藤原俊成単語

フジワラノシュンゼイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

藤原俊成(ふじわらの しゅんぜい / としなり、11141204)とは、平安時代後期~鎌倉時代前期の貴族歌人である。

概要

百人一首83番の作者藤原定家

藤原道長の玄孫で、祐子内親王紀伊と歌合わせで対決した藤原俊忠。俊成が10歳の時に・俊忠が病没して、一度他に養子へ入るなど、若い頃は不遇だった。藤原基俊に和歌を師事し、次第に歌人として頭を現し、後白河法皇の命を受けて勅撰和歌集「千載和歌集」を編纂した。また、和歌の導者としても活躍し、子の定、甥の寂をはじめ、平忠度式子内親王藤原九条良経ら多くの子を育てた。

百人一首には千載和歌集から「世の中よ こそなけれ 思ひ入る 山のにも 鹿ぞ鳴くなる」の一首が入選している。俊成がこの和歌を詠んだのは彼がまだ27歳の時、この年にして無常観を悟って出願望を持った背景には、自身の不幸遇や、京都飢饉などの災害が多発した政情の不安、そして歌人としても将来を高く期待されていた佐藤義清(後の西行)が突如出した事件などが挙げられる。しかし、俊成は出を諦め、世知辛い俗世を生きるを選び、実際に出したのは歌人として大成した後の63歳の時だった。出後も、歌壇の発展にを尽くした俊成は、91歳で寿を全うした。生没年が正確に判明している百人一首歌人の中では最も長寿である(一番長生きしたのは、因法師と考えられる)。

俊成と忠度

俊成の子の一人・平忠度は、平清盛の末武士ながら高い教養の持ちで、優れた和歌を残した。彼が歌人として後世に名を留めたのも、師・俊成のおかげである。大柱である清盛を失ったは、木曾義仲に大敗してを追われることとなる。忠度は一旦引き返し、俊成に自分が読んだ歌集を載せた巻物を託して再びを去った。果たして翌年、忠度は一ノの戦いで戦死した。数年後、俊成は「千載和歌集」の中に、忠度の和歌を一首載せた。しかし朝廷(ひいては後白河法皇)に向かった逆賊となってしまい、名前を出すのは憚れた。そこで俊成は詠み人知らず、いわゆる匿名で忠度の和歌をさりげなく入選したのである。この話は、物語の落ち行く平氏の悲話として、現在までり継がれている。実は忠度の他にも、平経盛平敦盛で、清盛・忠度の)も同様に、読み人知らずとして一首歌を載せているが、こちらはほとんど知られていない。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2012/09/03(月) 22:20:41 ID: iEsqfUuytP

    ツネモリーン/

    最後の薄字でワロタ
    やっぱり経盛さんは影が薄いのねw

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/01(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/01(木) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP