自転車 単語

16025件

ジテンシャ

7.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

自転車とは、人力を用いて輪を駆動する乗り物である。チャリンコもしくはチャリと呼ばれることもある。に足のによってペダルを回し、動を伝達する。

曖昧さ回避

概要

現在の自転車の原となったものは1879年、イギリスにて発明された。

自転車は、移動距離当たりのエネルギー消費量を自動車やその他の乗り物べたらもちろん、徒歩とべてすら1/6エネルギーで済むエコ。しかも単位時間当たりのエネルギー消費量でべると徒歩と同じかそれ以上のため肥満予防にもなり速度も速い。

英語ではBicycleBikeだが、後者口語的で、エンジン付きの二輪車が含まれるなど広義になる。

自転車の特徴

自転車の特徴は、ハンドルと呼ばれる人間が手で持ちバランスと保ったり、方向を変える部分が付いていて、ペダルと呼ばれる輪部分に動を伝える部品を足を使って回すことにより、移動することができるという内容である。

近代においては3~5段階程度の変速機がついているモデルも多く、速度や坂といった状況に応じて自在に変更可。良いものでは前輪・後輪別々に変速機がついている場合もある。

人力で原動機(エンジン)はついてないが、電動アシスト自転車など動を効率的に補佐するため長距離や上り坂における負担や疲労を減らすことができる。

現在では世界中の人間の移動手段の一つとして広まっている。

欠点

地においてはあらゆる自転車が安定して速を発揮できるものの、徒歩にはない欠点も多い。

法律上の定義など

日本で自転車を乗る際には、下記のように法律で定められているため安全運転しなければいけない

自転車は、道路交通法では「車両」の一種であり、自動車同様に車両の一部として規定されている。
そのため、本来通常は歩ではなくを走らなければいけない(標識などで自転車の通行ができる歩は通行帯も走行可) 
ただし自転車から降りて押しながら通行する場合は歩行者と見なされる。

  • 法定速度は規定されてないが、標識による規制速度をした場合は違法となる。
    原付は法定速度30km/h)
  • 一方通行でない限り、の左に寄って走行する。路側帯も通行してよいが、歩行者の通行を著しく妨げないこと。
  • の標示、標識に従って通行すること。
  • 交差点で右折する場合、自転車横断帯がないときは必ず二段階右折する。
  • 右左折、進路変更、徐行や停止を行う場合、手で示を出さないといけない
  • 通行などは必ず歩行者が優先される
  • 逆走するのは交法違反です。
  • 前後にブレーキがない自転車でを走るのも交法違反です。
  • 無灯火ももちろん交法違反です。
  • 邪魔な歩行者などにベルを闇に鳴らすのも交法違反です。
  • を飲んで運転する事も交法違反です。
  • 携帯電話を操作しながら運転する事も交法違反です。
  • 差し運転も交法違反です。
  • 東京都神奈川県千葉県大阪府等30都府県では自転車損賠償保険の加入が義務です。
  • 二人乗り交法違反です。ただし以下の場合は例外(いずれも16歳以上の者が幼児1~2人を同乗させる場合)。
    • 幼児用座席に幼児を1人乗させ、16歳以上の者が運転する場合。
    • 幼児1人をひも等で確実に背負って16歳以上の者が運転する場合。
    • 幼児用座席に幼児を1人乗させ、幼児1人をひも等で確実に背負って16歳以上の者が運転する場合。
    • 幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に幼児2人を乗させ、16歳以上の者が運転する場合。
      幼児2人同乗用自転車:運転者のための乗装置及び2つの幼児用座席を設けるために必要な特別の構造又は装置を有する自転車。

免許制度や講習しでも利用できるものの、上記のように法律で定められているため、違反すると逮捕され、罰、懲役刑になる恐れがある。

自転車事故

近年では自転車による単独事故歩行者との接触事故が深刻になっている。
自転車だからダメージが軽いと思ったら大間違い(そう思ってるものも多く、当たっても逃げる者も多くいる。論轢き逃げに当たる)で、ある程度のスピード(30km/h以上) からの衝撃により、歩行者死亡または後遺症を負ったり、運転者がそのまま投げ出されて死亡することもある。バイクほどのスピードではないとはいえ、生身をしているのだからその衝撃は推して知るべしである。その上自動車のようなシートベルトバイクヘルメットライダースーツもないため、人体にかかるダメージは余計に大きくなる。

事故になった場合、交法違反による処罰の他、相手に対して多額の損賠償(慰謝料、医療費を含む)を払わなければいけないなど、多大な負担と苦痛を負うことになる

そのため、交通法規の知識を習得し、安全運転と周囲への配慮に努めながら運転しないといけない。

間においては高い反射機を持ったベスト・タスキ・バンド・反射テープなどを身体または鞄・自転車等に装着し、視認性を上げるのも非常に有効である。(小のものは100円ショップでも購入できる)

それでも避けられない事故に備え、国土交通省は自転車損賠償保険への加入を強く勧めている。
自転車損賠償保険の加入義務化も進んでおり、令和6年現在では東京都千葉県神奈川県など、
30都府県で加入義務となっている。

自転車環境の現状

上記のような規則や問題が取り上げられるにつれて次第に自転車のマナールールの周知底が強くめられるようになっているが、同時に道路環境・運用及び認識の面でも整備・善の必要が迫られている

日本国外では古くからの文化地な地形、競技の伝統など自転車と日常の結びつきが強く、道路の整備・運用方針や自転車マナー、自転車の権利認識などの普及が進んでいる。 

しかし、日本では決して広いとは言えない土事情や、経済成長による自動車の普及などに伴い交通事故が増加していた背景もあり、自動車側にとっては邪魔・自転車側にとっては危険という空気によって1970年の法正によって自転車が歩通行がになって以降、なし崩し的に「自転車は歩自動車」という本来ならば間違っている状態が「正しい」こととしてその後40年以上定着し続けてしまったため、それに合わせて自動車を最優先として道路の建設や運用がされてしまっており、自転車・レーンの未整備はもちろん、自転車をまともに通す気のある十分なスペースや信号配置の道路すら少ない状況である。

その上長年上記の認識が定着し続けていたことにより、未だ多くのドライバーにとって自転車は同じ道路を走る配慮すべき車両ではなく自動車の流れを妨げる障りな障害物扱いである。違反を承知の上で現実を見て警官などに歩を走るように導されてしまう例すらある始末である。

近年では自転車をに戻そうという機運が徐々に沸いてきたことから、少しずつ自転車レーンなどの整備を進める動きも出ていなくはないが、自動車の領域を削ることは難しく未だ不十分と言わざるを得ないのが現状であり、道路に対する割合は1にも満たない荷下ろしなどのいわば路上駐スペースに使えなくなるなどの苦情が起こってしまうこともあるくらいである。

互いにし合うあらゆる乗り物共通の事項として、健全な運転マナー意識の定着と共に、特定の層に押しつける形ではない意識の革や、それを実践できる環境作りもまた安全な交通のために同時に進めなければならない大切な要素と言える。

主な種類

自転車動画

ニコニコ動画における自転車動画として代表的なものは、自転車を用いた旅行動画や画像スライドショーである。すなわちサイクリング、自転車ツーリングを題材としていると言える。使用される自転車は本格的なロードバイクMTBから、ママチャリによる日本一周まで多岐に渡る。

またBMXやMTBトライアルツール・ド・フランスなどのロードレース動画も少なからずアップロードされているほか、自転車のメンテナンスの実演動画もみられる。

2009年7月5日、「出場するだけでも難しい」とされていたツール・ド・フランスにおいて、新城幸也がステージ5位を獲得。

続く第3ステージにおいても、別府史之がステージ8位を獲得するなど、今後も期待させられる内容である。

その新城2010年最初のグランツールとなるジロ・デ・イタリアステージ3位を記録日本人優勝じゃくなってきた感が。

その他

交通安全講習においてはスタントマンの方が自動車との事故を演じ、ド手に吹っ飛ばされることも。

上にハンドルをひん曲げた自転車もあり、カマハンハンとも呼ばれる。
中学生高校生などに多い。本人いわく「カッコイイから」。要するに黒歴史である。

関連動画

関連立体

ニコニコにおける主な自転車乗り

関連コミュニティ

自転車というタグが存在するが、自転車にカメラを取り付けて車載動画のようにする動画(自転車載動画)も存在する。その系統の動画は上記のような車載専門のポータルコミュニティ動画追加されることが多い。なお、その系統の動画は、車載動画タグが付くことが多い。

関連項目

ニコニコ大百科内にある自転車メーカー・自転車部品メーカー・自転車用品メーカー

※自転車メーカーは、自転車メーカーの一覧の記事を参照されたし。

ニコニコ大百科内にある自転車専門店

ニコニコ大百科内にある自転車レース・イベント

ニコニコ大百科内にある自転車競技選手・元選手

ニコニコ大百科内にある自転車がテーマのメディア作品

関連リンク

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/23(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/23(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP