったわーって言い訳してるみたいで

  • 444ななしのよっしん

    2019/11/09(土) 20:55:51 ID: GBtcpco8/S

    「策が1つ通じなかっただけで何とも無様(おそらく突の事)。気が抜けたか?」「ならばミスか?」という問いに対する答えみたいなもんだと思ったからあまりそうは思わなかったな
    タペストリー」だけでないって事はサーが時に周り見渡してサー自身が気づいたわけだし

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/13(水) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/13(水) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP