今注目のニュース
刀を片手にサイバーパンク世界をパルクールで駆け抜ける『Ghostrunner』正式発表。正体不明のAIと協力して支配者を倒す一人称視点アクションゲーム
「大物YouTuber」syamuさん引退宣言 丸山穂高氏「是非N国から国政選や市議選も」
「ピラニアラーメン」が爆誕!1杯3000円、発端はエイプリルフール

胸部装甲単語

キョウブソウコウ

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

胸部装甲とは、

  1. に人を模した兵器の胸部の装甲の事
  2. 1から転じて、人物の胸囲に関する喩の事

これらの事をす。

概要(1)

未だに見える形で実在していない人兵器は、描写や設定諸々によりフィクション世界では気で存在している。ダジャレじゃないぞ。

それらの内、人体に近いパーツ構成を持った機動兵器要な装甲部位として胸部装甲の厚みが挙げられる。作品によって異なるが、胴体部内にコクピットまたはジェネレータ等の要部位を有するメカニックの場合、また、頭部と四肢を繋ぐ中核でもあるため、胸部装甲の防御性は機体の生存性を図る一つの針といえよう。
ただ、現実兵器の発展とは異なる(特に戦車)事が多く、防御性が高いほど厚みが増す=機動が低下するとされる作品や、それほど厚みはいが絶壁に程近い以上に防御が高いとされる作品もあるため、他の作品での針を当てはめるのはお互いに不幸になるため注意した方が良いとされる。

なお、人型機動兵器のコクピットが胴体にある場合、胸部や部にハッチが設けられていることが多いが、特にミリタリー要素の強い作品においては、『他の陸戦兵器と同様、被弾する可性が高く、最優先で保護すべき部位の装甲を最も厚くすべきである』という観点から、背部にコクピットハッチが設けられていることが多い(『ガサラキ』のTAや『フルメタル・パニック!』のASなど)。

概要(2)

さて、そこから転じて、フィクション実在問わず(変な表現だなオイ)生身の人物の胸とかバストの厚みとか、その辺りについてもいつからか胸部装甲と称するようになった。特に女性バストに関する喩表現としては顕著で、最近のヲタ界では(ミリタリー。特にロシア兵器に造詣の深い)声優上坂すみれ女史の豊かさを話題にする時に「胸部装甲が~」などと取り上げる事が多くなってきている。

兵器の場合はイメージ的にAクラスは防御性の高さを示す情報になるのだが、生身の人物のAクラスとなると逆に慎ましさを示すいじり要素と化す。逆に、Dクラスとすれば兵器の場合は弱いなどの評価イメージなのだが、生身の人物のDクラス以上は胸囲にかけて「脅威」と化す。昨今に至っては兵器は厚み(や重量)=防御ではなくなってきている事に加え、生身の人物の場合は厚み(と重量)=攻撃・破壊という、不思議な言葉となりつつあるのかもしれない。

ちなみに、現用兵器擬人化ネタにおいて、胸部装甲の厚みは元ネタの機体や艦体のサイズや形状、また、その開発(のイメージ)が反映される傾向にあり、えてして元ネタサイズと胸部装甲の厚みは正例する(描き手の趣味嗜好による例外もある)。
ただしこれも絶対というわけではなく、その元ネタにおける外観上・性上の特徴や史実での扱いをどうとらえるのかによって、擬人化された際の容姿は大きく異なる。
ここ最近の
擬人化ブームの筆頭としてはDMMブラウザゲームである「艦隊これくしょん」が挙げられるが、同作の場合、ビッグセブンと呼ばれた戦艦であったり(長門陸奥)、給油艦として設計された艦であり(千歳千代田)、あるいは大きな艦を持っていた(高雄愛宕キャラクター巨乳属性が付与されることもあるが、逆に空母であっても坦(フラットトップ龍驤瑞鳳大鳳)だったり、駆逐艦でも巨乳(潮・浜風)であるケースが散見される。

※この記事は独自研究によるものです。

関連項目

掲示板

  • 13ななしのよっしん

    2015/09/13(日) 16:15:35 ID: wNQiOuPHHa

    >>12追記
    艦これ以前の~、という表現はちょっと変だったと読み返して思った
    最初の行、「胸のサイズの表現の一つに戦闘が使われる事もある」に変更でお願いします

  • 14ななしのよっしん

    2018/08/22(水) 05:31:43 ID: i5ffNa3ObM

    なぜ関連項目龍驤がないw

  • 15ななしのよっしん

    2018/08/23(木) 10:35:44 ID: /7ErzqQ0bo

    概要(2)に『それほど厚みはいが絶壁に程近い以上に防御が高い』とあるが意味が分からない
    「(特殊素材等で薄さを補えれば)絶壁に程近くなる程(取っ掛かりがないので)守備が高い」と解釈すべきだろうか?

    >>9
    兵装史的用として胸部装甲は不適切であれ、胸部装甲と聞けば胸当て(blestplate)を想起するのが普通だ。
    という訳で、ビキニアーマーを除くと西欧ファンタジーを前提にする必要はないが、妥当な(80点?)ご質問だと思う。

    >>14
    ??「この拳王には抵抗は抵抗にならぬ!という訳で装甲も装甲にならぬ!せめてユリア位はなくてはな…」。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/21(水) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/21(水) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP