藤原ここあ単語

フジワラココア

1.0千文字の記事
掲示板をみる(172)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

藤原ここあとは、福岡が生み出した変態淑女メニアック漫画家である。

概要

1983年4月28日生まれ、福岡県北九州市出身。
1998年に第7回21世紀マンガ大賞で佳作を受賞。高校受験前、学校にも行かずに漫画ばかり描いていた(本人談)。
1999年ガンガンWING3月号に掲載された「CALLING-コーリング-」でデビュー。当時15歳

2001年ガンガンWING』誌上にてわたしさん。』『わたしさん。THE OTHER SIDE OF LYCANTHROPE』『dear』のシリーズを連載、2008年完結
2009年ガンガンJOKER』で「妖狐×僕SS」を2014年3月号まで連載、完結した。
2013年10月号からは「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」を連載していた。

2015年3月31日に死去。31歳の若さであった。

作風

初期の作品は少女漫画タッチな画が多く、線がはっきりとしていたが、徐々にやわらかな線になっていった。

基本的に少年誌で連載をしているが、男性キャラ女性向けのような画で描かれていることもあり女性読者も多く、また女体に対するメニアック拘りが高じて、男性読者にも人気がある。これは本人も「基本女キャラロリ顔、男キャラ大人顔と描き分けているので男女の年の差が大きいように見えてしまう」と述懐している(dearキャロルブルーハースや妖狐×僕SS渡狸卍里など例外はある)。女性キャラの描き方についてはメニアック拘り強く、アシスタントも注意して作業していた模様(男性キャラのときはそうでもないが、女性キャラのトーンはごくごく僅かな欠けでもリテイクを出していた)。

掲載された作品は基本的にギャグテイストが多く、作品内にギャグ要素がい作品は「私は」の1作品のみである。
また、ほぼ最後まで変態生徒山田)と新米教師有沢)しか登場しない「山田」という作品も存在する。

妖狐×僕SSでは一部のキャラクターソング作詞も担当した。

作品一覧

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

藤原ここあに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 170ななしのよっしん

    2022/04/04(月) 19:31:56 ID: DVBzXrjmEG

    亡くなってたとか知らなかったそんなの
    理でなかなか新作出ないしdearアニメ化しない訳だ

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 171ななしのよっしん

    2022/05/09(月) 12:33:17 ID: y5fU7loJmC

    まほあくなんとかアニメしてくれませんかね?
    話数足りなかったら若干アニオリ混ぜてもいいんで

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 172ななしのよっしん

    2022/06/20(月) 01:32:18 ID: TbzIw6Qi97

    言い方分からんが昨今のポリコレ要素でも喜んで取り入れて楽しく面く作品作ってただろうにと思ってしまう
    それほど創作物に秀でたセンスがあったよ
    この先思い出されることが減っていくのがただ悲しい

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/08(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/08(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP