今注目のニュース
回転寿司界ナンバーワンコスパランチはくら寿司の『うな丼』だった
「恥ずかしい記憶」と闘っている人は7割 「元カレの前でおならを…」
AIは人間を超えるの? DNAを50年以上研究してきた専門家の答えとは

艦これ 妄想コミカライズ単語

カンコレモウソウコミカライズ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(196)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

―「艦これ」を王道百合少年漫画()にコミカライズしてみた。―

しまざき

概要

艦これ 妄想コミカライズとはしまざき氏による艦これファンコミックである。
ニコニコ静画にて開中。第16話まで週刊更新、以降不定期で更新を続けており、2015年71日(現在、42話までが開されている。

公式四コマアンソロジーをはじめとする艦これ生作品は、艦これゲーム本編と同様、艦娘をはじめとする世界観の設定に深入りすることなく物語を構築しているものが多数を占め、史実のエピソードをなぞる物語も多い。
漫画はこれらとは一異なり、後述のように世界観やキャラクター人間関係などに大幅な独自解釈を盛り込みつつ、ゲーム本編の進行をなぞる形で物語が展開する。
また、戦闘後に発生する艦娘ドロップや、同一の艦娘が複数出現することなど、現実的に考えると不可解になり得るゲームシステムについて、それらに詳しい読者ほど思わず膝を打つような巧みな独自解釈によって合理的に説明づけている点も特筆できると言えよう。

あらすじ

 女子中学生であるフブキみゆきの二人は、通学路に存在する「舞鎮守府」と名のついた神社興味を持っていた。
 ある日偶然にも、神社内のが開いているのを発見した二人がその中を除くとそこには機械が鎮座しているのを見つける。
 その後、で突如現れた「穢艦」と呼ばれる軍艦の亡霊、それに取り込まれるみゆき
吹雪型1番艦と呼ばれる機械、「装」を持ち現れた鎮守府少女赤木フブキにこう言い放った。
「あれと戦いなさい」

キャラクター

キャラクターの人物設定は、「艦そのもの」であったゲーム本編から大幅なアレンジが加えられている。

舞鷹鎮守府所属

鶴舞 フブキ(つるまい ―)

本作品の主人公。地元の学校に通う中学2年生の女の子であり、みゆきとは古い友達
 使用する装は”吹雪型駆逐艦1番艦 吹雪”。
瀬が第10話で報告の形で評価しているところに因れば、「同調率が高く、操に優れるが精神攻撃に脆い」
因みに苗字は、多くの駆逐艦ネームシップを生んだ軍工の存在した舞が元である。

上坂 みゆき(こうさか ―)

フブキの親友。フブキとは共に帰る中でクラスでも仲がいい。
第1話にて穢艦に取り込まれてしまう。
 使用する装は”吹雪型駆逐艦4番艦 深雪
瀬の評価は「にはまらない動きが戦況を有利にすることもあるが、基本駄が多い」 

六辺 ましろ(ろくべ ―)

フブキたちと同じ学校に通う友人。
使用する装は”吹雪型駆逐艦2番艦 白雪
瀬の評価は「撃精度が高いが、想定外の状況に弱い」
また、史実に関連するネタ(艦のスペックや史実の事件など) にも詳しく、しばしばその方面の発言が出る。

雪枝 初衣(ゆきえだ うい)

フブキたちの友人。
使用する装は”吹雪型駆逐艦3番艦 初雪
穢艦に取り込まれていたが、ましろうような行動を見せた。
瀬の評価は「的確な情報分析による後方支援に長けるが、単独での戦闘はそれほどでもない」
造船技師である父親の影か、船舶・機械分野において詳しい知識を持ち、
第26話ではそれを生かして船舶を復旧させた。 

赤木 静流(あかぎ しずる)

鎮守府を管理している巫女装束の少女フブキ深雪よりは年上に見える。
鎮守府の周りに結界をったり、札から艦載機を作り出したりと術のようなものが使える様子。
使用する装は”赤城航空母艦 赤城”だが修復中で使えないようだ。
なお、苗字の「赤木」は誤字ではない。
過去には「うずしお号事件」と呼称される事故の生き残りであった模様。 

伊瀬 陽子(いせ ようこ)

鎮守府の管理をしている少女赤木と同じくらいの年に見える。
艦惟システムや、穢艦についてなど世界的な事情を知っている様子。
使用する装は”伊勢戦艦1番艦 伊勢”だが赤木同様使えない様子。

北上(きたがみ)

フブキ達が舞鎮守府に来る前から戦っていた女子高生
使用する装は”球磨巡洋艦 北上” 
自分が「きたがみ」なので装の名前もよく間違える。(装は「きたかみ」である)

大井

第1話以前の戦いで穢艦に取り込まれ、入院中。 
22話において、を襲撃した穢艦艦隊の中に穢艦となった本人が登場している。
これが雷巡チ級だったことから、北上同様に艦娘の時の装は”球磨巡洋艦 大井”だった模様。

テイトク

鎮守府で飼われている
女の子の足が大好きで飛びついてくる。 

間宮さん

1ページだけ登場。やっぱり食事を作っていた。
赤木静流にはのような人と思われていた。 

龍浪島(たつなみじま)警備府所属

ちんまいけど中学1年である。
使用する装は”駆逐艦1番艦 
この作品では装は両サイドの装甲版が下がり、そこからのホバー推進で上を移動する。

使用する装は”駆逐艦2番艦 
第六駆逐隊の4人は過去事故に遭遇しており、その時に一つの救命ボートに乗り合わせて生還した。

使用する装は”駆逐艦3番艦 
一航戦の記憶篇においても、警備府に引き取られた直後と見られる4人が登場している。

昔穢艦に出会ったときの恐怖から戦闘に消極的。
使用する装は”駆逐艦4番艦 電”
39話で横佐賀鎮守府に呼ばれ、フブキたちと再会。
第42話においては、五月雨から大切な記憶を伝えられた。
またこの時、第六駆逐隊の4人が遭遇した事故は「うずしお号事件」であったことが判明している。

天龍

使用する装は”天龍軽巡洋艦1番艦 天龍
以前合同演習北上大井に開幕撃を食らってやられたことから二人をライバル視している。
剣術の使い手。4人にとっては厳しくも頼れる教官役。 

龍田

使用する装は”天龍軽巡洋艦2番艦 龍田
浪古武術のうち、槍術(得物は薙刀)の使い手と思われる。 

龍城 アカネ(たつしろ ―)

この鎮守府提督ポジションの老人。数少ない高速修復札を作れる人物の一人。
剣術槍術術から成る浪(りょうろう)古武術の師範であり、それを艦娘用の武器に応用しようとした。しかし術以外は定着しなかったようで、剣術槍術を取り入れた兵装は天龍龍田など一部の艦娘しか使っていない。

その正体は赤城の初代艦娘艦娘用装備の開発にも関わっていることから、鎮守府全体でも重要な人物と思われる。 

加賀 葵(かが あおい)

一航戦の記憶篇に登場。当時14歳。使用する装は”加賀航空母艦 加賀
海風・陸に乗せて矢を自在に飛ばす術の使い手。
また、当時の天龍龍田を軽くいなすなど浪古武術全般に長けている模様。
涯孤独であり、「家族」というものを知らないで育つ。に来た赤木先輩として導することになる。

佐世戸鎮守府所属

白浜 しずく(しらはま ―)

鎮守府関連の館でバイトしている中学2年生。
使用する装は”白露型駆逐艦1番艦 白露

立花 時雨(たちばな しぐれ)

しずくのいとこ。
事故家族を失っており、しずくに引き取られて同居している。
第27話時点ではまだ艦霊がなく、艦娘ではなかったが、第29話にてついに艦娘に。
この時、それまでの遇と駆逐艦時雨遇がリンクした為か、初同調と同時に艦霊がとなった。
その為、使用する装は”白露型駆逐艦2番艦 時雨” 

鳳 翔子(おおとり しょうこ)

現時点における現役最年長の艦娘の一人。
使用する装は”鳳翔空母 鳳翔
この作品では肩の飛行甲を浮かせて、その上を矢で射ることで艦載機を射出する。
県下にいくつもの館や飲食店を経営している実業でもある。
一航戦の記憶篇において、一時期応援として来ていたことが判明した。 

雨宮 五月(あまみや さつき)

使用する装は”白露型駆逐艦6番艦 五月雨
涼風でもある。
39話において横佐賀鎮守府に呼び出され、フブキたちと再会。
第42話において、「うずしお号事件」の生き残りの一人であったことが判明。
その際、一人だけ精神攻撃への耐性が高く(本人く鈍かった)、記憶の欠落がかったため、ある情報を電に伝えることとなる。 
ちなみに、当初名前は判明しておらず、第42話時点において漸く明かされた。

涼風

使用する装は”白露型駆逐艦10番艦 涼風
五月雨と共に時雨の艦惟を翔子のもとに届ける役割を負っていた。 
第42話において「うずしお号事件」の生き残りの一人と判明した。
その際も本名が判明することはかったが、五月雨ならば苗字は「雨宮」であると推測される。

明石

佐世戸鎮守府の技術担当。
遠方での作戦行動のための支援用船舶、移動鎮守府構想の実のため、
クルーザーを改造した”工作艦 明石(仮)” を動かす。

利根

一航戦の記憶篇に登場。使用する装は”利根重巡洋艦1番艦 利根
この時点で17歳

筑摩

利根と同じく一航戦の記憶篇に登場。使用する装は”利根重巡洋艦2番艦 筑摩 

横佐賀鎮守府所属

大淀

佐賀鎮守府においてフブキたち初期艦に事情を説明した。
使用する装はおそらく”大淀軽巡洋艦 大淀”だと思われる。

その他

船見坂

第5話から登場。舞鎮守府で使用される装の製造と保守を担当する「船見坂船舶装」社長の老人。
戦後に造船業から発展した日本を代表する大企業フナミックグループ会長でもある。
父親が戦時中初雪に乗艦していた。 
第38話において、過去提督として艦娘を率いていたことが判明。
利根筑摩鳳翔といった艦娘揮していたことから、提督としての所属は佐世戸鎮守府であったと思われる。 
また、提督を退役した後は装開発を手掛けていたと思しく、第41話においては提督のもとに特装を一機届けていた。
(なおこの際、『時間がかったために外見は吹雪型の物を流用した』と説明しているが、これは給気口(装の煙突両サイドに付いているアレ)が、特以降は本来ならキセルからお椀綾波敷波の煙突の形状)に替わっていたなのを踏まえたネタである)

新垣

第16話ラストで名前のみ初出。本格的な登場は第19話から。
艦娘装の整備を担当している新垣装の社長
昔気質の工場(こうば)の長といった感じの、口うるさいが気の良い老人。 

立花 夕日(たちばな ゆうか)

域篇にて名前のみ登場。立花時雨。容姿は夕立のそれである。
第27話以前に起きた事故によって、両親共々時雨の眼前で穢艦にみ込まれ行方不明となる。 
後に第32話において、穢艦となった本人と見られるものが出現している。
なお、この時は駆逐ハ級を地逆にし、本来の下に当たる部分から夕立改二を思わせる上半身が起き上がった形を取っていた。

村上 鈴音(むらかみ れいん)

域篇に登場。立花時雨後輩、かつ夕日の親友。容姿は村雨のもの。
それなりにお嬢様であるようで、神崎・大徳という二人の男性を部下として持っている。
クルーザーで湾に出ていたところ、潜水カ級、更にはの穢艦(夕日)の姿を撃することとなる。
穢艦の姿を見られたことからも判るように惟を持っており、第33話にて大まかな事情を知った模様。
因みに本人雨女であり、自分の名前が「れいん」であるせいだと時雨に話していた。 

八雲 集(やくも つどい)

はじまりの五人篇から登場。使用する装は”吹雪型駆逐艦5番艦 叢雲”。
よりもく横佐賀鎮守府で待っていたが、彼女自身が横佐賀所属であるかは不明。
からトレーニングを行うなど、努としての一面を持つ。
フブキの事は「ネームシップ」と呼ぶが、何故かフブキからは名前を間違われて呼ばれている。

小湊 海波(こみなと みなみ)

はじまりの五人篇にて登場。初出は第39ラスト。使用する装は”綾波駆逐艦9番艦 ”。
フブキたちと同じく横佐賀鎮守府に向かう途中、穢艦の襲撃を受けたことで戦闘に。
単艦で格上である軽巡へ級3隻を(刺違えに近い状態とはいえ)倒すなど、戦術眼と冷静さに長けている。
41話において、提督の下で幼少期を過ごしていたことが判明。
初期艦であったため、周囲に艦娘覚醒者を出すことを危惧した提督の判断で学校にも通っておらず、ネットを友としていた模様。そりゃスラングてんこ盛りにもなるわ。   
第42話において、彼女もまたうずしお号事件の生き残りであったことが判明した。

漣提督(仮称)

41話で登場。車椅子男性波を引き取って養育していた。
屋敷に「メイド長」と呼ばれる女性を併せ、判っている限り三人で暮らしている。(他の使用人が居るかは不明)
メイド長の「もう提督とは呼べない」という発言から、過去には提督として艦娘メイド長もその一人の可性が高い)を率いて活動していたと思われる。その際、船見坂提督とも親交が有った模様。
また、店頭のマスコットに気を取られた波にさりげなくそれをプレゼントするなどかなりの紳士である。
退役後はアトリエに籠り、絵を描くことが多かったが、最近何らかの要因で健康状態が悪化し、緊急入院中である。
(なお、本名は実際には明かされていないため、名称は編者が付けた仮称である)

用語説明

艦これ」に登場する用メインだがその意味にアレンジが加えられている。

穢艦(えがん)

敵艦隊を差す用深海棲艦。本作でも本質的には変わらないが、「当時の妄執に捕われた終わらない戦争を繰り返す軍艦や、得体の知れない悪霊の集合体」という設定になっている。
穢艦の核となる艦船の霊を「艦霊」(かんだま)と呼び、これを宿すものが「エリート」、さらに艦娘適性者の思惟体を取り込んだものが「フラッグシップ」である。
穢れを浄化しカードに宿らせるとそれが「艦惟」(かんこれ)になる様子。


基本的には霊体であるため普通人間には見ることができない。しかし見られずとも実体はあるので、一般人物理攻撃でも破壊は可も核の浄化が出来ず、すぐに修復されてしまうので艦娘の浄化弾でなければ根本的に祓う(=破壊する)ことはできない。

因みに「穢艦」という呼び方は「深海棲艦」という呼称が出来上がる前に各地で非公式に呼称されていた呼ばれ方の一つであり、鎮守府における公式の呼称としては「深海棲艦」が正しい模様。
(作中でこの呼称を積極的に使用しているのは舞鎮守府過去警備府のみである)

艦惟(かんこれ)システム

穢艦に一対抗することのできるシステム。船の霊を封じたカード「艦霊(かんだま)」とそれをエネルギーとする船をモチーフとした装備品「装(ぎそう)」の二つからなる。
のように装着することで、それぞれの台や魚雷を使用が可
ただし、装着にはそれぞれの艦霊に対応した適性者が必要であり、適性のない人物では起動できない。
なお、装を装着した場合、敵から受けた体的ダメージはすべて装が肩代わりしてくれる。
ただしや装着品に関してはそれが起こらないため「がはだける」といった事故は起こるようだ。

艦霊(かんだま)

穢艦の核でもあり、艦惟システムを動かすのにも必要な船の魂とでもいうべき物。
同調者がいる場合、カードにその人物の絵が現れる。
海外艦の艦霊は日本カードに宿らなかったり、意思を持っているらしく単純に浄化するだけではいけないようだ。 

惟札(これふだ)

艦娘が使う装に装着される艦霊を封じた札と、思惟(しゆいりょく)と呼ばれる霊的なのみで作られた装備品の札がある。
艦霊を封じた札は専用の施設で修復が可だが、思惟のみで作成された札は一度破壊されると修復が出来ない。 
39話において、惟札の原初期艦の初代艦娘たちが自身の艦霊を「札」という形に収めたのが始まりと判明した。
なお、艦霊を封じた札には「」「改二」と其々呼ばれるものもあり、同調率が高い場合など特定の場合に発動。
その時にはカードの画が若干描き替えられる(装飾が追加される)模様。改二については後述「過同調」も参照。

過同調(かどうちょう)

30話で初出。艦と艦娘、相互の思いが強く作用しあうことで、艦娘の精体にまで影を及ぼしてしまう現
通常は艦惟システムの処理限界えてしまい、一種の暴走状態と化してしまう。
これは妄執に突き動かされるという点で穢艦に近い状態となってしまうということでもある。
その一方で、艦娘高い練度を持ち、尚且つ装側にそれに合わせた専用改造を施すことが出来れば制御が可
その場合、艦娘は強いを得ることが出来、「改二」として呼称される。(艦惟の画も描き換わる)

艦娘(かんむす)

本作においては艦霊と同調し、使うことのできる少女を差す。
例えば赤木静流の場合では「正規空母赤城艦娘赤木」となる。
初めての同調の際に基本的な知識は艦惟から艦娘に引き継がれる様子で、戦闘の方法なども同時にインプットされる。
艦霊に選ばれる者は少なからず縁があり、名前や遇などに共通点がある。
装の装備中、思惟通信(しゆいつうしん)と呼ばれる、テレパシーの様な形での通信が可。 
また、ダメージを受け過ぎて「沈没」した場合、思惟体(魂)が体から分離してしまう。この場合、体は植物状態となる模様。ただし、思惟体を取り戻すことが出来れば回復出来るようだ。

惟力(ゆいりょく)

思惟とも呼ばれる、艦娘が共通して持つ「清め」の
艦霊と同調できる者のみが持ち、穢艦の持つ「穢れ」と対極のとなる。
その為、このを用いることで穢艦を浄化できるが、その素質を持った人間穢れを引き寄せてしまうため、この世界で頻発する事故の原因の一つとなってしまっている。
また、惟の規模は個人の資質によって違いがあるようだが、具体的な基準は未だ不明。
ただし、「初期艦(後述)」の艦娘は強い惟を持っている事が明かされている。 

鎮守府

本作では名称が少し違っており(舞→舞、佐世保→佐世戸、横須賀→横佐賀)となっている。
穢艦が悪霊などの霊的な存在であるという設定から、ゴーストバスター的な組織と思われる。
それ故か、船のドックや軍事基地ではなく、神社教会等に設置されている。

鎮守府によって差異はあるが、中には装を補する区域、入渠スペース(大浴場)、応接室などが整備されている。
おおむね本編である艦これと同様の機を持った場所と思っていいだろう。

初期艦

世界観における「最初の艦娘」である5人の艦娘の艦霊を受け継ぐ艦娘の事。
具体的には、”特Ⅰ1番艦 吹雪”、”特Ⅰ5番艦 叢雲”、”特9番艦 ”、”特4番艦 電”、”白露型6番艦 五月雨”の5艦から成る。
其々桁外れの惟を有し、穢艦を強に引き寄せてしまうほか、近くの艦娘適正者たちを覚醒させるきっかけとなってしまうことから、他者との接触が有形形に制限されている模様。

なお、初代の5人は穢艦を鎮めるために全から集められた巫女であった。
この時代には艦魂を直接自身に憑依させる方法を行っており、ある種の「降ろし」ではないかと推測される。

うずしお号事件

この世界において起きた事故あかつき号事件ではない。   
穢艦に襲撃されて沈没したと思しく、被害者の中には赤城・電・五月雨涼風らが含まれていた。
なお、この時精干渉によって、事件に関係した者からは多少の記憶が欠落している模様。

関連静画

鎮守府正面域篇

第六駆逐隊

南西諸遠征篇

域篇

一航戦の記憶篇

本編よりも約8~10年ほど過去エピソードとなっている)

はじまりの五人篇

関連商品

作者のしまざき氏は、公式アンソロジーでも佐世保鎮守府編の5・6巻に島崎無印名義で参加している。特に5巻は第六駆逐隊役であり、本編と内容がリンクしている。

関連項目

掲示板

  • 194ななしのよっしん

    2017/08/15(火) 21:34:19 ID: 07SqtQy5Nx

    アニメがあんな出来だったし
    本人がべられるの嫌で描くの辞めたんでしょ

  • 195ななしのよっしん

    2017/08/16(水) 15:38:55 ID: NFvrwT6eFY

    単に連載の仕事が忙しくて徐々に創作意欲が遠のいてしまったんじゃないかなって。

  • 196ななしのよっしん

    2017/08/16(水) 17:42:24 ID: YuEpPlklTB

    >>194
    そういう発言は迷惑な上に的外れで哀れになるから、巣に篭ってやってね。

急上昇ワード

最終更新:2020/03/29(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/03/29(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP