今注目のニュース
さっしーどハマリ中! 「ずっと食べちゃう。終わりを知らない」ウマ過ぎおやつ。
二階幹事長 台風被害は「まずまず」発言、自民党議員にも非難
YOSHIKI、台風15号のボランティア活動参加で「新しい自分を発見しました」

聖剣単語

セイケン

掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

聖剣とは、

  1. 聖剣伝説 - スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたゲームシリーズ
    1. 聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜 - シリーズ第1作。
  2. エクスカリバーなど伝説上の武器の呼称。本項で解説する。
  3. 聖剣(生放送主)exit_nicochannel - ニコニコ生放送生放送主
  4. もしかしてまいたけ聖剣

聖なる武器

聖剣とは、なんらかのな存在(精霊人など)に祝福された剣、もしくはな存在が用いるである。歴史や史実よりは伝説創作作品に多く登場し、魔的でない特別な存在に関わるは聖剣と呼称されることがある。逆に魔的な存在に関わる魔剣や邪などと呼ばれる。魔剣と聖剣で対になって存在していることも。

聖剣は単なる武具ではなく、逸話や特殊ながつきものであり、突然何も無い間から現れる、なるで魔的な存在をることができる、身につけるものを守護する霊を備える、装備出来れば主人公認定されるなど、いろいろな付加価値がごとにある。

聖剣いろいろ
エクスカリバー
西洋剣の中でも有名な。聖剣としてのエクスカリバーは、魔術師マーリンの助けをへて、精霊から貰いうけた品であり、守護と癒しを持つ。詳しくはエクスカリバーの項で。同名のが出てくる創作では属性追加効果があったり、魔法だったり、オートヘイスト付きで持ちチートだったり、ヴァカめ!だったりする。有名なだけに偽物もあり、よく見たらエクスカリパーだったとか、エクヌカリハーだったという例も。
叢雲(あめのむらくもつるぎ
日本神話の聖剣。須佐之男命スサノオミコト)がヤマタノオロチ退治の後、オロチの尾から出てきたであり、後にこのを受け継いだ倭建命ヤマトタケルノミコト)がこれを使ってを薙いで火事の窮地をしのいだことから草薙(くさなぎつるぎ)ともわれる。三種の神器のひとつでもあり、現存するか壇ノの戦いで失われたかは不明。そもそもそれらが古事記日本書紀に記されるものと同一のモノかどうかも不明。使うとルカナン〈敵の防御ダウン)の呪文の効果という説もある。750ゴールドで売れる。「妖」などとされて魔剣カテゴリに入りやすい日本において、数少ない聖剣カテゴリだが、封印されているものを盗み見た宮が祟られて病死したなどという伝説も持っている。触らぬに祟りなしということか。
デュランダル
フランス叙事ローランの歌』『狂えるオルランド』などに登場する聖剣。美しいく両の長であり、柄の部分に数多くの聖遺物人の遺物)が、節操く収納されているため、それらの加護パワーで凄まじい切れ味を誇る。人間も岩も切断してもなお、折れるどころかこぼれも一切しないという、メンテナンスフリーの概念を先取りした超兵器。お落な形の戦艦。議長。
グランドリオン
ロールプレイングゲームクロノ・トリガー”に登場する聖剣。精霊グランリオン変身する姿であり、この形態が彼らの存在意義でもある。勇者としての自覚をめさせたカエルによって、魔王への文字通り切り開いた。その後、グランドリオンとして覚め、攻撃が格段に高まった。…のだが、続編クロノ・クロスでは魔剣闇堕ちしまい、める者を邪気で狂わせるハタ迷惑なへと変貌してしまう。
マナ
アクションRPG聖剣伝説シリーズに登場する聖剣。基本的に「マナ聖域に聳えるマナ根本にひっそり刺さってる聖剣」であるが、特定魔法をかけないとを発揮しなかったり、ゲームシステム的に武器として使えるわけではなかったり、突然から降ってきたりとシリーズによって設定や扱いは異なる。ゲームタイトルの通り、ストーリーの核となるアイテムである。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP