藤川桂介単語

フジカワケイスケ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

藤川桂介とは、日本脚本家である。東京都出身。

概要

1934年にそば屋の息子として生を受ける。そこから慶應義塾大学卒業1958年)、と書くと順満帆なように見えるが、勘当されて餓死寸前の下宿生活、そこからなんとかRKB毎日放送の構成作家にすべりこみ、実写番組の脚本でキャリアを重ね1966年に初代ウルトラマン企画・脚本に参加。これ以降アニメ特撮に活躍の場を移し、1980年代まで多く、いや多くというよりおびただしい数の脚本を書き続けた。上原正三とは旧知の間柄であり、両人で脚本に参加することもあった。

藤川自身が明かすところによると、天才バカボンの脚本を書いていた時期には前衛的な脚本を書いてボツになることもあったそうであるが、ボツ原稿の数をなんとにグラフのように掲示してむしろ勲章にし続けた神経の太さと筆の速さがなければとうてい不可能な所業である。

彼を良くも悪くも印付けているのは、原作(前作)を受けて作った作品での変がいくつかあったことであろう。特に六神合体ゴッドマーズはほとんど原形をとどめない作品でありながら人気作品にしてしまい、のちのOVA・ノベライズ「十七歳の伝説」の原作表記はなんと横山光輝ではなく藤川本人(原作:藤川桂介~横山光輝マーズ」より~)になってしまった。

80年代半ば以降は脚本業から離れ小説家に転向し、いのまたむつみが挿画を手がけた歴史伝奇ファンタジー宇宙皇子(うつのみこ)』シリーズが大ヒット。全部合わせて52巻、1998年まで続く大長編となり、のちのライトノベルの礎を作ったと言ってもいい作家のひとりであるのだが、イマイチ知名度が低い気がするのはなぜだろうか……。そのほかにも歴史伝奇ものを中心に多くの作品を書いた。

2000年代以降は脚本業に復帰している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

藤川桂介に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/20(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/20(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP