荒川稔久単語

アラカワナルヒサ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(105)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

荒川稔久とは、愛知県名古屋市出身のアニメ特撮を中心に活動する脚本家であり、電波ソング作詞である。愛知県大学卒業

概要

1964年3月14日愛知県名古屋市で生まれる。

1986年小山カメラマン小山高生宰する「アニメシナリオハウス」に入学、同年「ドテラマン」でデビュー
1987年、「仮面ライダーBLACK」で特撮デビュー
1991年、「鳥人戦隊ジェットマン」で戦隊作品デビュー。以後20年以上に渡って多数のスーパー戦隊シリーズに脚本や作詞で参加。

作風

脚本

ヒロインものの作品を得意とし、90年代美少女アニメに多く参加し、「ヒロインものの名手」として評価される。
スーパー戦隊シリーズでは井上敏樹推薦で「鳥人戦隊ジェットマン」より参加。
戦隊シリーズでもヒロイン回を担当し、その中でもアイドル業界ネタコスプレものが多く、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」では、千葉麗子演じるメイが様々なコスプレをして戦う回、五星戦隊ダイレンジャー星獣戦隊ギンガマン轟轟戦隊ボウケンジャーでのアイドルネタ、果ては忍風戦隊ハリケンジャー特捜戦隊デカレンジャー炎神戦隊ゴーオンジャーではヒロインそのものをアイドルに仕立て上げている。
特に戦隊シリーズでのアイドルネタでは渡辺勝也監督との仕事が多い(渡辺アイドル好きである)。

アイドルネタ以外では説教臭い作品が多いことでも有名である。

また、名古屋出身と言うこともあり、愛知県民にしか分からないネタ(例:寿がきや荒川本人が中日ドラゴンズの大ファンであることもしてか、度々中日ネタや歴代の中日ドラゴンズ所属選手の名前を元にしたキャラクターが出てくることもある。

帰ってきたウルトラマン」のファンである事(特にメインライターだった上原正三)から、帰マンネタを度々使う事もある。
忍風戦隊ハリケンジャー」では西田健と団時朗が出演していた事もあり、12話に登場した少女名前が「丘ユリ子」であったり、仮面ライダークウガでの会議では突然MATは解散だ!」と叫んだり、「爆竜戦隊アバレンジャー」の仮サブタイトル帰マンパロディだったりと枚挙に暇がい。

作詞

ドラゴンボールZ』のED曲のような詞も書けるが、萌え系や中毒性の強い電波系も得意としており
ニコニコ動画では釘宮病Rを作り出した人物の一人(もう一人は作曲佐橋俊彦)として知られている。

特に萌え系、電波系になると何故か佐橋俊彦との仕事が多い。

脚本作品

アニメ

特撮

メインライター作品のみ

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 103ななしのよっしん

    2022/03/26(土) 15:19:31 ID: TCj5EJ6l78

    公式配信してる仮面ライダーWの7.8話見てるけどksすぎる
    二度とライダーに関わるな

  • 104ななしのよっしん

    2022/03/26(土) 15:22:32 ID: UZ3d4Z1WLT

    くにしても10年以上前の作品を持ち出すの雑すぎて

  • 105ななしのよっしん

    2022/08/01(月) 23:00:21 ID: mn5a+huffI

    クウガ当時の荒川が言ってたけど、荒川ってライダーがあんまり得意じゃないしライダー自体があんまり好きじゃないんだよな

    クウガに参加したのは「革新的な作品を作りたいから参加してくれ」って高寺Pから打診されたからであって、打診された後もしばらくは参加を渋ってたらしい

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/20(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/20(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP