今注目のニュース
職場で暴れる"モンスター社員"との賢い戦い方
ピカチュウやイーブイなどの“キョダイマックス”姿が続々公開! なぜかニャースは超縦長に
台風19号42年ぶりに命名され、早速ネットに候補名多数あがる。

美々野くるみ単語

ミミノクルミ

掲示板をみる(84)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

美々野くるみ(みみの くるみとは、『Yes!プリキュア5GoGo!』の主人公の一人である。
担当声優仙台エリ(ミルキィローズ初登場期間は、仙台事前承諾済で「?」になっていた)。

概要

5GoGoの序盤に颯爽と現れ、ピンチプリキュア5を助けた美少女
その正体は前作「Yes!プリキュア5」のレギュラー妖精ミルクである。

5GoGoにて、お世話役見習いから準お世話役に昇進したミルク
・・・だったが、せっかく昇進したのにも関わらず王子達が世界のために再びプリキュアへ助しなくてはならず、復もそこそこにを離れなくてはいけなくなる。
お世話役として宙に浮いてしまったミルクは、さびしさからあの手この手を尽くしていた。
そんな、ある日薔薇の種を手に入れ、それを育てているうちに不思議なを開させる。
その薔薇を受けて、人間変身出来るを得た状態がこの美々野くるみである。

5時代のかなり身勝手なミルクべると、較的常識を弁えた大人である。
よって、ただでさえ忙しいのに非常識な言動を繰り返す仲間達にひたすら突っ込みを入れなくてはいけない夏木りんにとっては、恵みとも言える新たな突っ込み要員の一人である。

薔薇のおかげか、身体がとても高くなっている。
特にスポーツ面では性の才を持つりんちゃんとも互に渡り合うほど。
学力面も、ミルク時代に発揮出来なかった教養を人間変身したことで遺憾なく発揮させられるようになった。
ただし肝心なところでドジを踏んだりなど、基本スペックは相変わらずなよく出来るドジッである。

5時代から続くのぞみとのライバル関係も継続しているが、のぞみが頑っている学力面はほぼくるみの一人勝ち。
ナッツの影かよく読書しているようで、本の内容に関する知識はかなりある。
人間変身出来なかったからそう見えなかっただけで、実は前々から出来る子ではあったのだ。たぶん。 

また、ちょっとダメージを受けただけでヘコたれてしまうガラスのボディを持つイケメン3人どもとは違い、防御がある。
ただし理しすぎると尽きてミルクに戻ってしまう欠点があり、最初は人間の姿を保つのすらしんどかった様子。
そんなイケメン連中の中では、特にココを慕っているしている。
しかし現実とは残酷で、いつもナッツから支援を受ける立ち位置。
しかも二人とも既に公式(?)がいる。こいつぁ流石にあんまりである。

むしろカップリング展開としては、5当時に仲良くなったかれんとのものが多い。
人間態になったことでその仲良し度がさらに進んだと言える。
実際かれん相手だと甘えるようなシーンも見受けられる。
DX3では別れの前のシーンにおいて、言でかれんを掴んだかと思ったミルク変身して号泣したり。
そりゃ鑑賞者はもらい泣きするしかないだろうに・・・。 

開時は、前作でいろいろあって毛嫌いされていたこともあり、大友達はミルク正体説を必死に否定していた。
理由としてはメインビジュアルミルクとミルキィローズが一緒に映っていたことがあげられている。
ただ、名前からして正体を隠す気があまりない(美々野くるみに至っては逆読みすると“みるくのみみ”になる) ので重視されてはいなかったが。

最後まで新キャラであってほしいという願いも聞かれたが、正体確定により多くの大友達がハートブレイクされた。
しかしその後も後期EDのミスミルクとミルキィローズが同時出演)により、上の説が再浮上した。
が、やっぱりミスでしかなく、後に修正された。
ミルクの見つけた薔薇は後にフローラが渡した種であることが判明し、返そうという話も出たようだが「ミルクの育てたもの」ということで晴れて自分のとして認められることなる。

いろいろあったものの、ミルキィローズの手な戦闘シーンや、成長した精面など。
様々なプラス面が功を奏して以前よりも暖かく見守るファンが増えたのは間違いいだろう。
ちなみに恐ろしいほどにの広い。そのの広さたるや歴代随一で、並ぶものはいてもえるものはなかなかいない。 

ミルク

プリキュアシリーズでは11番の歴代妖精

ルミエ王のお世話役見習い→準お世話役。
元祖のポルンより受け継がれてきたウザマスコットキャラ。
5放映当時、まだニコニコ本編うpが容認されていた頃の嫌われっぷりは記憶に新しい。口癖は「~~ミル」。

ウサギのように、というかウサギ以上に長いを持った外見が特徴。
いつもトラベルバッグを手に引いていたが、続編からは見られなくなった(同時にアイテム変身も失った)。

性格は腹黒く、自分勝手なトラブルメーカー
出・(のぞみとの)口喧ビーズを壊してプリキュア5分裂危機の原因を作る・騙されてドリームコレット(作中のキーアイテム)を敵に渡してしまう。
などなど、致命的なミス視聴者の心を悪くするような展開が多かった。
特にプリキュア5解散回ではその結果、女児アニメとは思えないドロドロ展開になったこともあり、かなり批判された。

が、続編で昇進した関係か、以前よりかは格段と大人になり、くるみメインになったことで腹黒さは影を潜めた。
むしろオールスターズシリーズなどにおいて、ちょっと大人なところを魅せている。
おまけに敵の幹部と一とはいえ妖精体でり合うなど、「お前強すぎじゃね?」なシーンが見られるようになった。
おかげで続編はより好意的なが増えた。

5時代はプリキュア5最強必殺技プリキュアファイブ・エクスプロジョン」を発動させるアイテム変身
5GoGoでは番組内最強(?)戦士変身と、実は5シリーズ通しての重要キャラだった。

ミルキィローズ

-薔薇は秘密のしるし-

スカイローズトランスレイトという掛けくるみ変身する。
髪型ミルクの長くて大きなを彷彿させるのがポイント
5GoGo!でドリームへそを出さなくなったため消滅したと思われていたへそ出し要員である。
しかし衣装デザインの関係でへそ出しルックに見えにくいため、忘れられがち。
実際にはプリキュアではないが、商品展開といった外部的にはプリキュアと同様の扱いである。
オールスターズにもちゃんとプリキュアの一員として数えられている。イメージカラー
ちなみに頻繁に間違われることが多いが表記は「ミルキ""ローズ」である。「ミルキ""ローズ」ではない。
関連項目にもあるけどキュアミルキーが後に出てきたので余計にごっちゃになりそうだが注意。

髪の毛シャイニールミナス並に増毛するが、ルミナスとは違ってこちらはよく働く。
むしろたまに働きすぎることがあり、5シリーズにおけるチートキャラポジションを担う。
ルミナスが防御特化タイプならば、ローズは攻撃特化タイプと言える。

5人がかりで倒せなかった超獣スコルプさんを一人で叩き潰したり、
映画ではムシバーン相手にDBばりの戦闘を繰り広げたり、
オールスターズにおいてはDX1で見せて以降もはやローズの代名詞と化したクレーターパンチ
DX2ではミルク時に変わることによるオープンゲット回避を駆使した頭戦を見せるなど、
実はプリキュア達の美味しいところを持っていってしまっているパターンをよく見かける(一説によるとプリキュア5人分のを秘めているとかなんとか)。
よって、ミルキィローズが活躍するバトルシーンハズレは少ない。つかすごいカッコイイのが多い。

しかしチートキャラの宿命か体消耗がしく、よくこの姿を保っていられずミルクに戻ってしまうことがある。
この場合疲れ果ててしまうため、すぐにまた変身とはいかないようだ。
余談だがパズルゲームプリキュアつながるぱずるん』ではこの特性を生かしてか、
ローズを使ってHPギリギリの瀕死状態でゲームクリアすると、
勝ちボイスミルクの状態になるという小ネタが挟み込まれている。

必殺技は「ミルキィローズ・ブリザード」。
そしてナッツミルキィノートを受けて、「ミルキィローズ・メタルブリザード」が使えるようになる。
ちょっとパーツがついただけで大して必殺バンクは変わっていないのに・・・。

ところがどっこい、当時のミルキィローズは女児大人気であった。
「一番強そうなのは?」というランキングで、オールスターズ第1作開当時、
プリキュアを差し置いてトップを飾る
幼女だろうが男児だろうが、やっぱり強さは正義である。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 82削除しました

    削除しました ID: 1KqoiFwBLl

    削除しました

  • 83削除しました

    削除しました ID: x4KDmIqksi

    削除しました

  • 84削除しました

    削除しました ID: lKVnWqjVdG

    削除しました

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP