芹沢達也単語

セリザワタツヤ

2.4千文字の記事
掲示板をみる(93)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 芹沢達也とは、漫画ラーメン発見伝』、ならびにその続編・メディアミックス作品に登場する人物である。

テレビドラマラーメン発見伝』での演者は鹿賀丈史テレビドラマ行列女神らーめん才遊記~』での演者は鈴木香。なお、『行列女神らーめん才遊記~』では芹沢達也ではなく芹沢達美と女性変されているが、こちらについても軽く触れる。

概要

『ラーメン発見伝』における芹沢

大人ラーメン店・らあめん清流房の男性、かつフードコーディネーター。本作の要人物の一人。

作品開始当時の年齢は42歳。眼鏡スキンヘッドハゲではない)の容姿が特徴的。ラーメン髪の毛が混入しないよう、意図的にを剃っている。

客に対して低姿勢で想のよく、卓越した技術・知識・センスと圧倒的なカリスマにより、テレビの出演や雑誌の取材にも引っりだこである。……というのはあくまで表向きの顔であり、実際は多くの客のことを味音痴であると見下す現実義者。客やメディアの前での想のよさもあくまで店舗経営やイメージ戦略を踏まえた演技であり、『ラーメン発見伝』の主人公藤本など素性を知る人間の前では非情な皮屋としての人格を見せる。

ただしラーメンや経営面での手腕は本物。仕事のかたわらでラーメン店の創業を藤本に対し、創作ラーメン勝負における最大のライバルとして何度も立ちふさがる。既成のラーメン組みに囚われがちで、コスト管理や店舗開発といった経営面でのスキルの乏しい藤本を「優秀なラーメンマニア」として表向きはけなしている。だが内心ではラーメンマニアに留まらない藤本の実を評価しており、今の藤本に足りないものが何であるかを的確にアドバイスする、師匠のような面倒見の良さも時折見せる。『ラーメン発見伝』最終回では、ここまで成長できたのは芹沢のおかげであると、藤本が直接頭を下げてお礼を言う場面があることからも、2人のよきライバル・師関係が伺える。

藤本創作ラーメン勝負にめっぽう強く、自然レストラン・大地におけるメニュー採用対決プロデュースしたラーメン店同士の売上対決では、芹沢勝か良くて引き分けに留まることが多かった。しかし藤本との最終決戦では、客の舌を最後まで信じきれなかったことにより敗している。

今では客のことを信じていない芹沢だが、かつては「自分にとってうまいラーメン=客にとってもうまいラーメン」と思っていた時期もあった。しかし煮干しを使った自信作の淡口ラーメンが大して受けず、コッテリ好きの客から「エサ」と馬鹿にされたことから自暴自棄に。淡口ラーメンラードをぶちまけた、味もくそもない濃口ラーメン提供した結果、これが大ヒット。客だけでなく、自分のラーメンのよき理解者と思っていた銀行員(芹沢の融資者)まで濃口ラーメンを絶賛した結果、現在の冷な人格形成に至る。それでもラーメン自体への情熱は衰えておらず、一部の味のわかる客に自身の理想のラーメン提供するため、利益が稼げる濃口ラーメンを売り続けている。また宣伝のためにネットの個人ラーメンライターをひっそり抱き込む(今で言うところのステルス・マーケティング)など、ビジネス成功のためなら多少ダーティーな手段もいとわない。

『らーめん才遊記』における芹沢

続編の『らーめん才遊記』では、主人公ゆとりの上として登場。ラーメン専門コンサルティング会社・清流企画を創業。また実験的なラーメン替わりで提供する麺屋せりざわも立ち上げている。

見の物怖じしない言動に手を焼きつつも、彼女独特のセンスは評価している。

前作ではラーメン創作の手腕がクローズアップされることが多かったが、本作ではラーメンプロデュースや経営面での描写が多く、それにともなって芹沢のコンサルタントとしての活躍が数多く描写されている。

また本作は『行列女神らーめん才遊記~』としてドラマ化されているが、芹沢達也ではなく芹沢達美と女性キャラ変されている。変と非難するもある一方で、顧客受け・ビジネス成功をシビアに追求する芹沢達也なら自身の女体化も肯定しそうと、前向きにとらえる評価もある。

『らーめん再遊記』における芹沢

さらにその続編の『らーめん再遊記』では主人公に昇格。まぐるしく変化するラーメン業界に対して自身の老いを自覚し始めており、かつてのようなラーメンへの情熱を失っていた。自身が手掛ける麺屋せりざわの替わり実験メニューが近年不調気味なのも、そうしたラーメンへの探心の衰えによるものである。

かつての憧れであった芹沢の老っぷりに、ラーメン界の新である米倉大は罵詈雑言を浴びせ、ひと着。部下である見の思い付きにより、米倉ラーメン対決を行うが、そこでの奮闘を経てかつての情熱を思い出す。

ファンからの評価

その貌と現実義的な発言から、作中でも強存在感を放つ芹沢。「(ラーメンオタクは)情報を食ってるんだ!」「の介在しない仕事は絶対に責任なものになる」「(行列店に)わざわざクレームをつけてくるようなヤツは、無能ゆえにヒマを持て余していて、そのくせ闇にプライドだけは高く、嫉妬深いクズのような人間だ。」など、冷現実義者かつ優秀な経営者だからこそ言えるような痛快なセリフが受け、作中のキャラでも屈人気を誇る。

そのような痛快な発言がネット上で話題となった結果、ラーメンビジネスについてやたら印的なこと言ってるハゲおっさんとして、「ラーメンハゲ」の称が定着することとなった(繰り返しになるが、ハゲではなくスキンヘッドである)。

関連漫画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 91ななしのよっしん

    2021/09/20(月) 05:26:40 ID: MrQm72Zwor

    別に業者が食べに来るわけじゃないだろうし、そもそもそんなもんいちいち気にしないだろう。商品そのものへの風評被害があるならともかく、ラーメン自体は美味いんだし。

    >>87->>89
    淡口を理解できる人間は、同時にラーメンにどうしてもを使わなきゃならない理由もないことに気づいちゃうからじゃないかな。
    芹沢さんはこだわりがあるんで、そこは外せないが。

  • 92ななしのよっしん

    2021/09/22(水) 10:33:45 ID: /NtNuV9Iyc

    この手のキャラは「作者代弁い感情噴出装置」にされがちで、
    それによる寵の度が過ぎてストーリー破綻すら招く事もあるけど、
    現在に至るまでそうならない程、キャラ描写や加減が良かったと思う

  • 93ななしのよっしん

    2021/09/23(木) 17:35:26 ID: OdY2n+UkPM

    濃口に最初食わせた時のラードじゃなくて脂使う辺りに芹沢サンの最後の一線と言うかプライド感じる
    まぁそれでも味は飛んでるんだけど

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/27(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/27(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP