今注目のニュース
尊敬できる上司ってどんな人?「ストレスを感じても表に出さない」「そばにいるだけで成長できる」
ニチガス、顧客アドレス662人分が流出 誤ってCCに...電話で全員へ謝罪
ゴーン会長、超高額報酬に批判も=「高くない」と反論

航空単語

コウクウ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

航空とは、なんらかの機構を用いて中を移動することである。
今日では、飛行機や回転機(ヘリコプター)などを用いて中長距離間を移動する、鉄道バス、船舶などと同様の客・貨物の輸送手段の一つとして捉えられることが多い。

日本の民間航空史

日本民間航空路線の歴史は、1922年(大正11年)の-徳島間における日本航空輸送研究所の水上機路線解説に始まるとされている。

のち、朝日新聞系の東西連絡研究会により東京大阪間を結ぶ航路が1928年(昭和3年)に開かれ、その後は策により日本航空輸送、大日本航空組し、戦前戦中には日本本土のみならず朝鮮満州台湾南洋諸島など当時の日本下にあった地域、更には中華民国東南アジアなど際線も含めて広大な路線を展開した。

戦後GHQ航空禁止令によりしばらく民間航空歴史は途絶えるが、占領政策の転換によりそれが解除されることとなる。その流れで1951年昭和26年)に日本航空JAL)が設立され、翌年にノースウエスト航空の委託という形で内線の運行が開始された。1953年昭和28年)には同社はホノルルサンフランシスコ線を端緒として際線にも参入した。

またこれとは別に、戦前航空産業に関わったメンバーたちにより1952年昭和27年)以降、日本ヘリコプター輸送(日ペリ)や極東航空など航空会社がいくつか誕生する。この日ペリと極東が1958年昭和33年)に合併し、今日に至る全日本空輸ANA)が誕生した。

その後、他の中小航空会社も合併を繰り返し、1970年昭和45年)に日本国航空東亜航空が合併して東亜航空TDA)が誕生すると、日本の大手航空会社は3社に集約された。それに伴うこの年の閣議により、1972年昭和47年)には「際線・幹線JAL幹線ローカル線ANATDAが運行する」という運輸省針、「45/47体制」が形作られた。

1980年代になると規制緩和の動きが海外で顕著となり、日本でもその流れを受けて1985年昭和60年)に「45/47体制」が解除され、各社とも際線からローカル線まで幅広い参入が可となった。また特殊法人であった日本航空は電電社や国鉄同様、民営化が推進され、1987年昭和62年)に実行された。

1990年代以降、スカイマーク北海道航空(後のAIR DO)のような新規参入会社が現れる一方、東亜航空めた日本エアシステムJAS)と日本航空2002年平成14年)に経営統合されるなど、再編の動きも生じた。
なお、この経営統合によって発足した(新)日本航空2010年平成22年)、また新規参入会社であったスカイマーク2015年平成23年)、北海道航空2002年平成14年)にそれぞれ経営破綻しており、民間航空を取り巻く環境の厳しさを知らしめるに至っている。

2010年代以降、日本においても格安航空会社LCC)の参入が本格的に始まっており、大手航空会社や他の交通機関を含めて新たな競争の時代を迎えている。

日本の国内線

日本内線には、高速鉄道新幹線)を用いても所要時間が4時間をえる区間、さらに沖縄路線を中心に、世界でも屈の便数が設定されている路線がいくつか存在している。

特に羽田 - 新千歳線は北海道新幹線札幌開業を果たしていないこともあり、日70便近くの運行、120万座席以上の供給がされている。これはLCCにより開拓された成田 - 新千歳線を含まない数字であるが、この座席数は他の路線を大きく引き離して世界一である(2014年現在。統計により差異はある)。

また東京の玄関口である東京国際空港羽田空港)は、2010年際線が再就航したとはいえ未だに内線利用者がその8~9割を占めているにもかかわらず、年7200万人(2014年現在)と世界でも4~5位レベルの利用者数を誇っている。世界でも10に入る人口密度の高さと、南北・東西に長く山岳が多い土が影したといえよう。

新幹線との競合があるため、日本空港の利用者数はその属する都市圏の規模だけでなく、東京との距離に影される傾向がある。内線と際線を合わせた場合、羽田空港に次いで利用者数の多い空港成田国際空港であるが、それ以降は福岡空港新千歳空港関西国際空港関空)、那覇空港の順となっている(2014年現在)。大阪国際空港伊丹)、中部国際空港セントレア)の利用者数はそれらよりも少ない。

一方、これは日本に限らず世界中で見られる話であるが、地方が観光や産業振のために開設した空港には、利用者数が伸び悩み意義が問われるものもいくつか存在する。
また新幹線の延伸や速度向上で利用者がそちらに流れ、それまでドル箱であった羽田線・伊丹線の利用者を失い、存在意義を低下させた空港もある。

関連動画

関連項目

掲示板

    掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP