自己啓発セミナー単語

ジコケイハツセミナー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

自己啓発セミナーとは、自己啓発的として行われるセミナーである。

ただしいわゆる「自己啓発」を的としたセミナー全般をそう呼ぶというよりも、なんらかの心理的要素の向上を的としたものを特にそう呼ぶことが多い。

概要

そもそも「自己啓発」とは自らのを向上させたり、精的な成長を図ることを言う。心理学的な効果を的としたものをすと誤解されていることも多いが、例えば「外国語学習」「資格取得」などの純スキル取得的の研鑽も「自己啓発」の範疇に入る。このあたりは「自己啓発」の記事を参照されたい。

興味深いことにこの「自己啓発」という言葉を説明する日本語辞書などでは、「仕事に関する知識,技,経験などを[1]仕事に役立つ自己の[2]従業員自らの意思によって[3]などと、「仕事に役立つ」という面が強調されていることが多い。これは後述するように企業などの人材育成の手段として自己啓発の奨励や、自己啓発セミナーへの従業員教育の委託などが行われてきたという歴史を反映するものと思われる。要するに単に歴史的経緯であり、仕事を行うなどとは関連しない「自己啓発」もありうるし、仕事を絡めない記述の仕方をしている辞書ももちろんある。

この「自己啓発」を純に独学として行うのではなく、講師などによって伝授・教育あるいは訓練という形で行うセミナーが「自己啓発セミナー」である。多くの場合大人数を集めて行われるが、少人数あるいは一対一で行われるものもある。上記のように「自己啓発」と呼ぶと外国語学習や資格取得などもその範疇に入るのだが、それらのスキルを教えるセミナーは例えば「外国語教室」「資格講座」などの具体的な名称を使用するため、「自己啓発セミナー」とは呼ばないことが多い。

ではどういったものが「自己啓発セミナー」と呼ばれることが多いかと言うと、「意欲」「自発性」「積極性」「己心」「ストレス耐性」「根性」「り強さ」「経営者的視点」などといった心理的な要素を善することを的とした、あるいは少なくともそう謳っているセミナーをそう呼ぶことが多い。ちなみに、これはセミナーではなく書籍でも同様であり、「外国語資格取得の教本」を「自己啓発本」と言うことはあまりなく、「考え方を変える」「有用な心理スキルを身に着ける」ようなことを的とした本を「自己啓発本」と呼ぶことが多い。

「自分を変えたい」という要を持つ者が自発的にこういったセミナーに参加することもある。だが、例えば企業が人材育成を外注する形で自己啓発セミナーを専門とする別企業・団体などに依頼して、職務として「参加させられる」場合もある。

こういったセミナーは心理的な要素の善・変容を的としているからして、何らかの心理学的な手法をとることが多い。ただし、その採用している手法のエビデンス科学的根拠)が曖昧なことも多い。また、もし元が科学的知見にあったとしてもセミナーのプログラムとして反映するにあたって変質している可性もある。さらには催者の個人的経験や宗教的信念に基づいていたりと、ひどく主観的で根拠が曖昧なプログラムによって行われているものもあるようだ。

中には、講師が軍隊のように厳しい言葉での叱責や暴言を吐く、自分の過去のことを大勢の前で告白することを強要される、左翼団体がよく70年代にやっていたように自己批判を強要する、などの高圧的な手法を採るセミナーも存在している。その手法によって自殺者を出してしまったと疑われ裁判沙汰となった例もある。

あるいは逆にセミナーの「仲間」として取り込むような親和的な手法を採るものもあるが、最終段階においてそのセミナーへ他の人間を勧誘することもプログラムに含んでいたりと、マルチ商法カルト新興宗教に類似したものもあり、そのセミナーに依存する人間を作り出してしまうこともある。元々自己啓発セミナーやそれに類するものだった集団が宗教に変容した実例も複数存在している(「ライフスペース」など)。そういったマルチ商法新興宗教と同様に、強引な勧誘をおこなうものもある。

有名な事例としてXJAPANTOSHIホームオブハートという自己啓発セミナーに洗脳されていたという事件があった。この事件では多額の銭がホームオブハートに渡っていたが、この例を見てもわかるように銭的な被害を被るケースも少なくない。

このように、様々な危険や問題点をんだセミナーも数多く、一種の社会問題ともなっている。

自己啓発セミナーへの勧誘を受けた場合や、勤務先から自己啓発プログラムへの参加を促された場合には、上記のような注意点に気を配る必要があるだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *ブリタニカ大百科事典 小項事典、コトバンクexitより孫引き
  2. *精選版 日本国大辞典、コトバンクexitより孫引き
  3. *人材マネジメント集、コトバンクexitより孫引き
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/25(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/25(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP