蘇生禁止 単語

201件

ソセイキンシ

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 

 

蘇生禁止とは、縛りプレイの一種である。

 

しかし、mo さんが投稿した動画、「蘇生禁止&モンスターのみでドラクエ5」をす事が多く、ここでもそのことについて書いていく事とする。

 

概要

moさん(以後うp主)が投稿している、「蘇生禁止&モンスターのみでドラクエ5」という、スーパーファミコン向けRPGゲームドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁1992年9月27日発売(ドラゴンクエスト参照)の縛りプレイである。

一万程度の再生数を誇り、10003000コメント数を得ている。これにより、何度かランキングにも入っている。

うp主の編集には定評があり、使用する音楽、画像ともに物語感動を引き立てる効果や、笑いを誘う効果がある。その中でも有名なのは画像再生スピードの変更である。

時間のかかる「雑魚戦」(通常エンカウントするモンスターとの戦い)や「仲間集め」(後述)は倍速再生したりする(その際テンションのあがる楽曲を使用する事が多い)という編集である。

逆に等速(通常と同じ速度での再生)が起きたときは

モンスター仲間になる(仲間フラグと呼ばれる)

パーティメンバーが死ぬ(死亡フラグと呼ばれる)

レベルがあがる

アイテムを落とす

因縁の相手、強敵である

ボスである

フェイントである

のいずれかであり、その事に関して一喜一憂するコメントも多く見られる。

 

また、死と隣り合わせのドキドキハラハラの物語であり、モンスターの死には弾幕で悲しみの意を表す事が多い。その様子はドラゴンクエスト5(命の重みを知るRPGというフラグも立つほどである。人の生命が軽んじられるこの現代社会では見る人に勇気と命の大切さを知らせる動画であると言える。

縛りの内容

うp主第1話exit_nicovideoでこのようにっている。

縛り:①蘇生行為禁止。死んだらごとモンスターじいさんのとこに永遠に安置されます。ただし人間キャラは例外として蘇生OK ②戦闘使用キャラモンスターのみ。人間キャラ戦闘に参加しなければならなくなった時は意味な具を使わせます。もちろん人間キャラは移動中の呪文も禁止。今の所縛りはこれだけです。

蘇生禁止という厳しい状況に加えて、モンスターの持つ回復手段が乏しいドラクエ5人間キャラを使用しないという縛り難易度と緊感をいっそう引き立てている。

追記として、パーティーメンバーが死んでしまった際の、時のでの蘇生も禁止となっている。

登場人物

物語に登場するモンスター人間キャラ紹介していく。

ネタバレ注意!!

えむお

 人間主人公モンスター使い。グランバニア国王パパスに持ち、エルヘブン出身の不思議を持つマーサをに持つ。

本編ではうp主コメントからも分かる通り「M」というキャラクター性を前面に出している。

モンスター仲間になる青年時代までは活躍。しかし以後は死んでいたり戦闘メンバーに居なくてもモンスター仲間になるというシステムにより、死亡しているままや、他キャラクターの壁肉壁とよばれる)役割を担う事が多い。そのためこの名前になったと考えられる。また、主人公であるため、一部のダンジョンにはメンバーに強制参加させられるため、縛りの強化(足手まとい的な要素)を含んでいる。

蘇生禁止&モンスターのみでドラクエ5 part22 肉壁の意地exit_nicovideoではパパスを殺めた因縁の相手ゲマに対し敵討ちを宣言し、何度も倒れながらも生き返るという脅威の意地を見せ、タイトル通りの活躍をする。

ビアンカ

えむおの幼なじみであり、幼年時にチロル(後述)を助け出す事から出会い、えむおと結婚し、子供をもうける。

 

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 19:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/20(土) 18:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP