今注目のニュース
初孫に会いたいのに…… なぜか孫と同じ重さの石を抱かされるおじいちゃんの漫画に超越した何かを感じる
『三ツ星カラーズ』アニメ全12話の無料一挙放送、10月20日(日)19時より放送
「ガードル着けろ」体型批判されたキャスターが鮮やかに反論

蒲田行進曲単語

カマタコウシンキョク

  • 5
  • 0
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

蒲田行進曲とは、松竹株式会社蒲田撮影所の所歌であり、同名の演劇小説映画ドラマタイトルでもある。

概要

同曲はJR京浜東北線蒲田駅の発ベルとして有名であるが、同曲が採用されたのは以下のような事情がある。

1892年、チェコ出身の作曲ルドルフ・フリムルが発表したオペレッタ「放浪の王者」(The Vagabond King)の劇中歌に「放浪者の歌」(Song of the Vagabonds)がある。これが蒲田行進曲の原曲であるが、原曲からしてまさに王道を往く行進曲である。
(参考:ようつべに上がっている1959年版exit

時に1920年(大正9年)、松竹(当時は松竹キネマ)は蒲田映画撮影スタジオを開くこととなる。
同地は当時の歌舞伎役者の流れをんで「女形(男の娘)」を女性役として使用していた旧日本映画から脱却し、映画女優即ち女性俳優を起用するようになり、同撮影所が川田芳子等のいわゆる「幕の(女優)スター」のデビュー作を飾るという日本映画刷新の端緒となった地であった。また東海道に位置し「モダニズム」をめていた東京にも近かった同地では、当時の映画事情にまつわる様々な逸話が発生した。

その後の1929年、映画親父とその子」の主題歌として上述「放浪の王者」の旋日本語歌詞がつけられたレコードが発売された。同曲は好評を博し、その後に「希望の船路」などの模倣曲が多数出され、まさに当時の流行歌となったのである。後にこの曲が同撮影所の所歌としても唄われることとなった。

の都 の港 キネマの
の姿 の匂い あふるるところ
キャメラの眼に映る かりそめのにさえ
青春もゆる 生命(いのち)はおどる キネマの

しかし当時の蒲田一帯には騒音を出す町工場が非常に多く存在し、また当時の防音技術が発達していないこともあって、後に流行したトーキー(発映画)の撮影には向かなくなっていた。そこで松竹は同じ東海道に位置していた大船に全撮影機器を移転し、36年(昭和11年)に蒲田撮影所を閉館。(なお移転先の大船撮影所も2000年6月に閉館、松竹直営の撮影所はこれで全て閉館した。)
閉館までの16年の間に同地では1200本もの映画が撮影された。当時の映画の盛況ぶりがばれるであろう。この歌のように、幻燈に生命が躍る時代は確実にあったのである。

かくして、この曲と蒲田、そして松竹蒲田撮影所の縁は分かち難い物となっており、まさしく「ご当地メロディー」の名に負けない曲として、同曲は蒲田駅発車メロディーに採用されたのである。
また、同じような縁から大洋ホエールズ(現横浜ベイスターズ)の加藤博一応援歌にも使用されている。

演劇ファンにも野球ファンにも鉄道ファンにも染み深く懐かしみを覚えさせる、口ずさみやすいあのメロディーにも色々な歴史ドラマを織りなしているのである。

 

また、この歌詞映画のみならず、ニコニコ動画ひいてはネットエンターテイメント全般にも通じるものがあるとも言えるだろう。

胸を去らぬ 想い出ゆかし キネマの世界
セットと スター ほほえむところ
瞳のふかく 焼き付けた面影の
消えて結ぶ 幻の キネマの世界

つかこうへいの戯曲『蒲田行進曲』

作家つかこうへいの、『熱海殺人事件』と並ぶ代表作であり、氏の前期作品群を代表する傑作

新撰組を題材とした“キネマ”の撮影中の東映京都撮影所を舞台に、土方歳三を演じる倉四郎という俳優と、彼を慕う“大部屋”役者ヤス、そして彼らの間を揺れ動く女優・小の3人の悲喜劇をダイナミックに描き上げた活劇。
舞台はあくまで京都であり、蒲田行進曲に歌われたかしきキネマの時代をモチーフにした物語というだけで原題も「銀ちゃんの話」だった。後に題し、後述の映画版のヒットによって、蒲田行進曲自体にもこの戯曲のイメージを強く植えつけた。 

続編として、『蒲田行進曲完結編・銀ちゃんが逝く』があるが、初作とこれに厳密につながりがあるわけではなく、多くのバージョンがある『熱海殺人事件シリーズと同様の形態をとっている。
どちらかというと男性が多く登場するつか作品にはしく、『銀ちゃん』というタイトル宝塚歌劇団によっても演じられてもいる。 

映画

1982年開。深作欣二監督
出演:坂慶子、平田満、風間夫、他。

つかの戯曲を原作とした映画作品。
松竹映画だが、東映京都スタジオ東映出身の監督(=深作)が撮る、という妙な状況下で製作された。
これは東映が「ヒットしそうにない」として製作を断り松竹に持ち込まれたものの、舞台となる京都色が当時は東映京都撮影所でしか撮影できなかったため。 この影で、後に再演された際の舞台版ではその舞台東映京都撮影所と明言している。 

出演には、つか直々の導を受け、舞台版にも出演した風間夫と平田満を銀ちゃんヤスに当て、当時の松竹の看女優っていた坂慶子を小に据えるというな面々をえた。

17億円の行収入を記録する大ヒットを飛ばした、80年代の邦画を代表する作品。つか作品の中では、一まともな映像化作品である(その他の映画作品、『熱海殺人事件』『幕末純情伝』などはいずれも惨憺たる出来であった)。 

その他の関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP