藤堂平助単語

トウドウヘイスケ

掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

藤堂平助とは新選組副長助勤である。八番組長

概要

化元年(1844年)、江戸で生まれる。諱は宜虎。変名南部七郎堂高猷の御落胤と言われる。

流を学び、文久2年(1862年)に近藤勇の試衛館に通う。

文久3年(1863年)に浪士組の一員として近藤らと上京都に残り壬生浪士組に加わった。

元治元年(1864年)6月5日池田屋事件では第一として参戦。額に重傷を負い戦線離脱。傷の手当のため江戸に戻り、知人の伊東甲子太郎を誘い新選組に入隊させた。

慶応3年(1867年)3月伊東が御陵衛士を拝命して新選組から分離するとこれに参加。11月18日伊東暗殺事件(油小路事件)で遺体引き取りに現れたところを新選組隊士の襲撃を受けて死亡した。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2020/05/28(木) 21:37:01 ID: cYYmFmozb9

    新選組ageのためにそうなったんだから結局は扱い雑みたいなもんよ
    まあ新選組ageのために不当にsageられてるやつにべればマシだろうけどさ

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 8ななしのよっしん

    2022/03/11(金) 19:48:23 ID: STH4mc2KYA

    雑も何も新選組在籍中の活動記録がほとんどなくて、「堂って内勤だったんじゃね?」という説まで出てる人やもん。そら地味な扱いにもなるさね

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 9ななしのよっしん

    2022/04/07(木) 22:59:01 ID: 1oeTIUTh2a

    ただし、そうなると堂を持ち上げてる永倉新八言が信用できなくなり、
    ひいては新選組の強さの資料となってる『浪士文久報記事』や『新選組末記』も信用できなくなる

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/28(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/28(土) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP