今注目のニュース
“スーパーマン(ブラックスーツ版)”の1m超の高級フィギュア(約25万円)が登場! ヘンリー・カヴィルそっくりのクオリティー
アニメ『盾の勇者の成り上がり』舞台化決定 来春に大阪&東京で上演
イチガン画質で撮影した写真をスマホに! 9月2日から8日でもっとも売れた一眼レフTOP10

苗穂工場単語

ナエボコウジョウ

掲示板をみる(35)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

苗穂工場とは、JR北海道が所有する最強かつ最北の魔工場鉄道車輌の検修・修理魔改造・製造工場である。

概要

1909年(明治42年)12月に当時の鉄道札幌管理局の札幌工場として開設されたのが始まり。
JR北海道が所有する鉄道車輌1,114輌のうち、およそ7割強にあたる755輌の検修を一手に受け持っている。
同様の整備工場は他に五稜函館市)、釧路釧路市)に所在するが、機関車及び電車の検修・修理が出来るのはこの苗穂工場のみとなっている。

また、鉄道時代には蒸気機関車の製造や木造客の鋼製化などの車輌製造や改造も行っていたことがある。
日本国有鉄道時代や民営化後もその技術は脈々と受け継がれ、全へ先駆けての急行気動車ジョイフルトレインへの改造や、静態保存されていた蒸気機関車の復元工事など、その技術はJR各社の中でも高い部類に入る。
交流回生ブレーキは当工場を中心として開発され、世界で最初に実用化にめどをつけた。
その成果は新幹線つくばエクスプレスなどに使用されている交流回生ブレーキに還元されている。
また苗穂工場で完成した車両によってJR北海道内の都市を3時間以下で結ぶことに成功しており、JR北海道が今なお奮闘できている技術のはここにあると断言しても過言ではない。

戦時中に四式戦闘機疾風脚を担当した(当時は国鉄苗穂工機部)関係上、GHQに鋳物技術を軍事利用していないか監視された工場でもある。

営業の拠点が桑園駅そばにあるJR北海道本社、運行の拠点が札幌駅にある(お察しください)であるとするならば、DMVや各種特急の開発を行っているここは紛れもJR北海道の開発拠点であるといえよう。

特筆すべきその技術力

概要文にて述べたとおり、苗穂工場は鉄道車輌の検修施設であり、それ以外にも車輌改造や復元工事も行っていたことがある。
だが、民間企業との共同開発が多いものの、この工場の恐ろしさ技術はそれだけではない。
その一端をほんの少しだけご紹介しよう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連タグ

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/17(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/17(火) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP