缶詰単語

カンヅメ

掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

缶詰とは、

  1. 食品などを金属製の缶の容器に密閉したもの。本項で記述する。
  2. 切の迫った作家を密室で監視化に置き、原稿を急がせること。カタカナの「カンヅメ」がよく使われる。
  3. ユーザー生放送いて雑談を行っている配信者の一人である。→缶詰(生放送主)

概要

元々軍用食として開発された。現在の軍隊もよく使っている。
密閉後に加熱殺菌するため長期保存が可だが、その製法のために缶詰に出来ない食品も多い。
初期は缶切りがなく、熱で縁を溶かしたり、ハンマーとノミや銃剣で開けていた。缶切りが登場したのは缶詰の発明から50年ほど後である。
昨今はプルトップが付いた缶切りの要らないタイプが増えている。

世界で一番臭いといわれている食べ物、シュールストレミングは缶詰であり、ネタとして開缶する様を撮影した動画がいくつか投稿されている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/26(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/26(月) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP