今注目のニュース
世に覇者はひとり!スイカを抱えてぶちぎれる猫の表情に関する海外の反応
知る人ぞ知るマッチョ育成Flashゲーム『マッチョでポン!』がNintendo Switchに登場。5月30日配信
絶対に寝坊できないJR職員が使う「強制目覚まし」、JRの通販サイトで販売中 お値段たったの9万9000円

聖刻1092単語

ワースイチマルキュウニ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

聖刻1092とは、千葉の執筆する小説である。ジャンルは大河ヒロイックファンタジーロボット活劇。聖刻シリーズと称される一連の作品群の一つであり、TRPGワースブレイドとは世界観を同じくする。

小説作品一覧

概要

世界に存在する大陸(ア・ハーン)。この大地では大小の王政国家群が各地を統治し、操兵(リュード)と呼ばれる人兵器が闊歩していた。

物語は、その中央部たる中原と東部たる東方舞台に、絶大なを有する結晶体、聖刻(ワース)の秘とを巡り戦いが繰り広げられる。全4部作が予定されており、2010年までに最終部の編1巻までが刊行されている。でも著者がかなり遅筆なのでいつ完結するかも秘とに包まれている。もう一つの聖刻群龍伝も終章であるし。

何千の操兵がぶつかり合う軍団戦や、練法(魔法のようなもの)が飛び交う魔術戦などが大量に盛り込まれており、若干(どころじゃないかもしれない)マイナー小説であるものの、ロボ物好きにはお勧めできる作品である。

なお、タイトルの「1092」は年号すわけではない。物語の根幹をつかさどる、ある存在を示す秘である。

出版形態

聖刻1092はもともと朝日ソノラマ文庫から文庫本の形式で出版されており、イラストノベルつまり現在で言うライトノベルである。第1部の「都編1巻 疾風の狩猟機」から、第3部「僧正編6巻 宿縁の八者」までが刊行されていた。その後、続編は長らく刊行されず、お蔵入りになったかと思われていた。(誰?

しかし、新装版として、朝日新聞社出版のソノラマノベルスレーベルにて加筆修正を加えて「完全版」と銘打たれたシリーズ現在進行中である。これは文庫版2冊の内容を1冊にまとめ、ストーリー若干の修正や外伝の加筆などを加えている。イラストもすべて差し替えとなっており、幡池裕行氏のコミカルかつアニメチックな挿絵や、巻末の福地デザインによる操兵名鑑は新装版にはのが残念。下記の巻数表記は新装版の冊数に準じている。

第一部 聖都編(1巻から3巻まで全3巻)

舞台大陸中央部、中原と呼ばれる地域。カロウナ村の見習い修僧のフェンと、ラマス教管長のでフェンの幼馴染のリムリアキーパーソンとなる。操兵傭兵団にさらわれたリムリアを助けるべく、の形見のオンボロ操兵ヴァシュマールを駆ってに出るフェン。その中で占い師の少女ジュレ・ミィ騎士クリシュナ・ラプトゥ、東方の武者ガルン・ストラらと出会い、仲間として共に戦うことになる。果たして、リムリアをさらった本人「大師」とその配下たち「八門」の的とは・・・?

 第二部 東方編 (4巻から7巻まで全4巻)

 凄まじい戦いの末、リムリアを奪回し、首たる大師を斃したフェン一行。彼らは古に伝わるの存在たる八つの「聖刻(ラ・ワース)」を見つけ、封印するべくを続けることになった。一行は東方出身のガルンに先導され、中原から交易路(カグラ)を進み、大河アグを越えて大陸東部、東方へと潜入する。東方は魔術の統べる地とされ、万の操兵を擁する東方最大の組織、「東方聖刻教会」の腐敗した陰謀が面下で進みつつあった…

第三部 僧正編(8巻から10巻まで全3巻)

舞台は引き続き東方聖刻教会は二に分裂し、東方での動乱は治まる兆しは未だ見えない。教会の弱まりは各の紛争の引き金となり、かつて滅ぼされた二つの国家、ヒゼギアとスラゼンの残党が、祖国再建のため蠢動する。クリシュナはフェンとの不和から決別し、ただ1人謀な戦いへと身を投じてゆく…クリシュナを慕うジュレ・ミィの心は彼を絶望から救い出せるのか。

第四部 神樹編(11巻から現在1巻のみ刊行)

聖刻教会の不正を誅すべく北上する連合軍は、東部域の聖刻騎士団「」との会戦に臨む。ガルンは連合軍の将として、クリシュナとジュレは戦後のヒゼギアの復のため、それぞれの戦いに身を投じる。フェンはただ一人リムリアの元へと戻り、彼女の手助けをしたり、迷惑をかけたりと一見楽しそうであった。しかし、フェンの帰還もまた、新たなる戦い予兆を感じ取ってのものだったのである。そして、かつて倒したはずの、あの敵の影がび寄る。

外伝 2冊

聖刻騎士団の団員であるナム・デュラン団長の特命を受け、極秘任務のため、中原へと赴く。そこで出会う、奇妙なを持った女、マハや小国ホータンの警備体長ハオ。彼らが共に進む先には八の聖刻を巡る、過酷な運命が待ち受けていた。(北方の傀儡子)

まだフェンたちがお互いの事を知らず、各々のを歩んでいたころの話。本編より少し前の彼らの生き方を描いた短編集(東方 中原の砂

関連商品

 設定資料集としては下記の読本以外にも聖刻1092都編グラフィックブックというのがかつて刊行されており、現在は絶版のため、中古本屋やネットオークションなどでしか出回っていない。

ちなみに聖刻1092シリーズとしてコンピューターゲームとしても2本が発売されている…が、ワースブレイドプレイヤーやその他ファンにも「ゲーム?そんなのないよ」と言われるレベルのものである。お察しください。

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 9ななっしー

    2017/12/31(日) 22:49:52 ID: hWcICSahKP

    原作のはままさのり氏がずっと書いていれば15年以上前に終わっていたのだろうけど・・・・作者は本当にやる気あるん?

  • 10ななしのよっしん

    2017/12/31(日) 22:59:02 ID: J8KDxTS8O3

    操兵の仮面で動くシステムって面いよね

  • 11ななしのよっしん

    2019/01/18(金) 22:32:19 ID: JaKzEWdyTd

    ガキの頃出会ったクソゲー・の方)をふと調べてみて、予想をかにえる重厚な世界驚愕
    まだ都の弐までしか見つけられてないけど

急上昇ワード

最終更新:2019/05/25(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/25(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP