今注目のニュース
5組昇級に近づくのは…高野六段 対 佐々木五段の対局は夜戦へ/将棋・竜王戦6組昇級者決定戦
SUV人気はなぜ?今後はどうなる?
ママにTwitter禁止令出された少女、とんでもない方法で投稿に成功する!

羊祜単語

ヨウコ

掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

羊祜(ヨウコ)字は叔子は三初の軍人・政治家・文人。生没年221278年。の都督としての討滅にあたり、陸抗としのぎを削った。

出自・在野時代

州泰山南の人。氏は以来の官吏の系で二千石を食み、祖は太守を務めていた。12才の時にを失うが、長じて羊祜は博学で文章をくし、議論にすぐれた長身の人物に成長した。

羊祜を気に入った将の侯威(夏侯淵息子)は姪(夏侯覇)をがせた。人々からの評判は高かったが仕官には興味く、知人から曹爽の下に行こうと誘われた時も(その滅亡を予期して?)断っており、在野の人として過ごしていた。

司馬家に仕える

255年頃、大将軍としての権を握った司馬昭からの招聘をうける。最初は断っていた羊祜だったが皇帝)が迎えに来るという礼をうけたので、これを受諾した。一時鍾会から憎まれ、讒言されて遠ざけられそうになったが、司馬昭からは深く信頼されて要職を歴任し、機密を預かる心として重用された。さらに中領軍をまかされて軍人としてのキャリアも積んでいる。皇帝とは一定の距離を保ったという。

司馬昭が亡くなると司馬炎王を継いだ。265年。からへの工作が進められた時には、賈充らと共に司馬炎を補佐して受の段取りを整えた。感謝した司馬炎から中軍将軍・加散騎常・封3,000戸という待遇を与えられそうになったが、他の重臣に遠慮してひとつ下の侯爵位を受けたにとどまった。

またの制定に携わる面子に名を連ね、新帝国の基礎固めに貢献した。位は尚書右射・衛将軍に進んだ。

陸抗との対峙と友情

となった司馬炎を滅ぼす志を抱き、羊祜を都督荊州諸軍事(対総司令官)に任命した。着任した羊祜は民政に心を配り、の人々にも優しく接した。学校を建設し、さらに800もの田地の開墾を成功させた。江・江夏社会と人心は大いに治まり、10年は戦える拠点となったという。

を挟んで陸抗が対揮をとっていた。羊祜と陸抗は互いに好意と敬意をいだき、互いの領土に侵犯する事はく、もっぱら善政を行って相手の民や兵士が亡命してくるように努めた。またの取り決めをして紳士的に揉め事を収めるようにした。

陸抗が病に伏した時に羊祜はを調合して陸抗に贈り、陸抗は疑いもせずに用した。やがて病が治った陸抗は返礼にを贈り、羊祜は疑いもせずに飲んだ。当時の人々は両者の友情を評判としたが、臣下として節操がいと謗る者もいた。陸抗は一度孫皓の叱責をうけている。

呉征伐に従事する

しかし、両者はれ合いや茶番をしているわけではなかった。272年、の西陵を守る歩闡に降伏を申し入れた。これを聞いた陸抗はすぐさまに西陵に向かい、地を構築して内は歩闡を封殺し、外は軍を迎撃するという危険な戦法をあえてとり(西陵の防御はかつて陸抗自身が構築したもので短期で落とす事は不可能であった)軍を退ける事を成功した。羊祜も兵を率い方策を尽くしたが陸抗が上をいった。兵軍8万に対し軍3万といわれる。
 
敗戦により将軍に降格されたが、以後も都督としての任にあたった。塞を築いて備えの来を退け、徳政を行っての人々の懐柔にあたった。の人々からも人望を得て「」と敬称され、からに帰する者たちは少なくなかった。

志半ばで斃れる

地場を固める事数年。征南大将軍・開府儀同三に進み。いよいよ決戦を行うべく準備を始める。陸抗274年に亡くなっていた。を滅ぼすには強軍が必要と考えた羊祜は、かつての幕僚である王濬推薦して益州諸軍事龍驤将軍として艦隊の建造を行なさせた。準備が整ったところで討伐を上奏するが多くの群臣の反対にあい許されなかった。失意の中、かねてからの病が悪化し、後任に杜預名して亡くなる。享年58才。死後に太傅・鉅侯の位が贈られた。その死は司馬炎を始め、羊祜の恩恵を受けた民たちからも悲しまれた。

羊祜の死後2年、遂にが滅ぼされて祝賀された時、司馬炎は羊祜の功績であると涙を流した。羊祜の堂に報告され、未亡人爵位と食5,000戸が与えられた。
 
羊祜には男子く、司馬炎のはからいで爵位は甥(の子)が継いでいる。

人物

討滅の先をつけた事で名高く、代の名将として後世から顕される事も多かった。

清く慎ましい性格で、身につけているものは質素であった。俸も一族や部下、兵士に分け与えて財産を残さなかった。自身の葬式も簡素なものを希望していたが司馬炎が許さず盛大に送られた。

司馬昭司馬炎からは信任され、部下や民からの評判は非常に良かった。朝廷では謙虚に振る舞ったが一部の重臣からは嫉妬されて嫌われた。杜預王濬の才を見ぬき、彼らは見事を滅ぼす事に成功した。また子供の頃の王を見て、いずれを乱すものと予言した。

文人としても活動しており、老子に注釈するなど著作が残されている。

逸話

の重鎮らしからぬが軽いところがあり、征伐に赴任した時、も付けず軽装で出歩くのを好んだ。供も10数人をこえる事もなく、敵地に近い場所で猟や釣りをしていた。ある時ついに業を煮やした幕僚の一人が矛を構え門に立ちふさがり軽挙を諫言したところ、羊祜は謝罪して態度をめた。

舞が踊れるを飼っており、客に自慢したがは客の前では決して踊ろうとしなかったという。この事から名実が伴わない人物を「」と呼ぶ者がいた(羊祜個人の悪口ではない)。

襄陽の峴山に登り、そこで色を眺めながらを飲み、文を作る事を趣味としていた。羊祜の死後に峴山に碑石が建立されて多くの人々が羊祜をんで涙を流した。後に碑石は杜預によって「堕涙碑」と名付けられた。   

怪談にも縁があり、幼い頃に隣の折した子供の記憶を持っていたり、先祖の墓に帝王の気があると言われて(身の危険を感じて)掘ったところ、今度は腕を折って高官に上るが後嗣はいだろう言われた。実際、から落ちて腕を折り出世したものの、後継ぎには恵まれなかったという。

系譜

三国志演義

末期初に活躍した人物なので、孔明死後は端折られる作品では登場しない。陸抗との関係や名将ぶりは史実と同じ、陸抗の方は内通を疑われ、更迭されて病死という悲劇的な結末となっている。

補足

コーエー三國志シリーズにおける羊祜の力一覧。万の都督タイプの武将で、総合ベスト20に入ることも多いが、登場時期が非常に遅いのがネックライバル陸抗とはだいたい互となっている。

一覧 統率 政治 身体 運勢
三國志
三國志II
三國志III 46 80 79 74 83 72
三國志IV 90 73 80 78 85
三國志V 83 82 80 86
三國志VI 91 69 80 79 83
三國志VII 82 71 74 81
三國志VIII 67 89 86 88
三國志IX 87 69 91 86
三國志X 87 65 87 85 90
三國志11 90 64 84 87 89
三國志12 90 64 84 87

関連商品

関係項目

掲示板

  • 24ななしのよっしん

    2018/01/19(金) 22:53:35 ID: 2zrStM1mgt

    よく羊祜陸抗無双に出して欲しいって聞くけど、この2人出そうとすると滅亡後~の滅亡までの間を描かないといけないし、現在無双に参戦してる武将でその辺りで参加できるのがかなり少ないから、の新規武将をさらに増やさないといけないのが問題なんだよね…
    しかもの滅亡時には2人とも既に死んでるってのが…

  • 25ななしのよっしん

    2018/02/16(金) 19:04:08 ID: FlzGPw13yO

    出すのは不可能じゃないんだよな
    更に年下の武将が既に参戦してるし、ただ今の無双討伐がクライマックスだからな
    今の無双羊コを出すのは、趙雲役のドラマ長坂前で終わるようなもの
    初期の姜維みたいになってしまう

  • 26ななしのよっしん

    2019/01/16(水) 22:41:21 ID: cyX+jA0lp9

    彼らを無双に出すなら、無双全体として「みんな手を取り合って仲よく」という終わりかたを見直して、ラスボスが倒されて終わるエンディングを用意する必要が有る
    孫晧は怪しいのも全部採用すれば十分ラスボスれるだが、「の邪悪」という無双らしからぬ概念を持ってくるのはちょっとどうだろうな
    まあ、もし羊祜が出る場合は史実よりちょっと長い寿命を与えられてラスボスと戦う役割で、陸抗とのくだりは出ないと思う

急上昇ワード

最終更新:2019/08/17(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/17(土) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP