荘口彰久単語

ソウグチアキヒサ

1.2千文字の記事
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

荘口彰久とは、元ニッポン放送アナウンサーラジオパーソナリティである。
現在の所属事務所アミューズ

概要

1992年ニッポン放送へ入社。
当時外回りレポーターとして「伊集院光Oh!デカナイト」内で局アナとしては考えられないような小間使いとしての仕打ちを受けつつ、アナウンサーとしての実績と人気を積み重ねていく。

通称「眼鏡面」、眼鏡からコンタクトに替えてからは「凹み面」と呼ばれていた。(命名:伊集院光

Oh!デカナイト終了後、「オールナイトニッポン」のパーソナリティとしても人気を博す。

放送を担当した頃は「黒歴史」とも言えるオールナイトニッポンの迷走期に当たり、大幅な放送スタイル刷新が図られた中で、一「昔ながらのフリートーク音楽中心」の放送スタイルを堅持していたため、変革を快く思っていない旧来のオールナイトニッポンリスナーから高い支持を得ていた。
この背景には、当時既にニッポン放送から離れていた伊集院光電気グルーヴなどのがレポーターなどの経験から色濃く反映されていた側面もある。実際、「ラジオライフ」(三才ブックス)でのインタビューにおいて、最もを受けたラジオパーソナリティ伊集院光の名を挙げている。

2004年5月ニッポン放送を退社、退社当時の肩書きは「制作アナウンス主任」。
退社前後に、かつての担当番組パーソナリティであった伊集院光コンタクトを取り退社の事実を伝え、TBSラジオでのレギュラー獲得を模索したが、伊集院光からの「TBSに来て何年にもなるけど、未だに肩身狭いよ・・・」の言葉を聞いて計画が頓挫、その後の連絡を閉ざしたという。

2004年10月に所属先がアミューズに決定、それまでは「フリーターアナウンサー」を自称していた。
アミューズ所属決定に関しては「福山雅治オールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ」で
表した。同番組では所属が決定する前からも何度か出演をしている。

2006年2012年TOKYO FMで「COUNTDOWN JAPAN」のパーソナリティを担当した。なお、当人は喋りのスタイルとして「喋りが途切れ途切れになるからFMは自分に合わない」ともっていた。

補足

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/17(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/17(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP