今注目のニュース
ワイキキビーチ 歴史と問題点
左手親指切断の男性 足の第2指が手に移植され“サムズアップ”(米)
スチームパンクすぎるベルギーのメリーゴーラウンドにワクワク ペガサスや鳥人間やクワガタが回り続ける

脇屋義助単語

ワキヤヨシスケ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

脇屋義助1305~1342)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

概要

新田義貞。討幕の際は彼と行動を共にし、金沢貞将との戦いに勝利鎌倉幕府滅亡に貢献した。その後建武政権では駿河と越前の守護になったとされ、武者所に登用されるなど討幕の功労者である新田一門として重用されることとなる。

やがて足利尊氏建武政権を離反するとである新田義貞とともに、尊氏の討伐軍を率いる。しかし一度の尊氏の上は防ぎきれず、北畠顕家の急襲で何とかしのいだものの、赤松円心攻略に手間取っているうちに、尊氏の再起が起きの戦いでは惨敗。再度京都を制圧される。

以降は新田義貞とともにタカ新田一門として北陸に向かいヶ崎に入る。しかし義貞と脇屋義助が不在の間ヶ崎が落することとなり、おまけに義貞は藤島の戦いであっけない戦死を遂げ、北陸新田一門の大将となったのである。を落とすなどの活躍はしたものの、ついに越前を離れて美濃経由で吉野に合流した。

その後1342年、伊予大館氏明の援軍として駆け付けたが急病を発し、あえなく病没してしまった。

息子屋義治も新田義貞息子たちである新田義興新田義宗に協して宗良親王を奉じるも、順次打ち破られていき、行方不明となる。さらに孫世代である新田貞方を支えた屋義則も最期はいまいちはっきりせず、新田氏嫡流同様歴史の表舞台から消えてしまった。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/10(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/10(火) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP