今注目のニュース
好きな野菜ランキング、「トマト」が11年連続1位 「春菊」「ゴーヤ」は大人からも子どもからも嫌われる傾向
土砂災害に警戒 落雷にも注意! 東北
ポムポムプリンもタピオカまみれ。 可愛すぎかよぉぉぉ~!

舞い歌う五花単語

ティクニウトリショロトル

掲示板をみる(50)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ティクニウトリ・ショロトル!
ら、ショトロルの友なり!

舞い歌う五花(まいうたういつか)とは、ソーシャルゲームグランブルーファンタジー」のイベントである。
本項では、劇中歌「Never ending fantasy」と、同曲のCD発売に伴い実装されたSRキャラクター「ディアンサ」についても解説する。

\ウオオーッ! ハイ!/ 概要 \ウオオーッ! ハイ!/

2016年2月28日から3月8日までの間に行われたストーリーイベント
どう見てもアイドル巫女を支えるマネージャー巫女達を信望するドルヲタイクニア達により繁栄が保たれるショチトル
主人公達の騎団は、物語舞台であるこのショチトルに停泊し、巫女の護衛を引き受ける。が、その中で祭はとある計画を打ち出す……。

ちなみに、本作のメインストーリーに既存のキャラクタールリアビィしか出ない。
新規キャラクター中心の話ではよくあることである。

ネタバレ注意→[ファンタジーどこいったと言わんばかりの強スタート、そこに見え隠れするやや不穏な話……という流れの序盤だが、実はっ当にファンタジーしている。
突如顕現し、魔物で埋め尽くしてしまう星晶獣ショロトル。もが忘れ去ってしまった巫女と祝詞、歌の真実
巫女だけではなく、の人々が自らの行いから成長する王道ストーリーに評価は高い。
ただし尺の都合もあり、スポットが当たる巫女はディアンサとリナリアがとなる。]

\ウオオーッ! ハイ!/ 巫女 \ウオオーッ! ハイ!/

今回のイベントで登場する少女たち5人組。選ばれた少女14歳巫女となり、16歳巫女の役を終える。
の繁栄を祈り、の各所を巡業し歌って踊るのが役である。
巫女の信望者は「イクニアと呼ばれ、イクニア達はサイリウムトレピリを用いたヲタ芸踊りを互いに競っている。

巫女達は本イベントの1話をクリアすると召喚石として手に入る。
以下に各巫女達を紹介する。属性はそれぞれ召喚石の属性であり、彼女たちのイメージカラーと一致する。

ディアンサ(Diantha) 属性:水

CV水瀬いのり
色のサイドテールに束ねた、本を読むのが好きな少女の人口の半数近くに支持されている一番人気巫女
責任感が強く一生懸命だが、元来引っ込み思案な性格であり、今でも巫女として人前に出ることを厭っている。またその努ぶりは人前でミスすることを恐れていることの裏返しでもある。
5人の中では一の16歳であり、もうすぐ巫女卒業することになるのだが……

ネタバレ注意→[最後の巡業において突如発表されたリナリアのソロデビュー宣言に巻き込まれ、卒業後も活動を続けることを強いられたことで動揺してしまい、転倒し失敗してしまう。
この騒動をきっかけとして祭壇が魔物の巣窟になってしまったことに責任を感じ、騒動の原因である星晶獣ショロトルの居場所へ単身向かい、自らを生贄としてげてでも騒動を収束させようとするが……]

プレイアブル化

何と後に販売されるキャラクターCDの特典として、巫女5人組初のプレイアブルキャラが告知された。
今までの配布キャラクター同様SRキャラクターであり、CD特典の武器「リサウンドワンド」を入手することで仲間になる。フェリのように「ガチャ実装キャラクターCD購入により確定で仲間になる」仕様なのかは不明だが、実装当初の一般ガチャでは少なくとも手に入らない。
イベント後、事に卒業を果たした後の姿となっており、祭見習いを名乗っている。卒業後ショロトルのお告げにより立つこととなり、以前世話になった騎団に身を寄せるという流れとなっている。

召喚石同様属性であり、キャラクターとしては、後述のアオイドスに続く二人の「テンション」使い。
根本的にアオイドスとは運用が異なり、1アビリティスタンドプレイで自身にテンションを付与し続けるパフォーマンス効果を与え、上昇したテンションにより全体回復の2アビリティオフステイジ」の回復量、自身以外のテンションを上げる3アビリティ「チアー」の効果時間が強化される。
しかし、「パフォーマンス」効果は攻撃を受けると解除されてしまう。幸いサポートアビリティのおかげで攻撃は低いがその分狙われにくく、テンションの効果時間を延長できればテンション自体は残る為、そのまま残ったテンションで立て直しが可

注意点として、1アビリティゲージ30、3アビリティではゲージ20消費する。減少具合が馬鹿にならないため、ゲージを補強できるパーティ編成が望ましい。そういう意味でもリルルと好相性である。
SRローアイン同様、義「ミディアムアイドルオンステージ」はダメージが発生しない仕様であり、効果は味方全体にテンションを付与する。これも自身のテンションにより効果時間が変動し、最大3ターン保つことが可
実装時点では、他の味方キャラに長時間続くテンションを付与できるのはディアンサのみの個性
後続の強化を狙って2番手配置か、ゲージ消費がしいので4番手配置かは評価の分かれるところである。
義演出は巫女5人が集合してのパフォーマンス。これもSRローアイン同様演出に差異があり、顕著な例としてはジオラが「ぐらぶるっ!」のネタ逆輸入する

テンション自体には与ダメージ上昇の効果があり、素の攻撃は低めだがテンション4ならSSRアタッカーにも引けを取らない火力を得られる。義で持続を延長することで高テンションを維持する事も出来る。
テンション4でオフステイジを撃つと回復上限がSRとしては破格の2000になる。良くも悪くもテンションに性が左右されるキャラ

ちなみに、仕様としてマイページキャラクターにディアンサを設定すると「Never Ending Fantasy」のインスト版が流れる。これはCD特典スキンの「グランorジータ+キミとボクのミライキン」「オイゲンふんどしキン」等と同じ効果を持ち、CD特典以外では「アオイドス」「ロボミ」「シロウ」の3名が同じ仕様を持つ。

リルルアオイドスの両名と組み合わせ、主人公アイドルキンを適用するとまるで音楽番組のような絵面になる。

応援してくれる人もいる。だから頑張らないと。」

リナリア(Linaria) 属性:闇

CV田中美海
ピンクブロンドアップにした少女メンバーで加入が一番遅い14歳
事あるごとに「かぁ~いい」と自称する自信。一番人気のディアンサをライバル視しており、自分が経験と実績を積む前にいち卒業して「勝ち逃げ」されることを不満に思っている。
主人公彼女の踊りを「可かった」と言わず「普通かな」と評すると人が変わったような形相で詰め寄るなど、中々におっかない少女だが、ファンもその二面性については承知の上なようで、彼女ファンには何やら被虐的な傾向がある。

ネタバレ注意→[彼女が祭と共に推し進めていた計画とは、巫女からの独立、言わばソロデビュー
ディアンサも同様の舞台に引きずり出すことで、自らが一番だと明したいリナリアと、巫女の制度に疑問を持ち革をしたい祭との利が一致したことによるものである。
これだけなら仰々しく「計画」と述べる程のものではないと一見思えるが、この発表が巫女とイクニアの双方に多大なる波紋を呼び、の存亡に関わる大事となってしまうこととなる。
しかし、その後ディアンサと言い争った末に走り去った彼女が偶然、の伝承を一受け継いでいた集落に行き着いたことが、事態を解決に導く決め手となった。]

「ねえ○○さん、あたしとディアンサ、一番かぁ~いいのはどっち?」

ハリエ(Harie) 属性:火

CV小倉唯
ブラウンツインテールにした少女
ディアンサより年下の15歳だが今代の巫女リーダー的存在で、落ち着いた性格のお姉さんタイプ。その頼りがいのある姿は女子からの憧れの的となっている。
ビィに「卒業後は騎団でも立ち上げてみたらどうか」と言われたことをきっかけに、卒業後の進路として騎士に興味を持った模様。

「あと1年か・・・・・・卒業したら○○さんの騎団に入るのも・・・・・・ふふ。」

カンナ(Canna) 属性:風

CV内山夕実
黒髪ショートで癖っ毛の少女
座右の銘は「やってみてから考えろ」で、過剰なほどの前向きさの持ち。そんな彼女の前向きさに励まされる疲れた中年男性ファンが多いとか。ありがとうございます! ありがとうございます!がんばれ♥がんばれ♥

「ああ、よかった! やっぱり、やってみたら何とかなるんだよ!」

ジオラ(Diola) 属性:土

CV高橋未奈美
金髪ロングヘアーストレートに伸ばした少女
いつもぼーっとしており、食べ物のことばかりいていて何を考えているか分からない(く、食べ物のことばかり考えているわけではないらしい)が、巫女仕事はフィーリングでそつなくこなす。その浮世離れぶりは「ある意味最も巫女らしい」とも言われ、少数ながら熱狂的なファンを獲得している。

「や、や、やんばる や、や、やんばる
「食べ物の事ばっかり考えてるわけじゃないよ。」

ティクニウトリ・ショロトル

本作のイベントを進行すると手に入る召喚石。今回はキャラクターは加入せず、代わりに召喚石をイベントで入手する形となる。
まず、レベル20固定」「召喚時効果はオーバードライブ抑制」「正式加入するまではサブ石にしか編入できない」「SR召喚石」という共通項のある巫女五人から一人を選択し、一人ずつ編成に入れてクエストをこなすことで巫女攻略する巫女からの信頼度を獲得していく。
そうして五人全員の信頼度を獲得することで得られる報酬が、五人が集結したティクニウトリ・ショロトル」である。三段階上限解放された状態で入手できる召喚石。
召喚時効果は味方全体のテンションランダムで上昇させる。新要素であるこの「テンション」は基本的に1ターンしか持続しないが、既存の強化とは重複せず、火力を底上げすることができる。テンションは1~4の4段階存在するが、最低でも1割上昇、最高で2倍の攻撃になるため、一気呵成に攻め込む時にかけるといいだろう。ただし、配布召喚石という都合からか、彼女たちが非戦闘員であるためか、巫女単体の召喚石とこのティクニウトリ・ショロトルはしく召喚時にダメージが発生しない。
メイン召喚石に設定した時の加護「全属性HP10%アップ」と、攻撃に一切関係しない上に単属性への効果も薄い為、メイン召喚石・フレンド召喚石に置くのは非推奨。サブ召喚石に置いて効果のみを適用するには非常に強なため、事に召喚石を手に入れたイクニア、もとい騎士にとっては非常に有用な戦だろう。最初から上限解放されているのも見逃せない長所。
同時期に登場したSSキャラクターアオイドスを運用するなら相性は悪くない。アオイドスは自身の義の効果でターンの間テンションをそのまま維持できるため、爆発的な火力を長時間得ることができる。
アオイドスもアビリティで自分や他人にテンションを付与できるが、アオイドスと同時運用する際は、テンションが既に1~3付与されているキャラクターテンションを付与すると必ず上昇値が1になるのは注意。(例:アオイドスのテンションが2の時に「ティクニウトリ・ショロトル」を発動すると、アオイドスのテンションは確定で3になる)

この召喚石の名前である「ティクニウトリ・ショロトル」とは巫女演の開幕において唱えられる呪文。古い言葉なのでその意味については失伝してしまっている。(なので、これは彼女らのグループ名というわけではない)
ネタバレ注意→[この言葉の意は古の言葉でら、ショロトルの友なり」
に眠る星晶獣ショロトルに対しての言葉であるが、その意は失われ、形だけ伝わっていた。]

\ウオオーッ! ハイ!/ マルチバトル \ウオオーッ! ハイ!/

本作のマルチバトル「先史の遺像(VERY HARD星晶獣ショロト(EXTREME)。いずれも属性であるため、火属性で殴れるようにしたい。
いずれもHP減少による特殊行動がなく、スタンダード
先史の遺像の「ナキ叫ビ」はゲージを減少させる特殊行動。この行為は状態異常予防(所謂「ディスペルマウント」互換)では防げない。
ショロトルは暗闇状態でも命中率が高いため、攻撃自体を下げてしまった方が楽。
全体攻撃に二回行動確率アップ厄介が多いので、押し切れる火力がなければ防御・回復手段の確保を心掛けたい。

マルチバトルのショロトルを自発して撃退すると登場する難易度:HELLは先史の遺像とショロトルの2連戦となる。
連戦であることを頭に入れて臨もう。

ネタバレ注意→[ショロトルは覇戦争の時代、とある戦士と共に戦ったであり、その強さは星晶獣さえ打ち倒すほどだったが、それゆえにの民にを付けられ、星晶獣改造されてしまう。
星晶獣としての「因果を捻じ曲げるストーリーに登場する星晶獣アーカーシャの下位種ともいえる極めて強なものである。
そのによりの民の支配を脱し、戦士の元に帰ったショロトルだったが、変わり果てた姿ゆえに戦士からもを向けられてしまう。
悲嘆に暮れたショロトルはひたすらに暴れ回り、やがて眠りについたが、祭り自然と惹かれ、住民に迎え入れられたことで心の傷を癒すことができた。ショチトルの繁栄はこのショロトルによって守られていたのである。
ショロトルの悲しみを理解してか、皆がショロトルの傍にいるために作られたのが「先史の遺像」(本編時点ではショロトルという名前すら失伝していた)。オーバードライブ状態の像や、戦闘した個体以外の像が落涙していたのはそのためである。
そして巫女達はこの時の祭りの歌や踊りをんで現在の形となった。巫女達の歌や踊りでショロトルを癒すことを的としていたのである。巫女達単体の召喚時効果オーバードライブ抑制」はここから来ていると思われる。
しかし、リナリアのソロデビュー宣言で周囲に不安と動揺が広がり、ディアンサがミスをしてしまったことをきっかけにイクニア達がいがみ合ったことで再び暴れ出してしまった。
だが人々から真実が失われてしまっていた以上、ナリアのソロデビュー宣言もディアンサの失敗も単なる「きっかけ」に過ぎない。ショロトルが再び嘆き怒り狂った原因は、人々がショロトルへの想いを忘れ互いにいがみ合い、とてもショロトルを友と呼べない状況を作ってしまった事実そのものである。
最終的に真実に辿りついた巫女やイクニア達の団結により、ショロトルは再びその悲しみを鎮めることができた。
]

ちなみに、「ショロトル」とはアステカ神話金星であり、炎と不幸。ケッツァーコアトルの双子である。

ショロトルは召喚石としては登場しないが、ショロトルをモチーフとした属性武器がいくつか登場している。
今回の戦果ガチャは召喚石の代わりにSSRの武器が登場するようになっており、最大の玉はSS属性「ショロトルリッパー」
単純な性で言えば、過去イベントSSR武器「風神」の下位互換。ただし、SS属性自体がなかなか手に入れられる代物ではなく、古戦場武器の属性変換をこなせるようになるまでのつなぎとしては十二分の性であり、EXジョブ」の装備対としては安定した性を持っている。

チャレンジクエスト「新たなる力」

新規キャラクターの紹介であるチャレンジクエスト。今回のクエストは先述の「アオイドス」に加え「ザルハメリナ」、SRに昇格した「ライアン」と逆にRに降格したラムレッダ」の4人でショロトルに挑むことになる。
味方の体が高く、ショロトル自体はそこまで強いボスではないため、開幕の各キャラクターの説明さえ聞いていれば特に問題なく倒せるくらいの難易度で、気軽に挑戦できる。

Never ending fantasy

このイベントの特徴はやはり、イベント全体で取り扱われる楽曲「Never ending fantasy」だろう。
巫女達5人が歌う持ち歌。実はメロディ自体はゲームBGM「凱旋」のアレンジである。
イベント内でも流れる他、マルチバトルのショロトル戦ではインスト版が流れ、ある程度HPを削るとボーカル版に変化する。これはストーリーの流れによるものである。
HELLでは先史の遺像戦で1番、ショロトル戦で残りが流れていると思われる。
作詞は本ゲームカリオストロを演じている丹下桜CD化決定前から丹下氏のブログにて言及されているexit
作曲植松伸夫johnny.kが担当。

ネタバレ注意→[実はこの楽曲、他作品で言う「カルマ(BUMP OF CHICKEN)」のような伏線ソングである。
ストーリークリアしてからめて聞いてみると、歌詞意が全にイベントに沿い、星晶獣ショロトルに贈る歌であることが分かるだろう。]

2016年4月29日グラブル超会議ニコ生にてキャラクターCDが発売されることが確定。2016年7月27日に発売した。詳細は以下の通り。収録楽曲はユニットと各キャラクターソロバージョンを収録。

■収録楽曲
M01:Never Ending Fantasy 歌:ディアンサ(CV:水瀬いのり)、リナリア(CV:田中美海)、ハリエ(CV:小倉唯)、
ジオラ(CV:高橋未奈美)、カンナ(CV:内山夕実)
M02:Never Ending Fantasy ~Diantha Ver.~ 歌:ディアンサ(CV:水瀬いのり)
M03:Never Ending Fantasy ~Linaria Ver.~ 歌:リナリア(CV:田中美海)
M04:Never Ending Fantasy ~Harie Ver.~ 歌:ハリエ(CV:小倉唯)
M05:Never Ending Fantasy ~Diola Ver.~ 歌:ジオラ(CV:高橋未奈美)
M06:Never Ending Fantasy ~Canna Ver.~ 歌:カンナ(CV:内山夕実)
M07:Never Ending Fantasy(instrumental)

 ■商品仕様
・描き下ろしジャケットイラスト
・特典シリアルコード
1Sレア武器「リサウンドワンド」(Sレアキャラ「ディアンサ」解放武器)
2 エリクシール 3個
3 Sレア以上武器確定チケット(ゲーム自体のアップデートにより追加)

\ウオオーッ! ハイ!/ 関連動画 \ウオオーッ! ハイ!/

\ウオオーッ! ハイ!/ 関連項目 \ウオオーッ! ハイ!/

グランブルーフ ァンタジーの登場キャラクター
メインキャラクター 主人公 - ビィ - ルリア - イオ - オイゲン
サブキャラクター ファラ - ヴィーラ - フェリ
パーティキャラクタ

ヨダルラーハ - ゼヘク - ローアイン - ジン - アリーザ - ディアンサ - ロボミ - シロウ -
ダヌア - ガンダゴウザ - パーシヴァル - ランスロット - シャルロッテ - カリオストロ -
ハレゼナ - ゾーイ - ベアトリクス - ナルメア - ヴァンピィ

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP