今注目のニュース
松本人志、“友人”ウエンツ瑛士に無視される
【関連あるか】救急車のサイレン音量、じつは昭和26年から変わらず 病院への搬送時間は20年で12.3分増
海外サッカーファン小柳ルミ子のガチ「toto」予想結果が凄すぎ!? 「toto」の種類から買い方までの永久保存版レクチャーもあり!

花火の日単語

ハナビノヒ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
要編集 この記事は要編集記事の一覧に挙げられています。
編集・情報提供にご協ください。(掲載理由:情報量の不足
編集が終了しましたら要編集記事の一覧までご報告願います。

花火の日とは、日本の記念日である。
日本ではじめて花火が打ち上げられたのが1733年の5月28日であったことから、5月28日が花火の日となっている。

概要

花火の起は古く、紀元前三世紀の古代中国だと考えられている。
日本に入ってきたのは、それからおよそ二千年後のこと。
花火を最初に見た日本人は、あの徳川家康だともいわれている。

それから日本でも花火の製造がはじまり、たちまち江戸庶民のあいだで大人気となる。
当初は手持ちのおもちゃ花火ばかりで、これを最初に考案したとされるのが、「鍵屋」の弥兵衛
あの「たーまやー」「かーぎやー」の「かーぎやー」の方である。
その後、打ち上げ花火の原を作り、幕府に献上したのも「鍵屋」だといわれている。

そして、1733年5月28日隅田水神祭りの開きで、日本ではじめての花火の打ち上げがおこなわれる。
これは、現在でも毎年開催されている「隅田花火大会」の原であるが、
今の花火大会とはちょっと趣が異なる。
花火打ち上げの前年に、大飢餓やコレラによって大量の死者がでた中、
当時の将軍であった徳川吉宗が、死者への鎮魂と悪霊退散のために
企画したものだったのだ。

その後も日本ではさまざまな花火大会が開催されるようになったが、
その中には、災害戦争により命を落とした人々への慰霊や供養を的としてはじまったものも少なくない。
現在では、夏の風物詩として、多くの人が楽しめるイベントである花火大会だが、
本来の意味や的を考えて参加すると、やかな花火も違った見え方がしてくるかもしれない。

関連動画

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/15(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/15(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP