今注目のニュース
やっぱ外見よりも中身ってやつ?内臓がまるわかりな人体解剖水着が販売されている件
最低賃金「今すぐ1000円以上」「全国一律に」 非正規労働者らアピール
娘がお弁当を全部残してきた… 判明した「学校でのやり取り」に同情の声

若林源三単語

ワカバヤシゲンゾウ

掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

  /⌒ヽ/  `ヽ    _, ノ/        。  `ヽ        ト、
⌒〈ゝ、 ヽ `ァ‐ '-.-ゝ´-‐>、,-‐‐-- 、_ ミミミ    ヽ  、__人_ノ `ー′
、 ヽ‐ヽ-' く:::::::::-=ニ三lr l/ヽ、   ``、    / ノ
.ヽー' _ , -' _.-`-二二l i !! ´!、ヲ vr-、_   ` /  >  ├
  ) '´ , '´      _)、 `ー'   ´'´''i'rr,、__ ヽ  > 」_|_
`ー'    l      , '´::::彡l    , ‐、 ' r. ゞ'ノ'/::`ヾ、 >   、 ,
    _ _ _.., - '´´ |:::::::::i′  /- 、 `フ   /ノ、ヽ、ヽ>  (又ヽ
`=-'-'´ , '´      l::::::::::l  ', l``´/  /::::::::``>    z_ ┃
``::::フ´       l:::::_::_::ヽ、 ヽ ` -`'´ , '::iヽ:::::::::::::::<     rノ ・
::, '´        ‐'‐'´  ヽヽ   ` ー '´/:::::l `ヽ:::::::::::::´⌒ヽ

S.G.G.K

概要

若林 三(わかばやし げんぞう)は、高橋陽一漫画キャプテン翼』に登場する架サッカー選手ポジションゴールキーパー血液型O型

キャプテン翼』を代表するゴールキーパーで、作品初期からライバル的な存在である。圧倒的な実を持ち、しい弱体化や空気化とも縁な存在でありながら、怪をしたり、あれこれ理由をつけて出場を渋ったりとイマイチ活躍し切れていない面がある。

帽子トレードマークで、一番良くかぶっているのはアディダスのトレフォイルロゴ(三つ葉)が載ったキャップ。ほかにアドミラルやFILAのキャップを使うことも。相当こだわりがあるのか、試合と練習の時にはボロボロになっても脱ごうとしない。なお、実際の公式ルールでもキーパーが帽子をかぶることは原則として認められており、キャプ翼ワールドとしてはしく反則でない。

来歴

修哲小学校GKで、大会失点記録を達成した天才キーパー。主人公である大の最初のライバルである。強修哲サッカー部のキャプテンで実・(少なくとも設定上は)人格ともに優れたリーダー的存在である。丘の上からボールを飛ばして挑戦状を叩き出してきたと対戦するものの、点をとられてすねたり、フェアプレーとは思えない「かご」を示したり、最初の頃はとても人格者とは思えない人物ではあった。しかし、その度に障を乗り越えて人間的に成長し、ついでに作品が進むたびにチート化も進行していった。

コーチには元・全日キーパーの見上がついており、小学生の頃からその実の片鱗を見せていた。しかし、小学生時代は子供を助けようとした際に足を怪をし、辛い6年生時代を過ごす羽になった。森崎に対して甘さを摘したり、テレビ越しで森崎に悪くないと宥めたりと森崎の心配をしていることが多かった。

中学生からはドイツへ渡ったため、日本の大会に出場することはかったが、Jrユース編で全日本の敵としてはじめに登場。全日メンバーの実世界へまだ届いてないことを思い知らせるため、あえてシュートを打たせて挑発をした。その際にあの名言サッカー格闘技のはずだぜ」と言い放って日向パンチカウンターパンチを入れた。その後、憎まれ役を買って出て全日本へと入る。そこからは、若島津の雄姿をベンチからひたすら眺める日々が続く。しかし、若島津が負傷で決勝戦に出られなくなり、見上の提案と森崎の説得で若林が決勝でようやく出場した。試合はシュナイダーとの一騎打ちになることが多かったものの、わずか2失点で抑え、日本勝利に貢献した。ちなみにこの試合で、現実の試合では反則になるはずの、帽子を使ったセービングをやっていた。
余談ながら、テクモキャプテン翼2の「止める!」のカットインシュナイダーシュートを止めた際の若林元ネタと考えられる。この時に若島津の技でシュナイダーシュートを止めた。

高校時代もドイツで時を過ごす。しかし、WY編前にブライアンクライフォートとステファン・レヴィンによって両腕を破壊されたため、1次アジア予選に出られないという事態になっていたが、タイ戦で負傷しながらも出場。パンチングしかできなかったが、さすがSGGKパンチング異常なまでに高いことが明らかになった(長い期間パンチングキーパーとして活動)。しかし、中国戦で肖俊反動蹴速公式戦での"ペナルティエリア外のシュート璧に止める"という伝説を打ち破られてしまう。しかしそれ以後は璧なコンディションではないにも関わらず、キーパーとしての仕事遂した。さすがはSGGK

その後はFKを蹴ったばかりにシュナイダーゴールを決められ、干されてしまったり、いつのまにか次並の巨人になっていたり、今どういう状況になってるかもわからない人になっている。

GORLDEN-23では、干されたため緊急帰アジア予選をはじめから万全な状態でスタートを切るという明日になりかねないような登場を果たす。が、かつてのように無双しているわけではなく、ちらほらと点をとられたりすることがある。それでもSGGKに変わりなく、回転シュートを一人一芸の技で受け止めたり、スーパーセーブを連発は相変わらずである。・・・だが、怪をするのも相変わらずであった。オーストラリア戦でスーパーセーブと引き換えにゴールポスト突した際にを痛め、変態仮面のような容姿に変わり果てていた。その後、最終回までは悪いままで幕は閉じた。
余談ながら、森崎が代役を務めていたが、森崎とは思えない活躍ぶりであった。

必殺技など

テクモ版

キャプテン翼2以降はオリジナルストーリーだが、原作と変わらずキャラクターとして活躍する。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/21(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/21(金) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP