今注目のニュース
パイロットが少女を強姦 被害者の口封じを試みるも実刑判決
松本人志、愛人を作らない理由に驚きの声 「性格的に無理なのよ」
ズボンをはかない息子を怒鳴るも…息子の“大人”対応で怒り方を反省した漫画 「涙が…」

花の乱単語

ハナノラン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

花の乱とは、1994年4月12月に放送された第33作NHK大河ドラマである。

概要

な意味で室町時代を扱った一の作品であり(太平記鎌倉南北朝時代、それ以外は戦国時代も扱っている)、応仁の乱が描かれた重な作品である。

主人公悪妻として知られる足利義政の妻・日野富子で、三田佳子は1986年大河ドラマ「いのち」以来となる2度演作である。大河ドラマのご多分に漏れず、富子が(自分が原因の一つもであるが)応仁の乱を終わらせようと尽するなど美化されてもいるが、富子を含めて登場人物の大半(一休・者らごく一部の人物を除く)が、に一物ある野心など悪人や曲者ばかりなのが特徴でもある。

時代設定がマイナー染みが薄いことに加え、一族同士が争ったり裏切りを繰り返すなど人間関係が複雑かつドロドロしている上に、ウィキペディアに説明してあるとおり、フィクションかつファンタジー的な内容が多かったことから視聴率は低迷。「平清盛」「花燃ゆ」が放送されるまで、最高・均視聴率ともにワースト1を記録してしまった。

但し、駄作かと言えばそうでもなく、室町時代の退した雰囲気や屋錦之介・野村萬斎らの好演など見所も多く、これまでほとんど描かれることがかった室町時代を選んだ意欲作もある。大衆受けこそ悪かったものの、もっと評価されるべきというも多く(これは後の「平清盛」も同様)、視聴者にとってかなり好き嫌いの分かれる作品であったと言えよう。

なお、歴代大河ドラマの中で俳優りを兼任しているが、三田ナレーション全に第三者視点のものであり、富子がり部というわけではない。

スタッフ

キャスト

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2017/03/20(月) 13:58:23 ID: SZqvuFuOGR

    ハマればとことんハマる大河だよな

  • 4ななしのよっしん

    2017/05/19(金) 21:34:38 ID: N7ygQJw25X

    新書の「応仁の乱」がけっこう売れているみたいだから、再注されると良いな。
    大河ドラマDVDレンタルして見たりするヤツって歴史好きぐらいだろうし。

  • 5ななしのよっしん

    2018/11/25(日) 07:00:45 ID: jxXZ6T00Ai

    中世大河だから、ファンタジーなのはむしろ史実に忠実ですな
    時の人々は霊が行き交い天狗の暴れる魔都・京都陰陽師と加持祈祷を頼みに生き、
    公家日記のような一番信頼できる記録も魍魎に溢れていたのだから

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP