今注目のニュース
落語「竹の水仙」を再現した木の彫刻に驚きの声上がる 「美しい」「まさか拝めるとは」「令和の左甚五郎」
【漫画】休校中に小学校から渡された「学習予定表」に、「もう無理かも」と思った話
大量絶滅、カンブリア爆発など、地球内生命体の進化に重要な意味を持つ、かつて起きた8つの大規模イベント

単語

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、種を蒔くという意味の漢字である。

漢字として

Unicode
U+8494
JIS X 0213
1-28-12
部首
艹部
画数
13画/14画
Unicode
U+7564
JIS X 0213
1-65-31
部首
田部
画数
11画
Unicode
U+79F2
部首
画数
11画
𦔌
Unicode
U+2650C
部首
画数
16画
𦱗
Unicode
U+26C57
部首
艹部
画数
12画
𦱎
Unicode
U+26C4E
部首
艹部
画数
12画
𦸎
Unicode
U+26E0E
部首
艹部
画数
15画
意味
植える、植え替える、という意味がある。日本語では、種をまく、粉末をまく、まきちらす、という意味がある。
説文解字・巻一〕に「更(あらた)めて別に種うるなり」とある。〔方言・第十二〕に「蒔、立なり」「蒔、更なり」とある。
字形
符は
音訓
読みは、シ(音)、ジ(音)、訓読みは、うえる、まく。
規格・区分
人名用漢字である。2004年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。

異体字

  • 畤は、〔集韻〕に「ひは作る」とある異体字。また別の意味がある。JIS X 0213第二準。
  • 秲は、〔玉篇〕〔広韻〕などにある異体字。また〔広韻〕に「稻の名。秲𥣬」とある。
  • 𦔌は、〔正字通〕に「俗の蒔字」とある異体字。
  • 𦱗は、〔正字通〕に「蒔の本字」とある異体字。は時の古文
  • 𦱎は、〔正字通〕に「俗の蒔字」とある異体字。
  • 𦸎は、〔集韻〕に「ひは作る」とある異体字。
  • 莳は簡体字

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/06/01(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/06/01(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP