萩ステークス 単語

3件

ハギステークス

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

萩ステークスとは、JRA日本中央競馬会)が京都競馬場で施行する、2歳限定・芝1800mのリステッド競走である。

概要

1984年開始。開始時は芝1200mの短距離戦で、1994年1995年に芝1400mで開催されたあと、一度中断。2002年から芝1800m戦として再開され、2019年からリステッド競走定されて現在に至る。2021年京都競馬場修のため阪神競馬場代替開催。

重賞ではなく、出走も例年10頭未満の少頭数レースだが、毎年10月末か11月頭に開催される2歳限定の芝1800m戦ということで、めに勝ち上がり年末の2歳GⅠ関西の素質が集まる出世レースのひとつである。2歳限定のリステッド競走2023年現在、本競走とアイビーステークスのみ。

距離時代には勝ちに複勝圏内まで含めてもGⅠは出ていないが、芝1800m戦として再開後は勝ちからスズカマンボフサイチリシャールタイムフライヤー、サートゥルナーリアダノンスコーピオンGⅠ勝利している。
しかしそれ以上に複勝圏内・掲示板内に活躍が多いのが特徴で、複勝圏内からはエイシンチャンプヴァーミリアンロジック、エイシンフラッシュ、ベルシャザール、ワンアンドオンリーレインボーラインキラーアビリティが後にGⅠ勝利している。掲示板内を含めるとさらにウインクリューガーメイショウサムソンが加わる。

そんなわけで、ときたま小頭数の出走メンバーに後の活躍がずらりと顔をえることがある。
特に2005年は、8頭立てのうち1着フサイチリシャール朝日杯FS)、3着ロジック(NHKマイルC)、4着メイショウサムソン皐月賞東京優駿天皇賞春天皇賞秋)と後のGⅠが3頭、さらに2着ドリームパスポートきさらぎ賞神戸新聞杯)と8着チャンストウライ(佐賀記念)も後に重賞を勝つという、非常にレースであった。
2015年も1着ブラックスピネル東京新聞杯)、2着スマートオーディン京都新聞杯など重賞4勝)、3着レインボーライン天皇賞春など重賞3勝)、5着プロフェット(京成杯)と5頭立てのうち4頭が後の重賞(うち1頭はGⅠ)、一重賞勝ちのない4着ノーブルマーズも宝塚記念3着の経験ありというこれまたハイレベルメンバーであった。

なお、実は短距離時代にも出走から1頭だけGⅠが出ている。1989年メジロパーマーなのだが、着順は9頭立ての9着シンガリ負け。ちなみに同レースの6着にはイクノディクタスもいた。

ほか、2004年鹿児島県のテイエムヒットベが勝利している。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/26(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/26(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP