今注目のニュース
吉本興業社長、パワハラ発言は「和ませようと」「冗談で」 しどろもどろ会見にネットでは批判相次ぐ
キッズウィークの認知度、働く主婦の8割「知らない」 「親の方が休みにくい。子供が一人で留守番することになるのでは?」
京アニ募金「可能な限り最も直接的で意味のある援助を」 海外発のクラウドファンディングが2億円を超える

単語

ハネ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

とは、羽根羽毛の翅のことである。また以下のことを表す。

編集上の注意:この記事にはGoogle ChromeSafariでは正しく投稿できないUnicodeコードポイントが含まれています。Google ChromeSafari以外のブラウザで編集してください。

人名

漢字として

Unicode
U+7FBD
JIS X 0213
1-17-9
部首
羽部
画数
6画
Unicode
U+FA1E
部首
羽部
画数
6画
𦏲
Unicode
U+263F2
部首
羽部
画数
8画
Unicode
U+2F6F
意味
旧字は羽。
羽毛の翅、鳥類、助ける、羽舞という意味がある。
字形
羽毛形。〔説文解字・巻四〕には、「の長毛なり。形」とある。一方〔説文〕は、の短毛に漢字として、𠘧を載せている。
音訓
読みはウ(音、音)、訓読みは、はね、は。
規格・区分
羽は常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
羽はJIS X 0213、JIS X 0212未収録。
部首
羽は部首である。に関する字が属する。
羽を符とする漢字に、䣁、栩、珝、詡、䨒などがある。
羽衣・羽化・羽客・羽化登仙・羽・羽士・羽書・羽觴・羽扇・羽毛・羽・羽流・羽

異体字

  • 𦏲は、異体字。

互換文字

  • ⽻、羽はUnicodeにおいて羽と互換とされる字である。⽻は、部首としての羽を表す。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP